【本当の自分が分からない3つの原因】子供の頃からあなたが押し込めているものは?

『自分探し』という言葉を聞いて、身を乗り出す人もいれば、陳腐に感じる人もいます。

なぜ陳腐に感じるかというと、「本当の自分なんてないんだ」と思っているからです。

確かに、人にはいろんな面があるので、ある意味においては、“本当の自分などない”と言えます。

しかし、

「どうしてこんな時、自分は、こうなんだろう……?」

といった気持ちになったことがない人は、いないのではないのでしょうか?

ここでは、

本当の自分が分からなくなってしまった3つの原因

について解説します。

「本当の自分の姿」より、「本当の自分を押し込めている原因」を探ろう!

「本当の自分」というものが、あるのか、ないのか?というのは、実は大きな問題ではありません。

 

人が、

 

どうしてこんな時、自分は、こうなんだろう……?

 

と思うのは、“本来の自分”が抑圧されていると感じた証拠です。

 

つまり、

あなたが元々持っていたはずの特性が、何らかの原因で、押し込められ、表に出せずにいるのです。

ですから、

 

「どんな姿が、本当の自分の姿か?」

 

ということよりも、

 

⭕️「どんな出来事によって、本来の自分が押し込められているのか?」

 

ということに目を向けたほうがよいでしょう。

 

“押し込めてしまっている”から、

“分からない”と感じるのです。

 

このように、あなたが本当の自分を押し込めてしまうのは、

基本的に3つの原因があります。

本当の自分を押し込めてしまう3つの原因

①あなた自身に安心感が足りない

あなたは元々、自己主張の強い女性であったかも知れません。

しかし、母親が自己主張をするたびに、父親から拒絶されている姿を見て育ったために、生まれながらの自己主張力を押さえつけるようになってしまった可能性があります。

(ちなみに「自己主張」は男らしさを示す資質のひとつです。)

 

また、あなたがもし男性ならば、母親が父親を避けている姿を、よく目にしていたということはありませんか?

そうした環境で育つと、あなたは自分の男らしい特質の多くを押さえつけるようになってしまっている可能性があります。

 

何も家庭だけに限らず、小さい頃、学校で本来の自分を出したら、嫌われてしまったために、それ以来、自分を出すことを押さえつけるようになってしまった、という人もいるでしょう。

 

これらはどれも、ありのままの自分を発達させていくことに対して、安心感が持てなかったということです。

そして今も、「本来の自分を出すべきではない」(出すと損する、出すと自分に危険が及ぶ)という意識に囚われているのです。

→潜在意識があなたの恋を邪魔してる?

②あなたが苦痛を乗り越えるための支えがない

あなたが昔、子供の頃、友達を作ろうとして自己主張して、拒絶され、その結果、深く傷ついたとします。

こんな時は、

「君は正常だよ。そのままの君でも、ちゃんと友達はつくれるはずだよ」

と、誰かに安心させてもらうことが必要でした。

 

しかし、

両親を含め、誰もあなたの心の痛みを聞いてくれなかったために、あなたは、

「私には友達なんていらない、僕は他の子供より優れているんだ」

と自分に言い聞かせざるを得ませんでした。

そのため、あなたはそれ以来、自己主張する力が弱くなってしまった可能性があります。

 

私たちの心は、本来の自分を出して否定されると、苦痛を覚えます。

そしてさらに、その苦痛が誰からも理解されないとなると、

ったん苦痛と結びついた本来の自分らしさを、その痛みが癒されるまで、ずっと押さえつけるようになってしまいます。

→女らしくすることで開運する?!

③あなたが発達していくための手本がなかった

あなたの母親が自分を愛していなかったり、父親が母親を愛していなかったとすれば、あなたは、

「自分の女性的な面は、人から喜ばれないんだ……」

と感じるようになる可能性が高いです。

 

同様に、父親が自分を愛していなかったり、母親が父親を愛していなかったりすると、あなたは、

「自分の男性的な面は、人から喜ばれないんだ……」

と感じるようになってもおかしくありません。

(男であっても女であっても、女性的な面・男性的な面の両方があります。)

 

人が本来持っている女性的な面・男性的な面を同時に発達させていくためには、うまくいっている手本(実例)を見たり、体験したりする必要があります。

それがないために、あなたは今も、あなたが持っている本来の特質を発達させられずにいるのです。

→ダメ人間の卒業方法

こうした過去の古傷を癒すには?

このように、

「本当の自分が分からない」と嘆くよりも、

「何が本来の自分を押し込めてしまっているか?」を探り、

その傷を癒すように努めたほうが、人生への不安や自分への不信を取り除くことができるでしょう。

 

繰り返しますが、

 

本来の自分を押し込めている原因

「自分が分からない」、「本当の自分を知りたい」という不安の原因

 

なのです。

 

そしてその多くは、

両親の態度子供の頃の環境に由来します。

男の子が、自分の父親や、それに代わる肯定的で、たくましい男性のモデルを知らなかったら、自分の男性的な面も見出すことができません。

女の子が、男性や世の中と前向きに愛情を持って関わる母の姿を見ることができないと、女性的な面を発達させることが難しくなります。

 

子供の時というのは、非常に感受性が強いもの。

その感情が癒されなければ、一生消えない無意識の思い込みが形成されてしまうのです。

大人になって、もう生き延びるために両親に頼る必要がなくなっても、あなたの『心の中の子供』は、その思い込みを捨てようとしません。

→自己中な人は中身が今も子供?!

 

……では、こうした古傷を癒すにはどうしたらいいのでしょうか?

 

そのための大事なキーワードこそ、『心の中の子供』です。

自分への不信や、自分が求めている愛情が誰からも得られないのはないかという不安に襲われた時には、次のような言葉を胸に刻みましょう。

 

私の中の少女(少年)は、独りぼっちになることを怖がり、自分の面倒を自分で見られないことを、とても怖がっている。

……でも、大人になった今は、あの頃の無力な自分とは違う!

今の私には、自分に必要な愛情を手に入れる力が十分にあるし、自分の面倒はすべて自分で見るだけの力も十分にある!

 

「過去」を否定せず受け入れることで、それを「未来」を肯定する力にするのです。

不安に陥るたびに、この言葉を、自分へ言い聞かせたり、紙に書いて目のつきやすいところへ置いたりするとよいでしょう。

→現代の占いは自分探しの手段

 

 

 

おすすめの記事