マッチングアプリでの婚活がうまくいくはずがない理由とは?自己嫌悪の感情を大切に!

「恋人をつくるために、何か一つ行動を起こしたい!」、そんな時に、マッチングアプリを思い起こす人は多いのではないでしょうか?

いつも手にしているスマホでできるので、非常に簡単です。

ただし、そこには、多くの人が見落としている“根本的な問題点”があります。

というわけで、ここでは、

マッチングアプリでの婚活がうまくいきにくい2つの理由

について解説します。

【理由①】マッチングアプリを利用する自分が好きですか?

……少し、難しい話から入っていきますが、しばらくお付き合いください。

 

当サイトでは、

 

自分を見つめ、「自分を好きになる」ことによって、あらゆる問題を解決しましょう!

 

というスタンスを取っています。

 

そして、

そのためには『占い』の利用が便利ですよ、というメッセージも、同時に打ち出しています。

(もちろん、「当たる・当たらない」といった見方は卒業したうえでの利用です。また、占いが絶対に不可欠というわけでもありません。)

→占いを当たるか・当たらないかで見るのは卒業しよう

 

「誰かから愛されたい!」と願うなら、

まず何よりも、「自分を好きでいること」が、

とても重要です。

 

あなた自身が好きでないあなたのことを、誰かが好きと言ってくれても、きっとあなたは信用しないはず。

「自分が好きじゃないものを好きという人」とは、そもそも価値観が合いませんからね。

「自分を好きでいること」を、少し難しい言い方をすると、「自己愛」、または「自尊心」と言います。

 

この「自尊心」の形成するためにもっとも邪魔になるのは、

・他人からの評判
・金銭的、物質的裕福さ
・容姿

といった外的な“ものさし”です。

 

つまり、

「自尊心」とは、他人と比較することによって形成されるものではなく、あくまでも、“自己評価”によって形成されるものなのです。

→比較することをやめれば嫉妬心からも解放される!

 

いっそ、もっとシンプルに言えば、

“好きな自分”は、あなた自身以外誰にもつくることができない

ということです。

(能力や知能にも一切関係がありません。)

この前提を、まず覚えておいてください。

……ここで、マッチングアプリの話に戻しましょう。

 

マッチングアプリを使うことに、少しも後ろ暗いところがなくて、親にも、友人にも、職場のみんなにも、自分がマッチングアプリを使っていることは教えている……

という人なら、別によいのです。

 

しかし、

 

マッチングアプリを使っていることが何となく誇らしくない……

 

という人は、

いい相手が見つかり、その相手との恋が成就する可能性は、極めて低いでしょう。

こう言うと、

 

でも、使ってる人多いし……

 

と反論する人が少なくありません。

 

さきほどの話を思い出してください。

 

外的なものさしや、他から借りてきた価値観では、あなたの自尊心は築けません。

あなた自身がどう思っているか?

がすべてです。

 

マッチングアプリを使っている自分が、あまり好きになれないと感じる人は、

マッチングアプリでの恋人探しおよび婚活が、うまくいくはずがないのです。

 

……そもそも、『好きな自分』でもって、

その「出会いの場」にあなたは登場していないわけですから。

→あなたが白馬の王子を求めているのは父親が原因?!

【理由②】恋愛を商取引のように考えていませんか?

マッチングアプリでは、必ずプロフィールを登録します。

そしてそれは、“条件検索”という使われ方をします。

 

このような条件先行で、パートナー探しをすることはよくないと、別の記事でもお話ししましたが、ここでは、ひとつの例え話を例にとって説明しましょう。

→条件を振りかざすことは結婚のシステムに逆らっている?

 

あるところに、美しい一人の女性がいました。
この女性は、自分の美しさを自覚しており、総合的に見て、自分をこのようにアピールすることにしました。
・見た目は人並み以上です。
・自己主張はわりと強めです。
・少し抜けているところもあります。
それと同時に、これまで年収◯◯万円クラスの男性と付き合うのは難しくなかったのに、どうしても年収◯◯万円以上の壁を破ることができなかったので、堂々と、
・年収◯◯円以上を希望します。
と打ち出すことにしました。
すると、出会った男性から、このようなことを言われました。
「私はあなたの条件をすべて満たしている。でも、これはある意味、悪質な商取引だ。
だって、私の財産はおそらくこれから年月とともに増えていくのに、あなたの外見は、間違いなく年齢とともに衰えていくのだから」

 

……ゾッとする話だと思いませんか?

 

なぜこのようになってしまったかというと、

条件をふりかざすことによって、恋愛に市場のルール(市場規範)を持ち出すことになってしまったからです。

(この場合は、美と金銭のあからさまな交換です。)

 

恋愛や結婚に合理性がまったくいらないかと言えば、そうではありませんが、こと“心の交流”を重視するならば、合理性ばかりを追求できないものです。

→玉の輿なんて狙うからあなたの婚活はうまくいかない

しかし、マッチングアプリを利用する際は、どうしても合理的な視点を強く持ちがちです。

そうでないと、無数のデータを一つひとつ見ていかなくてはならないからです。(それは見切れるものではありません。)

→理想のパートナーに出会えるとっておきの場所とは?

 

とにかく、

恋に、市場規範は、御法度である!

これも、よ〜く頭に入れておいてください。

 

魚屋に、魚を買いに行く時、

「金額はこれくらいで、体長はこれくらいで、重さはこれくらいで、産地はここのやつで……」

という買い方ができないのと同じです。

そんな“条件先行”の考え方は、恋愛を難しくします。

自己嫌悪をしない選択を!

さきほどの、【理由①】に立ち返ってもう少し補足すると、

 

「自分を好きになること」の逆は、「自己嫌悪」です。

 

「自己嫌悪」という感情は、大切にしてください。

 

なぜなら、

この感情は、神があなたに、「それはやめたほうがいい」ということを教えてくれているのです。

 

そして、

誰に向けられたものでもなく、“あなた発”で、“あなた自身に”向いているということに、大きな意味があります。

したがって、これは自分だけの問題であり、他人がどうこう言う筋合いのものではありません。

冒頭で、

何事も問題解決には、「自分を好きになること」が大切という話をしましたが、

 

自分を好きになる(自尊心を高める)
⬇︎
自己嫌悪が生じない選択をし続けるということ

 

ということを、覚えておいてください。

……当然、これは、マッチングアプリに限った話ではありません。

→自尊心がなくては結婚相手探しは進展しない!

(余談)自分を見つめるとは?

「自分を好きになること」に関連して、「自分を見つめること」の意味についても、少し解説しておきましょう。

 

「自分を見つめる」とは、

自分で自分のいいところを探す

ということです。

→可愛いくもないのになぜかモテる女の秘密

自分で自分が分からなくなってしまうのは、自分の粗探しをするからです。

それとは逆に、

 

私って、ここもいいところだし、ここもいいわね。
こう見ると、けっこう、私っていいやつかも……

 

というふうに、自分のいいところを見つけていけば、自分を好きになり、人生が楽しくなります。

 

そんな時に、少し客観的な視点や意見が欲しいという時には、『占い』を利用してみるのもいいでしょう。

ぜひ、このサイトの情報をよく理解したうえで、上手に活用してみてください。

→占いを「気休め」ではなく「きっかけ」にするには?

 

 

他にもこんな記事があります