彼氏の言う「一人になりたい」は「別れたい」ってこと?違うならいつまで待てばいいの?
Pocket

男と女は、まったく違う生き物です。

生命が誕生したのは、38億年前ですが、オスとメスに別れたのは、10億年前のこと。

それは、2つの生命が、異なる情報を合わせて、“進化”をするためでした。

つまり、オスとメスそれぞれに「果たすべき役割」と、固有の「考え方」があるのです。

その点を認識しておかなくては、恋愛においても、冷静さを失ってしまうことになるでしょう。

 

以上のことを踏まえた上で、この記事では、

男性が恋愛のさなかに突然、「一人になりたい」と言う理由と、その対処法

について、解説していきます。

男はなぜ「一人になりたい」と言うのか?

男と女の“基本的な違い”

女性は、好きな男性と「いつも一緒にいたい!」と考える人が多く、仲の良いカップルや夫婦は「つねに寄り添っているものだ」というイメージを持っています。

しかし、男性は違います。

男性は女性と違い、基本的に、日々、闘う生き物です

あなたを含め、女性の前では、そのように見えない人もいますが、それはある種、理性を働かせている「仮の姿」であると言えます。

これまでの生き物の歴史は、生存競争の歴史です。

常に敵から身を守り、ライバルを蹴落としながら、自分のDNAをいかに多くこの世に残していくかに、命をかけて生きてきたのです。

たとえ、“草食系”と言われるような大人しい男性であっても、男性であることには変わりありません。

本能的に男性は、皆、「いかに社会に自分の功績を残していくか?」ということに使命を感じ、日々、生きているのです。

時に男性には、孤独が必要

そのため、男性は、表面的には、あなたと愛情を深めていても、心のすべてを開放できていないことが多くあります。

ここで、少しややこしいのは、この不安の正体が何であるかを、自分でしっかりと認識できている男性は少なく、ただ、ぼんやりとした不安としか、感じていないということです。

 

とは言え、男は、ハッキリと気づくのです。

 

「彼女のことがいくら好きでも、オレが成し遂げるべき仕事は、オレ自身によってしか、成し遂げられるものではない……」

 

ということに。

 

(好きだからと言って、ベタベタと寄り添っているだけでは、その仕事はできないのです。)

ですから、女性は、

 

男性が男として、立派に生きるためには、孤独な時間をしっかりと持たなければならない

 

ということを、きちんと理解してあげるべきでしょう。

 

女性が持ち合わせていない、男性の本能は、

 

●この世の生存競争に打ち勝ち、自分のDNAを残すこと
●そのために孤独な戦いを繰り返すこと

 

この2つです。

そして、この2つはセットです。

生存競争に打ち勝ち、功成(こうな)り名を遂げるために、孤独な戦いを繰り返すことが、いわば、男性の宿命なのです。

 

繰り返しますが、この本能は、どんなにのんきに見える男性であっても備わっています。(何せ“本能”ですから。)

 

女性側は、まず、彼氏が恋愛中に「一人になりたい」と言ってくる背景には、このような“男性の本能”があることを考慮しましょう。

 

「一人になりたい」は「別れよう」ではない

男には男なりの達成感がある

恋愛の先には「結婚」があり、その先には、二人の子供を産み、育てることがあります。

このことは男性も、女性と同じように、イメージはしています。

イメージはしているのですが、やはり、子供を産むのは、女性です。

このことでより強く達成感を得られるのは、やはり、女性のほうでしょう。

 

ですから、男性は、男性なりの達成感を求めます。

 

女性から見て、「馬鹿じゃないの?」と思えるようなことに、男性が夢中になってしまうのは、そのような理由があるのです。

 

理性的に考えれば、男性自身だって、馬鹿なこと、くだらないことと思うのかも知れませんが、男性は、本能として、そこに挑まずにはいられないのです。

(仕事で功を挙げることも、意味なく山に登ったり、何かを取集したりすることもそうです。)

 

女性には分かりにくい部分なのですが、

男性の心には、“本能”が欲する「夢」と「無駄」がひしめき合っているのです。

「一人になりたい」と言う男性に、女性が抵抗して、

 

「あなたのやりたいことなら、いくらでも私が協力してあげるから!」

 

と言ったところで、伝わらないのは、ある意味、仕方のないことなのです……。

男は“決心するための自信”が欲しい

とは言っても、「それでもやっぱり腑に落ちない!」という女性が多くいらっしゃると思います。

ですので、ここで、“男心”をさらに深く解説してみましょう。

恋愛関係を順調に継続していくということは、いわば、「結婚へ突き進んでいく」ということです。

これはどんな男も分かっています。

 

