好きだけど合わない・イライラするなら試して欲しい7つの方法

「好きなところも多いんだけど、イライラさせられることも多い」、そんな恋人に対し、時折、「もしかしたら、この人と自分は、合わないんじゃないか?」という不安が、生じることもあるでしょう。

……でも、ちょっと待ってください。

そもそも、あなたが彼に対して求めていたものは、何だったでしょうか?

ここでは、

「彼と合わないかも?」と思った時に試して欲しい7つの方法

について解説します。




「彼と合わないかも」と思ったら…

始めにご紹介しておきたいのは、『星の王子様』で有名なフランスの作家、サン・テグジュペリのこの言葉です。↓

 

 

「愛」とは、お互いを見つめ合うのではなく、同じ方向をいっしょに見ることによって成立するものである。

 

好きな人と一緒に時を過ごすのは、

お互いを採点し、批評し合うためではありません。

 

それに人間はいつも、“気分”という色眼鏡を通して、物事を見ています。

“批判的な気持ち”を持って相手を見れば、気に食わないところなど、それこそ無限に出てくるでしょう。

 

彼とは合わないんじゃないかな?

 

と不安に感じたり、

 

好きなんだけど、何かイライラしちゃうのよね……。

 

という人は、結論を先走ることなく、まずは、以下に挙げた7つのことを、ぜひ試してみましょう。

①自分の恋愛のイメージを調整する

人は皆、「恋愛はこうあるべきだ」という自分なりのイメージを持っています。

ところが、それが、相手が持っているイメージと異なることが多いので、妥協を余儀なくされる場面に、何度も直面します。

 

安定した関係を築く上では、妥協する能力は不可欠です。

 

お互いが持っている恋愛のイメージがぶつかり合うことを想定して、必要に応じて、自分の恋愛のイメージをを調整できるよう準備をしておきましょう。

→男はなぜ好きと言ってくれないのか?

②相違点は刺激になると考える

趣味、好み、考え方など、相手との相違点を必要以上に気にしていませんか?

そして、それらが合わないと、2人の関係はうまくいかないと考えていませんか?

興味深いことに、正反対の人同士の関係は、うまくいくものです。

 

ただし、その相違点を埋め合わせするだけの共通点も、なくてはいけません。

共通点が十分にあるのなら、いくらかの相違点は、お互いにとって、心地よい刺激になります。

 

「共通点が多ければ多いほど相性がいいというわけではない」ということを認識しておきましょう。

→マッチングアプリでの恋愛がうまくいくはずがない理由

③嘘をつくのをやめる

人が、つい嘘をついてしまう理由は、相手の感情を害したくないからです。

実際、「相手を傷つけたくなかったから、嘘をついた」と言えば、もっともらしい理由のように聞こえます。

 

しかし、結局のところ、「正直こそ最善の策」です。

 

人は、自分が嘘をついていれば、相手のことも信じられません。

(「私も嘘をついているのだから、この人も嘘をついているに違いない」と考えてしまうからです。)

 

多少なりとも、彼に対する不信感があるとすれば、それは、あなた自身に原因があるのかも知れません。

→恋愛で自分を出せない人に贈る言葉

④じっくり話し合ってみる

彼に対する自分の愛が何となく信じられなくなった時、多くの人は、他人に相談を持ちかけます。

それは、間違いではないのですが、あなたの恋愛について一番よく知っているのは、あなた自身であるということを忘れないでください。

 

恋愛の問題を解決するのに、一番効果的なのは、相手とじっくり話し合うことです。

 

その話し合いの中で、相手が解決策を持っているかどうかを見極めるようにしましょう。

相手はあなたに言われるまで問題に気付いていない、ということも大いにあり得ます。

いずれにしても、お互いが心を開いて話し合えば、ほとんどの問題は解決できるはずです。

→彼と腹を割って話す時のルール

⑤いい手本を見つける

“あなた”にとって、手本となる生き方をしている人がいるように、“あなたたちカップル”にとって、手本となるようなカップルを見つけてみましょう。

 

手本にするカップルは、一組でなくて構いません。

このカップルからはコミュニケーション方法を、このカップルからは思いやりの姿勢を、といったように、それぞれのカップルからいいとこ取りをすればよいのです。

 

反対に、悪い例からも、絶対に見習ってはいけない態度として、教訓を学びましょう。

いい例・悪い例としての、格好のカップルは、あなたの周りにいませんか?

→好きだったはずなのになぜスピード離婚してしまうのか?

⑥対等な関係を作る

「2人の関係において、なぜかいつも、自分ばかりが負担を強いられている……」と感じていませんか?

豊かな男女関係を築こうとするなら、2人が対等のパートナーでなくてはいけません。

 

たとえ、言いにくいことであっても、先々のことを考えて、「2人の関係において、どちらが何をすべきか?」ということをしっかりと決めておきましょう。

 

かつて、男女の役割は、伝統的によって規定されていましたが、現在では、その境界線があいまいになっています。

そのため、役割分担を決めることは、避けて通れません。

あなたが慮する必要は一切ないのです。

→あなたにとって最高の結婚相手とは?

⑦自尊心を高める

ただ、“彼氏がいる存在”になりたいから付き合っていませんか?

ただ、“寂しいから”付き合っていませんか?

 

究極的なことを言えば、

 

この人と私は合わないんじゃないか……

 

とか、

 

彼といるとイライラすることが多いな……

 

とか、

 

本当は私、彼のこと、そんなに好きじゃないかも……

 

と思ってしまうのは、

 

私にそんな素晴らしい恋愛ができるわけない……

 

という自尊心の低さにあります。

 

もっとはっきり言えば、

「私程度に立派な彼など望めるはずがない」「私程度に惚れる男なんだから、大した男じゃないはず」と思っているのです。

 

もし、あなたが、自分の“自尊心”の低さを補おうとして、彼と一緒に過ごしているのなら、自尊心を高めるまで、離れた(別れた)ほうがいいかも知れません。

→「どうせ私なんて」という人が愛されない理由

人は皆、お互いを磨き合う“砥石”

――いかがだったでしょうか?

 

最後の項目は、対処法というよりも、戒めのような内容でしたが、意外と胸に響いた人も多いのではないでしょうか?

 

当然のことながら、最初から完璧なカップルなどいないのです。

ここで紹介した各項目に取り組んでいけば、きっといい関係を築くことができるでしょう。

 

結婚にしろ、恋人関係にしろ、

一緒に時を過ごすのは、支え合い、便利さを享受するだけでなく、

お互いを磨くためでもあります。

 

言わば、人は皆、それぞれの“砥石”なのです。

果たして、あなたは、彼にとって、また彼はあなたにとって、“最高の砥石”になれるでしょうか……?

→理想のパートナーは見た目で選んだほうがよい理由

恋愛・復縁・仕事・相性
当たると評判の電話占いヴェルニ
 電話占いって
\ どんなサービス?/

期間限定5,000円分の
無料鑑定 /

他にもこんな記事があります