「恋なんてくだらない…」←それ正解です。でも“◯◯さ”さえあれば?

日本の某有名アーティストは、自分の結婚を機に、「もう恋愛の歌は歌わない」と宣言し、そこから、本当にもう恋愛の歌は歌っていません。

楽しい思いをするのも恋愛ですが、辛い思いをするのも恋愛。

もし、あなたが恋愛に興味を持つことをやめたら、あなたは今より楽になると思いますか?

それとも、「そんなの嫌だ、つまらない」という感じですか?

ここでは、

恋愛なんてくだらないと思える理由

について、解説します。

恋の悩みを軽くしたい方も、どうぞ。

誰もあなたに「恋してくれ」なんて頼んでいない

「セックス」「愛」を求めるのは、男も女も同じです。

ただ、そこにある思考回路、精神構造は、男と女でまるっきり違います。

 

の構造
男は、基本的に、“視覚的なイメージ”で性欲を掻き立てられます。

女が若くて健康で子供を産めそうなら、それだけで興奮するようにできています。

の構造
女は、基本的に、男の権力や地位に弱いです。

その上、ほかの女に脇目も振らず、プレゼントをたくさんくれる男を求めています。

 

こうした傾向は、何千年、何万年も前から、まったく変わっていません

求めている「愛」と「セックス」を“ゴール”とするならば、そこに行くための道順が、男と女ではまったく違うのです。

→簡単に体を許しちゃダメ!

さらに言えば、

人間というものは、自分と考え方の似ている人に好感を持ち、自分と考え方の違う人を嫌うようにできているので、

相手に対して、

「この人も自分と同じだとうれしいな」
「この人も自分と同じようになって欲しいな」

と思いがちですが、

こと、恋愛においては、気持ちがすれ違うのは当たり前なのです。

……なんせ、男と女で精神構造がまるで違うのですから。

 

「なんであの人はああなんだろう?」
「なんであの人は私を好きになってくれないんだろう?」
「なんで私の恋はうまくいかないんだろう?」

と、多くの人は恋の悩みに苦しむと思います。

 

この時の「なんで」というのは、全部、否定です。

 

つまり、

「なんで」というのは、今の状況を受け入れていない、拒否している、ということです。

 

ですが、

 

そもそも誰があなたに「恋をしてくれ」なんて頼みましたか?

 

あなたは、勝手に恋をし、

勝手に苦しんでいるのです。

しかも、苦労するのが当たり前のことなのに……。

→連絡の来ない彼氏の対処法

子孫を残すためだけなら、恋はいらない

「そんなこと言われたって……」

と思われたと思います。

 

そりゃ、人間、誰からも頼まれなくっても、恋はします。

 

セックスしたいという要求や衝動は、人間の本能です。

それらは、子孫を増やし、ヒトという種を存続させるためにあります。

 

ただ、それ(セックス)は、“恋なし”でも成立します。

現に、戦争や災害といった、命が脅かされる非常事態には、「なんとしても子孫を残さねば!」という危機感に煽られて、見知らぬ男女が、いきなりセックスをすることもあるそうです。

また、俗に言う「一目惚れ」にしたって、あれは、手っ取り早く生殖を成功させるための行動です。

→美人ほど外見を褒められても喜ばない

 

でもそれが、人間というものなのです。

 

自分の子孫を残すためだけでなく、心の深いところで結びつくような“恋愛”が求められるようになったのは、実は、1970年代以降のことです。

→不倫や浮気はなぜ悪なのか?

 

つまり、人類が恋に悩むようになったのは、

ごく最近のことなんです。

 

人間の本質的な構造は、昔からまったく変わらないのに、です。

 

……だんだん、「恋なんてくだらない」と思えてきましたか?

女が恋に悩むのは当たり前?!

男だって恋に悩みますが、恋に関する悩みを多く抱えているのは、圧倒的に女のほうです。

 

なぜか?

