【タイプ別紹介】「絶対に変わってくれないダメ男」と「いつか変わってくれるダメ男」

何のタネも植えていない鉢に、ひたすら水をやり続けていても、芽は出てきません。

それと同じように、変わる見込みのないダメ男に、いつまでもこだわり続けていても、時間の無駄というもの。

ここでは、

「絶対に変わってくれないダメ男」

「いつか変わってくれるダメ男」

タイプ別に紹介します。

女性がどう頑張っても変わる見込みのないタイプ

まずは、

絶対に変わってくれないダメ男【2タイプ】

から紹介しましょう。

❶【むっつり男】

本来は、わがままで優柔不断なくせに、とりあえず無口なせいで、女性から、

 

なんて男らしい素敵な人なの!

 

と称賛されがちな男性がいます。

 

ですが、こういう男性は、男らしい“強さ”を見せる場面など、ほぼありません。

何しろ、けっして女性に、自分の胸の内を語ったり、真の姿をさらけ出したりすることはないのです。

意見が対立しても、話し合う気などありません。いつも、相手が折れるのを待つだけです。

どうして、むっつり男が、このようにむっつりしているかというと、自分の中にある依頼心を恐れているのです。

彼らは、誰かを必要とするようになれば、自分の弱さやもろさが、表に現れ出てきてしまうのではないかという不安と、常に戦っています。

ですから、基本、誰とも親しくしたり、お互いを満足させたりする関係を築き上げることができません。

 

恋愛関係というものには、お互いを信じ合う気持ちが不可欠なのですが、むっつり男は、思い切って自分の内面を見せるということができません。

これは、彼らが過去に背負った傷のせいです。

しかしながら、それがどんな記憶なのか、そのために自分がどのような態度を取っているか、本人自身が分かっていません。

いずれにしても、彼らは誰をも信用せず、誰にも心を開くことがありません。

 

一言で言うと、こうです。↓

 

むっつり男とは?
愛することは自分の弱さをさらけ出すことだと考えているために、それを拒否し続けている、人の愛し方を知らない男性

 

こういう男性を好きになると、女性は、

 

自分なら魔法の力でこの人を、人を愛する人に変えてあげられる!

 

と思いがちです。

 

しかし、それは不可能というもの。

彼らにとって、親しみは、敵であり脅威なのです。

女性から愛されれば愛されるほど、逃げていこうとするでしょう。

→追えば逃げる男の心理

❷【おしゃべりピエロ男】

こちらは、むっつり男とは正反対で、感情表現が非常に豊かで、何でも隠し立てせずに話してくれるので、女性から、

 

何てオープンで接しやすい人なのかしら!

 

と歓迎されることが多いのですが、ただ問題なのは、それが行き過ぎていることです。

おしゃべりピエロ男は、付き合い始めた頃は、素晴らしく上手に化けています。

繊細で、やさしくて、愛情表現が豊かな彼に、女性は、これで自分の心も満たされるはずだと思い込んでしまいます。

しかし実は、満たされるどころか、渇く一方なのです。

 

なぜなら、彼らは美辞麗句で女性をいい気持ちにさせておきながら、本当は自分を安心させたいという欲求を隠しているのです。

やがて女性は、彼が熱心に喋っているのが、実は2人の関係というよりも、彼自身についてのことばかりだった、ということに気付くでしょう。

このタイプの男性は、とても感受性が強いため、女性は、最初のうち、新鮮な魅力を感じます。

ただ、問題は、その感受性が常に彼自身にしか向けられていないことなのです。

付き合っていると、次第に、話に付き合うのも面倒くさくなってくるでしょう。

 

一言で言うと、こうです。

 

おしゃべりピエロ男とは?
感情表現が豊かで、自分の内面の不安や、2人の関係をよくすることについて喋るのが大好きだが、それだけの男。(喋るだけで実行はしない。)

 

こういう男性を好きになると女性は、

 

彼を心の悩みから解放してあげることも、やりがいある仕事ね!

