ようこそD.R.Sへ!【立ち上げの経緯】&【オススメ3記事】

ようこそD.R.Sへ!【立ち上げの経緯】&【オススメ3記事】

当サイト(通称:D.R.S)は、占いに関するサイトとしては、完全に他と一線を画しています。

なぜなら、無闇に占いを勧めていないからです。

占いだけでなく、悩みを抱えている皆さんが、新しい知識や、新しい考え方を身につけることも、同じくらい重要だと考えています。

ここでは、管理人であるそんな私の自己紹介も兼ねて、

D.R.S立ち上げの経緯

を少しお話しします。

また、後半では、

まず読んでいただきたいオススメ3記事

をご紹介いたします。

 

 

 

 

独自に発展してきた日本の占いには、独自の活用法がある!

私がかつてアルバイトで暮らしていた頃、テレビにもよく出ていた、ある有名占い師の事務所で働かせてもらっていた時期がありました。

元来、私は『占い』が好きでした。

目に見えない不思議な世界の話なども、好きなタイプです。

 

そんな私が、その事務所を去る時、

胸に抱いていた想いは、このようなものでした。

 

弱い人を、弱いままでいさせることで、ビジネスを成立させようとする占いは、間違っている!

 

その事務所が全面的にそうだったわけではありません。

しかし、数名の占い師の方や、一部のお客さんと接している中で、私はそう感じるようになっていたのです。

数年が経ち、私は、

ある異業種交流会の運営スタッフの1人として、取材と原稿執筆をする毎日を送るようになっていました。

そこでは、

 

私や私の会社のことを、このようにまとめていただいて、今まで意識していなかった自分のことが、よく分かりました!

 

という感謝の言葉をいただくことが多くありました。

私はやがて、このように考えるようになっていきました。

 

取材のようなインタビューに答えることによって与えられる“癒し”があるのではないか……?

 

そこで、個人として、

相談者にインタビューをし、原稿にまとめるサービス(呼称:ストーリーカウンセリング)を始めてみました。

しかし、

それをやってみて痛感したことは、やはり多くの人が、『占い』を欲しているということだったのです。

少し細かく説明してみましょう。

 

人は、すぐに効果が出るものを好みます。

実際、問題の“根っこ”は深いところにあって、早々に解決できないような問題であっても、「もしかしたら、すぐに解決できるんじゃないか?」という期待を抱きます。

 

これは、甘いのではなく、「希望」です。

そして、受け身のようでいて、ある種の「積極性」です。

 

とりわけ、日本人という民族は、

根底は非常に楽観的で、受けた情報を咀嚼し、自ら再創造する能力に優れています。

歴史的に見ても、日本は、支那、印度、西洋の文化を、うまく消化吸収しながら、独自の文化を形成してきました。

 

なおかつ、日本人には、自分へのアドバイスを、「絶対的かつ非日常的存在」に求めたがる傾向があります。

「旅の恥はかき捨て」ということわざは、まさにそんな日本人の気質を表していると言えるでしょう。

 

そんな日本だからこそ、欧米のような『カウンセリング文化』ではなく、『占い文化』が広がったのだ……

ということが、私は、インタビューサービスを経験してみて、改めて分かったのです。

 

(ちなみに、心理カウンセリングにしろ、インタビューサービスにしろ、占いと違って、相談者に「こうしたら?」といった明確なアドバイスはしないものです。)

では、そんな占いが、

ここ日本において、

正しく認識され、正しく活用されているか?

 

……していないのではないか、と感じました。

 

独自に発展してきた日本の占いには、きっと独自の活用法があります。

 

それはおそらく、

 

自分自身の思考や判断も放棄することなく、
占い師(他人)のアドバイスを受け入れ、
自分なりに咀嚼し、解釈し、

自分の活動に生かしていく

 

という活用方法でしょう。

 

……ちょっと小難しいことを言っていますが、

当サイトの記事を読んでいただければ、こういったことが、より深く、分かっていただけるのではないかと思います。

まず読んでいただきたいオススメ3記事

さて、そんな当サイトの記事を読み進めていくために、

D.R.Sの理念と特徴がよく表れている記事

3つ紹介させていただきます。

1占いは「気休め」ではなく「きっかけ」? 悩みと自尊心と占いの関係性を徹底解説!