それは、男は一度に多くの人を妊娠させることができますが、女の妊娠・出産サイクルは、1年に1回だけで、多くの場合、一度にひとりの子供しか産むことができません。

つまり、一つひとつの恋の、“重み”が違うのです。

恋は、終われば、失恋と呼ばれ、それは当然、“よいもの”とはされていません。

一般的に、長く続くほうが、よい恋なのですが、そうした恋の最初の部分で、女が男よりも、悩んでしまう理由も、ちゃんとあります。

 

それは、もともと女性のほうが、体内の「オキシトシン」濃度が高いからです。

 

オキシトシンは、別名、“愛情ホルモン”、“抱きしめホルモン”とも言われるもので、人と人が強い感情で結ばれる時に、接着剤の役割を果たすものです。

大好きな人と一緒にいると、胸が熱くなるような、何とも言えない気持ちになりますが、それは、このオキシトシンの仕業。

 

一般的に、恋に落ちた時のオキシトシン濃度は、男性より女性のほうが高いため、女性のほうがすぐ相手に夢中になるのです。

 

したがって、恋のスタートダッシュは女のほうが早いのは当然。

 

そして、女のほうが、恋に傷つき、悩みやすいのも、言ってしまえば当たり前ということです。

→女の不倫は男より苦しむ

短い恋でも恥じる必要なし

一方、セックスに積極的になるホルモンは、「テストステロン」といい、こちらは、もともと男性のほうが多くなっています。

 

女性も恋に夢中になると、このテストステロンが多く分泌され、セックスに積極的になります。

しかし、男女とも、テストステロン濃度が高まる時期は、せいぜい3〜9ヶ月程度。

 

ですから、

恋が、いつも3ヶ月とか半年で終わってしまう女性などは、

「なんで私はいつも恋が長続きしないんだろう?」

と悩んでいるかも知れませんが、あまり悩む必要はないかも知れません……。

→男を見極める10の基準

 

ちなみに、

テストステロン濃度が下がると、

男は、「何か今の彼女にも飽きてきちゃったかも……」と思い、

女は女で、「何かセックスしてるばかりで、本当は彼は、私のことあんまり好きじゃないんじゃないかしら……?」

といった気持ちになることが多いようです。

→倦怠期の真の原因は“相手への怒り”?!

悩みたくないなら、もう少し「冷静」に

誰からも頼まれていないのに、

昔は子孫を残すのに、恋なんて重視されてなかったのに、

女性のほうが傷ついてしまうのに、

なぜ人は、(というか女性は)、恋をするのでしょうか?

 

それは、恋は麻薬だからです。

 

専門家は、恋の落ちる時に脳内で起こる化学変化は、薬物との共通点があると指摘しています。

恋をしている時は、コカインを摂取した時と同様、脳のニューロン回路が活発になり、バキバキな状態になるのです。

まさに、夢の中のような状態、文字通り、“夢中”になるのですね。

→結婚すると健康になる?!

「彼のことが好き! もう彼に夢中!」

という気持ちの中には、

「彼のことが本当に好きなのか?」
「彼のどんなところが好きなのか?」
「彼と一緒にいれば、どんな“メリット”があるのか?」
「彼と一緒にいれば、どんな“デメリット”があるのか?」

という理屈はぶっ飛ばして、

恋という麻薬に浸かっていたい自分の気持ち

があるのです。

 

もしあなたが、自ら、

「恋なんてくだらない」

という結論に辿り着いて、このページに辿り着いたのなら、それは、ある意味、正解だったと言えます。

 

ですが、

「くらだらなくったっていい! だって気持ちよくなりたいだもん、恋したっていいじゃない!」

というのも、間違ってはいません。

 

ただ、

本能やホルモンに流され過ぎず、「冷静さ」をもう少し加えることができれば、もっといい恋ができるかも知れません。

→女は基本“待ちの姿勢”が正解

要するに、

恋は、用法・容量を守って正しく(冷静に)お使いください

 

ということです。

→恋の3つのリスク

 

 

 

他にもこんな記事があります