 

と思ってしまいがちですが、本当は、こういう男性は何もしてあげずに、放っておいたほうがいいのです。

放っておけば、彼は、自分を甘やかしてくれる女性に責任を押しつけることをあきらめ、自分で問題を解決しようとするでしょう。

→男の失恋と女の失恋の違い

女性次第で変わってくれるタイプ

さて、これから紹介するのは、

変わる見込みのあるダメ男【2タイプ】

です。

彼らもダメ男には違いありませんが、女性の対応次第で、変わる可能性は十分にあります。

①【永遠の25歳男】

このタイプは、いわゆる思春期後期、つまり、25歳前後で、成長がストップしてしまった男たちです。

彼らは無意識のうちに、

 

オレは永遠に25歳のままでいるんだ

 

と心に決めています。

 

このタイプの男性を見極めるのは、そう簡単なことではありません。

なぜなら、こういう欠陥は、ものの考え方や恋人との付き合い方の微妙なところには現れても、なかなか日常生活の表面には現れてこないからです。

このタイプは、外目にはとても魅力的な面をたくさん持っています。

自信家で、自分の考えははっきり言うのですが、トゲトゲしくはないので、人からは好かれていることが多いでしょう。

だいたいこのタイプの男性は、周りの人間を楽しくさせてくれます。

 

そんな永遠の25歳男が、最も恐れるのは、人から縛られることです。

人と親密な関係になれば、当然、その人に何かを与え、また、その人からも何かを与えてもらうことになります。

しかしこれが、彼らの意識の底にある「自分の依存願望に対する恐怖心」を呼び覚ますのです。

 

そこで、彼らは、この恐怖心を感じなくてすむスレスレのところで、人を愛そうとします。

いつもそのスレスレの線を厳重に守り、けっして結婚までは進まないように気をつけているのです。

 

永遠の25歳男は、女性に対する見方も、付き合い方も、浅はかなことが多く、男友達ともあまり深く付き合おうとはしません。

そして、たいてい、自分のことを冒険家だと思っています。

そのくせ、結婚という、この世で最大の冒険については、まったく心の準備ができていないのです。

一言で言うと、こうです。

 

永遠の25歳男とは?
自分の中に、大人になることへの恐怖やためらいを持っており、“おとなの男”として女性と関わろうという気がない男。

 

彼らは、はじめのうちはとても魅力的です。

ただ、女性のほうが2人の関係をここらでグッと深めたいと思うと、途端に逃げ腰になります。

何かひどいことでもしてくれれば喜んで別れる気になるのに、何もしないから余計に困ってしまいます……。

→彼を変えようと思ってはいけない?

いつ変わる?

こういう男性の欠点は、「大人になろうとしないこと」だけです。

十分な時間を与え、気長に待ってさえいれば、彼らの大多数はやがて大人になり、結婚し、父親になっていきます。

そして、その境目は、だいたい39歳前後です。

 

その頃になると、

 

さすがにオレも中年か。やっぱり、ひとりぼっちで死んでいくのは嫌かも……

 

と思い、焦燥感に駆られ、人とスレスレ以上に付き合うことも恐れなくなってきます。

→男の恋は何度も立ち止まりたくなるもの

どうやってオトす?

永遠の25歳タイプの男性は、若い時はオススメできませんが、歳を取ってからはなかなかいいものです。

彼らは、女性と健全なギブ&テイクの関係を築き上げていく能力をちゃんと持っています。(本人は自信がありませんが。)

 

ですから、焦って、関係を進めようとし過ぎてはいけません。

 

彼らは、

 

自分のほうから強く相手を求める気持ちになれるまで、じっくりと待って欲しい……

 

と思っています。

 

ですから、

あなたが一歩進んだ関係を要求するのなら、そのタイミングをよ〜く見極めてください。

彼の気持ちが熟成した時には、「このまま2人でやっていきたい」というレベルにまでなっているでしょう。(そこは期待してもOKです。)

