これでストレスからおさらば!“スネ夫タイプ”の人の対処法【4つのポイント】

接しにくい人って、大きく分けると、2タイプいます。

1つは、子供っぽくて自己中な人。

このタイプは、中身が子供なのだから、子供をあやすように接してあげれば、何とか乗り切れます。

→自己中な人の対処法

もっと厄介なのは、もう1つのタイプで、こちらは、大人ならではのいやらしさがあります。

どんなタイプかと言うと、いつも強い人に媚びを売っていて、何かとすぐ自慢してくるタイプですね。

仮に、これを“スネ夫タイプ”と呼び、

ここでは、

“スネ夫タイプ”とうまく付き合う方法

をご紹介します。

強がりは自信のなさの裏返し

漫画の中のスネ夫は子供ですが、ここでいう“スネ夫タイプ”とは、大人独特のいやらしさ・ズルさが、たっぷり詰まった人です。

特徴を挙げると、だいたいこんな感じ。

 

スネ夫タイプの特徴
・特定の人の前ではコロっと態度が変わる
・自慢話が大好きで、すぐにマウントを取りたがる
・友情を捨てて彼を横取りすることに抵抗がない
・とにかくプライドが高い
・天真爛漫なタイプ(子供)を嫌う傾向が強い

 

スネ夫タイプの人の行動の裏には、常に、自信のなさが見え隠れします。

 

上に媚びへつらい、下にはいばり散らすといった行動には、

「どうやったらこの世の中で有利に生きていけるだろう?」

という計算があります。

上に気に入ってもらえれば、守ってもらえるし、自分より下がいれば、その人よりは分け前が多くもらえるだろう、と考えるのです。

 

そのようなスネ夫タイプとうまく付き合うために、

まず押さえておきたいのは、

 

彼女(彼)たちは、

自分に自信がなく、自分自身を心の拠り所にできないから、そのような行動に走っている

 

ということです。

例えば、

ビクビクしている人ほど、いかにも強そうに眉間にシワを寄せて肩をいからせて歩いています。

頭の悪い人ほど、自分の知識をひけらかしたがります。

モテない女ほど、ファッションやトレンドに脅迫的なほどに敏感です。

いつも上司から小突き回されている人ほど、飲食店の店員に横柄な口を利きます。

貧乏になるんじゃないかと不安を持っている人ほど、金を持っていることを見せびらかしたりします。

本当は利己的な人ほど、お節介なまでに他人に親切にしたがります。

(※専門的には、このような心理の働きを、“反動形成”と言います。)

 

 

表面だけを見て、スネ夫タイプは、自信過剰だと思ってはいけません。

実のところ、スネ夫タイプほど、自信からかけ離れた存在はないのです。

ですから、

このタイプと上手に接するコツを、一言で言うと、

彼女たちの見せかけの自信にチャレンジしてはいけない

ということ。

要は、張り合っちゃいけないのです。

 

このことを踏まえて、具体的な対処法を見ていきましょう。

→誰からも嫌われないコツ

スネ夫タイプの人の対処法【4つのポイント】

①「おだて」が最強の武器

スネ夫タイプに効く、最強の武器は、「おだて」です。

おだてることで、いい気持ちにさせてあげるというより、おだてることで、彼女たちの不安を和らげてあげるのです。

 

そんなことすると、余計、調子に乗るのでは?

 

という声も聞こえそうですが、

徹底的におだてまくると、次第に、彼女たちの中に、

 

(あれ? 自分が頑張って主張しなくても、もう認められているのでは?)

 

という「安心感」が出てくるのです。

そうすると今度は、

 

それじゃ、今度はあなたの話を聞きましょう!