ところが、男の本能は、本来、結婚には向いていないのです。

 

どういうことかいうと、

本来、男は、種の保存のためには、自分の種をできるだけ多く撒き散らすほうが、効率がいいのです。

 

本能が、

 

「結婚をすれば、もう他の女性とは気楽に食事したり、ましてはエッチなんてできないぞ? この自由と引き換えにするほど、彼女は本当にいい女か?」

 

というふうに心に問いかけてくるのです。

男の“本能”はそのように、結婚に対して抵抗を示します。

……ちょっと待ってください。

まだ、腹を立てないでくださいね。

 

これは、ある意味、

相手の女性に対して、「責任を取りたい」という気持ちの裏返しである

ことにも、どうか気付いてください。

 

相手の女性に対して責任をとるためには、仕事が不安定だったり、将来が見えない状態ではいけません。

 

男が「一人になりたい」と言うのは、けっして、「あなたと別れたい」ということではないのです。

 

いわば、

 

「あなたの伴侶としてふさわしいよう、男としてもっと自信をつけたい!」

 

ということです。

 

もっとシンプルに言うと、「決心するための自信が欲しい」ということですね。

 

一人になっている間に、大きな仕事をやり遂げて自信がついた、ということももちろんあるでしょうが、

多くの場合、それよりも肝心なのは、目に見えない“気持ちの部分”ではないでしょうか?

 

つまり、しばらく一人になって、じっくり考え、本能と理性のバランスを整えるともに、気持ちを整理したいのです。

そしてそれによって、自分の“自信”の確立を図っているのです。

 

「一人になりたい」をどう受け止めるべきか?

けっしてパニックになってはダメ!

「一人になりたい」イコール「別れたい」ではないにしても、男性が「一人になりたい」と言ってきたということは、ある意味、二人の関係が、岐路(分かれ道)に差し掛かったと見て、ほぼ間違いはありません。

相手の男性のことが、好きで好きでたまらない女性にとっては、“念場”がやってきたと言ってもいいでしょう。

 

この、男の「一人になりたい」を、どう受け止め、どう対処するかで、結果、別れる可能性もありますし、逆に、より絆を深める可能性もあります。

(「一人になりたい」と言う言葉をそのまま「別れ」と受け取ってしまった人にとっては、“復縁”ということになるでしょうか?)

 

ですから、けっして「一人」という言葉に過敏に反応して、パニックになってはいけません。

これまで述べてきたように、男性が男性として立派に生きるには、孤独な時間が必要なのです。

あなたとの未来を大事に考えるからこそ、あなたに対し責任を持ちたいと考えるからこそ、この「一人になりたい(一人になって考えたい)」というセリフが出てくるのです。

 

男であれ、女であれ、やっぱり他人と一緒に過ごす時には、楽しい時間を過ごしたいものです。

ですから、男性側にとっても、この言葉は非常に言いにくい言葉であったはずです。

しかしそれでも勇気を持って、本心を伝えてきたのですから、あなたの側でも、この言葉を真摯に受け止めるようにしましょう。

女はこれをどう返すべきか?

女性であるあなただって、一人になって、黙々と作業をしたい時はあるはずです。

彼は、おそらく、心の中に散らかり放題になっているさまざまな要素や、人脈などを整理するために、一人になりたいのです。

そこには、あなたには話せない、幼少期のトラウマや、親や親族との関係性などがあるのかも知れません。

ぜひ、彼の立場に立って、そこを汲み取ってあげてください。

これまでの二人の関係において、あなたがちゃんと誠意を持って接していたのなら、彼の「一人になりたい」という言葉に、必要以上に取り乱す必要はありません。

 

このセリフが出たら、あなたは、

 

「落ち着いたら、必ず連絡してね」

 

とニッコリ笑って、その間、自分磨きに専念していればいいのです。

 

勉強したり、本を読んだりして、人間力を向上させることは、やはり一人でないとできません。

また、その間にあなたも、自分のことや、仕事のこと、身の回りのことなどを改めて振り返ってみるのもいいでしょう。

そうしながら、次に彼に会える日を、ただ待っていればいいのです。

逆にここで、パニックを起こし、必要以上に、

「なんで???」

としがみついてしまうと、彼の気持ちは余計に混乱してしまいます。

 

ただでさえ、彼は気持ちが混乱しているから、「一人になりたい」と言っているのに、これをすると、あなた自身が余計にその気持ちをかき乱してしまうのです。

こんなまずい対応をしてしまい、そのせいで男性に、「それだったら、別れよう」と、かんたんに結論を出されてしまったら、損でしかありません。

 

考えてもみてください。

上のように、「落ち着いたら、連絡してね」とニッコリ笑って言われると、男性にとって、どれだけありがたいか……。

 

その感謝の気持ちは、後々きっと、あなたへの愛情の深さとなって返ってくるでしょう。

いつまで待てばいいのか?