ただ、その熟成は、彼の心の中でだけ進むものなのです。

→「ほっとく」という恋の最終奥義

②【手負いの男】

ここでいう“手負い”とは、傷を負っていること。

要するに「離婚男性」のことです。

 

大多数の男性にとって、離婚をすると、“身ぐるみはがれた”気持ちになるものです。

子供の養育権が妻の手に渡ってしまった場合は、その虚しさも手伝って、いっそうみじめな気持ちになっていることでしょう。

さらに、妻のほうと、自分のほうと、家計が2つになることで、お金の心配も増えています。

彼らは、別れた妻についての、積もり積もった不満を、新しく見つけてきた相手に、クドクドと話したがる傾向があります。

そのため、聞かされるほうは、やがてうんざりしてしまうことでしょう。

 

一言で言うと、こうです。

 

手負いの男とは?
離婚し、孤独と絶望にさなまれており、話が哀れっぽく、くどくなりがちな男。

 

しかしながら、彼らはいずれ必ず立ち上がり、別人のように生まれ変わる時が来ます。

また、一度結婚しているだけあって、女性に対する過剰な慎重さがないという意味においては、十分魅力的でしょう。

いつ変わる?

彼らは、

 

また傷つくのでは……?

 

と、疑り深くなりながらも、自分のことを洗いざらいしゃべり、すべてをさらけ出したいという欲求にかられています。

 

とは言え、あまりいつまでも、親切に話を聞いてあげるのはよくありません。

自分を哀れんでばかりいるのは、本人のためにもならないし、女性にとっても、そういう話は幻滅以外のなにものでもありません。

 

どのように見えるにしても、彼らは、「またやり直したい」と思っていることが多いです。

 

もし、相手が離婚したばかりの男性』なら、なるべく早い時期に「子供を産みたい」という意思を伝えたほうがいいでしょう。

そして、その時の答えは明確でなくては意味がありません。

はっきりと答えられない男性なら、別れたほうが賢明です。

 

『相手が離婚してから1年以上経っている男性』なら、いくらか時間が必要です。

そのため、あまり早急に愛の確証を欲しがっていけません。

付き合い始めてから6ヶ月くらいは、より緊密な関係へ進もうと、あなたのほうから押しまくらないほうがいいでしょう。

→笑いのツボが同じなら運命の人?!

どうやってオトす?

手負いの男たちは、ほとんどが「またやり直したい」と思っているのですが、「もう子供は作りたくない」と思っている人も少なくありません。

前述のように、相手が離婚したばかりで、あなたに「自分の子供が欲しい」という意志があるなら、それをなるべく早い時期に伝え、その答えを試金石にしてください。

 

相手が離婚してから1年以上経っているならは、一定期間付き合って、その間にあなたの真剣さを伝えましょう。

ただ、この場合もやはり、相手があまりに煮えきらない態度なら、最後通牒をつきつけることも必要です。

女性のほうから、「いつまでも待てる」という素振りを見せて、貴重な人生を何年も捧げることはありません。

→「いい別れ」は「いい出会い」の始まり

恋人選びには非情さも必要

――どのダメ男も、ここに挙げた4タイプのどれかに当てはまるというわけではありません。

むしろ、これらが混ざり合ったタイプのほうが多いでしょう。

また、どの男性たちも、育った環境から大きな影響を受けているため、彼らの人格すべてを否定するべきではありません。

→いつも同じ別れ方をしているなら恋愛依存症かも?

ただ、人生は有限です。

相手を盲信せず、冷静に見極める「非情さも必要でしょう。

 

「女性次第で変わってくれるタイプ」なのか、

「女性がどう頑張っても変わる見込みのないタイプ」なのか、

しっかりと見極めるようにしましょう。

→浮気性の男【3タイプ】その傾向と対策

 

 

 

他にもこんな記事があります