 

という「余裕」が出てきます。

 

まぁ、面倒といえば面倒なのですが、

スネ夫タイプと接する時は、このようにおだてまくり、あなたを“安心できる存在”として信頼させてしまうのが得策と言えるでしょう。

②アメよりムチで動かす

人がやる気を起こすパターンは、

・それをやると、何らかのご褒美がもらえるか(アメ)
・それをやらないと、何らかの痛い目に遭ってしまうか(ムチ)

の2つしかありません。

 

(ちなみに、どんな人でもこのどちらかに分かれます。アメで動く人は、どんな時でもアメで動くし、ムチで動く人はどんな時でもムチで動きます。ただ、本人はそのパターンを意識していないのが普通です。)

 

スネ夫タイプは、常に、“ムチ”のパターンを踏襲します。

なぜなら、

彼女たちの特徴そのものが、“何かを恐れて逃げる行為”に過ぎないからです。

 

ですから、彼女たちを説得する時には、

 

この仕事をすると、こんないいことがあるわよ

 

ではなく、

 

これをやらないと、きっと、こんなヒドイことになるかも……

 

というふうに、ムチを意識して説得するほうが、あなたの狙い通りに動いてくれる可能性が高いでしょう。

 

(それでも彼女たち自身は、「面白そうだったから、やってみようと思ったの」と言うでしょうけど……。)

→女は男を成功の踏み台にする?!

③人の権威をカサに着て操ろう

前述のように、スネ夫タイプは、上手に世渡りしようとして計算高い面があるのですが、その中でも代表的なのは、「自分より上の立場の人間に媚びを売る」というものです。

この特徴を逆手に取って、わりあい簡単に、スネ夫タイプの人を操る方法があります。

 

それは、

(スネ夫が)逆らえない権威をカサに着る

という方法です。

例えば、

 

部長が、こう言ってたんだけど……
これは先輩から聞いた話なんだけど……
◯◯先生の本に書いてあったんですが……

 

といったような前置きをして、自分の言葉に箔をつけるのです。

このように、(スネ夫タイプの)彼女が逆らえない相手の名前を借りることで、彼女としてはそれを受け入れざるを得なくなります。

 

(……これは、あんまり多用し過ぎると、あなたもスネ夫みたいにズルい人間になってしまうので、注意が必要です。)

④スネ夫タイプの人に効く言葉はコレ!

最後に、スネ夫タイプの人によく効く、“殺し文句”を紹介しましょう。

これを言われると、本当は見かけほど自信のない、スネ夫たちのモチベーションは、グンと高まります。

 

それは、

 

(これをやらなきゃいけないってことは、)……本当は、あなた自身が一番分かってるんじゃないの?

 

という言葉です。

……ちょっとピンときませんか?

丁寧に説明してみましょう。

 

スネ夫タイプの人は、プライドが高いのです。

このような言われ方をすると、

 

そりゃ、もちろん、分かってるけど……

 

という言葉が、口をついて出てしまいます。

“それすら分かってない女”に成り下がることは、言ってみれば、我慢ならないわけです。

そのため、さほど反論せず、スッと、ことに取り掛かってくれるでしょう。

 

この言葉でスネ夫のモチベーションを高めるのは、ちょっと意地悪な感じがしないでもないですが、この言葉には、

「あなたは分かる人ですよ、できる人ですよ」

と、スネ夫を称賛している面もあるので、③の方法よりは、若干良心的であると言えるでしょう。

→他人を嫉妬しない方法&他人から嫉妬されない方法

癪だけれど、対処してあげたほうが得

――いかがだったでしょうか?

 

もしかしたら、

 

スネ夫タイプに対処するために、こっちがいろいろと気を遣わなきゃいけないなんて、何だか癪に触るなぁ……

 

と感じた人も多いのではないでしょうか?

 

ですが、

改めて考えてみて欲しいのです。

 

『相手の性質を汲んでそれに対応する』のと、

『相手の態度でこちらが腹を立てる(苦労する)』のは、

どちらがいいでしょうか?

→“自己中な人”をうまく操るには?

スネ夫タイプの人に、自分の気分を左右されるよりも、自分から働きかけて、心地よい環境をつくっていったほうが、あなたのストレスは少ないはず。

心の広さを発揮して、彼女たちにうまく対処してあげることこそ、あなたの『徳』であり、同時に、『得』でもあるのです……。

→あなたの近くに“嫌な人”が存在する理由

 

 

 

他にもこんな記事があります