ここまでを読んで、

「一人になりたい」にどう対処していいのかは分かった、

その間に彼は気持ちを整理しているのだから、私も自分磨きをしていよう……それも分かった、

……でも、それがいつまで長引くのかが分からないから不安でしょうがない

という人もいるでしょう。

 

その気持ちは痛いほど分かり、当然のことと思うのですが、

こればっかりは、

個々のケースによって違うので、何とも言えないところです……。

 

ただ一つ、確かなこととして言えるのは、男から見て、“恋愛一色”の女性は、魅力的に見えないと言うことです。

 

前述したように、男は、日々、闘う生き物です。

どれだけ恋愛に夢中になっても、男性は、女性のように、頭の中が恋愛一色になってしまうことは、ほぼありません。

ましてや、「一人になりたい」と告げた彼は、その後、仕事などで成果を出すことや、気持ちの整理に、頑張って取り組んでいるのです。

 

そんなところへ熱心に、「もう大丈夫?」、「いつまでかかりそう?」などと何度も確認されると、かえって、あなたへの想いは薄れてしまうでしょう。

「この人といっしょにいると、自分のしたいことができなくなるんじゃないか……?」と察すると、男性はうんざりして逃げようとしてしまうものなのです。

 

ですから、

「一人になりたいのは、いったい、いつまでなのか?」と期間に関心を寄せることは、いっそ忘れてしまいましょう。

一方で、

「他の女性に目移りしているのではないか?」と心配する人もいるかと思います。

 

実際に付き合うまでいかなくても、悲しいかな、男は、本能的に多少の目移りはしてしまうものです。

もし、他の人と実際に付き合ってしまったら、悲しいことではありますが、

「一人になりたい」と言った彼を理解し、受け止めたあなたなら、そこも受け止めてあげるべきなのかも知れません。

 

その代わり、また、元のような関係に戻れたら、その時は、はあなたを一生離したくない女性として認めるようになります。

男性が求める「女性の優しさ」とは?

最後に、男性が基本的に、女性に対して、どのような“優しさ”を求めているかを、お伝えしておきましょう。

 

言うまでもなく、女性には、「母性愛」があります。

時に、

 

「母性愛は完全無欠、これを嫌う男性はいるはずがない」

 

と信じている女性がいます。

しかし、それはちょっと違います。

例えば、

 

「彼の面倒を何でも見てあげて、彼の夢を応援したい!」
というのと、
「彼の言うことやることを全部認めて、彼についていきたい! そうすればきっと彼の夢は叶うはず!」

 

というのとは、だいぶ違います。

 

前者はまさに、母親の愛であって、それゆえに、男性が色気を感じる接し方ではありません。

これだと、男性は「自分の母親」を想起してしまい、恋愛対象としての「女」を感じなくなってしまうのです。

(おそらく、このタイプは、世話も焼きながら、小言もたくさん言うでしょう。)

 

男性が求める女性の優しさは、ズバリ、後者です。

日々、闘っている男性には、「ここもやってあげましょうね」、「これもやってあげましょうね」という母親のような愛情を向けるのではなく、

 

「あなたならできるから、心配ないよ」

 

というような言葉や態度が、もっともありがたいのです。

言うなれば、男性は、「男としての人格を尊重してあげるような優しさ」をもっとも求めているのです。

 

男は、単純な生き物です。

褒めてもらい、信じてもらえば、どんどん力を発揮しますし、相手の女性をどんどん好きになります。

女性にとって、男心を読み取るのは難しいものです。

しかし、それは、男性にとっても同じ。

 

冒頭で述べたように、オス(男)とメス(女)は、生き物として進化していくために、2つの生命に分かれました。

その「役割」や「考え方」の違いには意味があるのです。

 

時にはヤキモキすることもあるでしょうが、どうせなら、その違いを楽しんでみる……

それくらいの気持ちの余裕を持ったほうが、恋愛に関しても、うまくコトを運べるのではないでしょうか?

――恋愛相談を得意とし、相手の気持ちを見通してくれる占い師さんも、多くいます。

「もっと自分の気持ちにきれいに決着をつけたい!」という時には、これらを利用してみるのも手でしょう。

 

おすすめの記事