 

自尊心が高まり切れていないあなたにとっては、

自分の本心と違うアドバイスであっても、
自分の本心通りのアドバイスであっても、

どっちにしても、心に波紋が生まれるでしょう。

この波紋が大事なのです。

 

D.R.S管理人

人間というものは、基本、好きな人の言うことしか聞きません。

 

自分の針路をなかなか自分で決められないのは、結局、「自分のことを好きでないから」です。

 

そんな時、占いがどのように役に立つかも、分かりやすく説明してあります。

 

→占いは「気休め」ではなく「きっかけ」? 悩みと自尊心と占いの関係性を徹底解説!

 

2占いに助けを求めても意味ない?!占いの本当の役割とは?

 

占い師は、人を助けることが仕事ですが、助けながらも、逆恨みされることが多くあります。

それは相談者が、占いの利用法を勘違いしていたのです。

占いは、行動を起こさず、努力もせずに、その人をラクに幸せにしてくれるものではありません。

 

D.R.S管理人

当サイトを、1冊の本と見立てると、トップページが「まえがき」で、この記事が「あとがき」に当たります。

 

失敗したら他人のせいにし、成功しても自分の力を信じられない人は、まだ、占いを利用していいレベルではないかも知れません。

 

ぜひ、この記事を読んで、占い利用時の心構えを知っておいてください。

 

→占いに助けを求めても意味ない?!占いの本当の役割とは?

 

3【決定版】運命の人と出会う方法と見分け方~笑うタイミングをよく見よう!

 

そもそも、『理想の人』=『運命の人』とは、限りません。

また、相手を採点しようとばかりしていてもいけません。

(あなただって採点される立場です。)

 

『運命の人』というのは、究極的には、

あなたと相性の良い人、

つまり、『いっしょにいて楽しい人』

です。

 

D.R.S管理人

当サイトは大きく2つのコンテンツに別れています。

 

ひとつは「直接的に占いに関する記事」、もうひとつは、このような「個別の悩みに関するアドバイス記事」です。

 

後者は、主に心理学的な考え方を紹介するもので、うまく利用すれば、読むだけで悩みを解決できるよう作ってあります。

 

この記事はその代表例で、“理論的な解決法”と“感覚的な解決法”の両方が紹介されています。

4謙虚な心がツキを呼ぶ!『トイレ掃除』で開運する仕組みを分かりやすく解説!

 

ところで、この烏枢沙摩明王(うすさま・みょうおう)は、

古代インド神話における、炎の神。

「なぜこの神様が、経済的な幸運をもたらすのか?」

について、日本に“トイレ掃除哲学”を広めた第一人者、小林正観さんは、次のような仮説を立てています。

 

D.R.S管理人

すみません、3つと言いながら、おまけで、4つめを紹介させてもらいました。

 

私はけっして、スピリチュアルどっぷりの人ではないのですが、不思議な世界の話も大好きです。

 

この記事は、トイレ掃除をするだけで悩みが消えるかも、という神秘的かつ合理的な内容で、私自身すごく気に入っています。

占いとは「自転車の補助輪」

人生とは、自転車のようなものだ。

倒れないようにするには、走り続けなければならない。

 

とは、かの有名な、アルベルト・アインシュタインの言葉。

 

そこへきて、『占い』とは、言ってみれば、

あなたが自転車に乗っていて、

うまくバランスが取れなくなった時の『補助輪』のようなもの

です。

 

いつまでも頼りっぱなしではいけませんが、あなたが心のバランスを崩してしまった時には、思い切って甘えてみてもよいのです。

 

占いによって心がバランスを取り戻したら、あなたはふたたび、人生という長い旅路を、堂々と進んでいけることでしょう。

 

【まず読んでいただきたいオススメ3記事+1】

 

誰にも相談できない悶々とした悩みを抱えながら、いつも、何でもないふりをして、クールな自分を演じていませんか?

 

周りにいる日常的存在に相談できないのなら、“非日常的存在”に相談するという手があります。

つまり、それは、占い師です。

しかも彼らには、“ちょっと不可思議な力”があります。

 

本来のあなたは、もっともっと素敵なはず。

 

『電話占い』を利用することで、

 

私には、いつでも相談できる“味方”がいるんだ!

 

ということが実感できるようになると、

もっと自分らしさを解放した、余裕のある生き方

ができるようになるかも知れません。

→電話占いって
どんなサービス?
→今すぐ無料相談
最大2,500円分無料!