【男の謎を解明】なぜおっぱいが好きか?なぜ朝立ちするか?なぜウソをつくのか?

おっぱいが嫌いな男はいません。

ですが、男たち自身にも、それがなぜなのかは分かっていません。

考えたこともない、という人も多いでしょう。

(それだけ男という生き物は、単純で能天気なのです。)

ここでは、今までなかなか触れられなかった、

男の謎

をいくつか解き明かしてみたいと思います。

男はなぜおっぱいが大好きなのか?

〈理由1〉おっぱいはお尻を真似て進化した?!

男がなぜ「おっぱい」が好きなのかを説明する際、「お尻」のことを抜きにして語ることはできません。

なぜなら、「おっぱい」は「お尻」を真似て進化したものだからです。

順を追って説明しましょう。

 

「おっぱい」と「お尻」が豊かに張り出しているのは、ヒトのメスだけの特徴です。

ヒトの祖先である類人猿は、乳腺が体の中にあり、長い乳首で子供に授乳するため、おっぱいは膨らんでいません。

ですから、類人猿から、ヒトへ進化する際に、おっぱいが膨らんだのだと考えられます。

 

では、その時、何かが起きたか?

ヒトは類人猿とは違って、二足歩行を始め、正常位の交尾をするようになりました。

当然、正常位で交尾をすると、お尻を見ることができません。

それまで、発情したサインがお尻に出ていたわけですから、ヒトのオスにとっては、行為の最中、お尻が見れなくなってしまっては、興奮度が上がらず、残念極まりないこと。

 

そこで、おっぱいが、お尻を真似る形で発達したのです。

その証拠に、「胸の谷間」と「お尻の割れ目」を至近距離で見ると、区別がつきません。

少なくとも男には、どちらもそそるものなのです。

〈理由2〉柔らかいもの、自分にないものへの憧れ

これは男性に限らずなのですが、柔らかいものは、脳に快感を与える作用があり、強い緊張を緩めてくれます。

そのため、「女性の豊かな胸に飛び込んで、リラックス効果を得たい」という潜在意識が、男のおっぱい好きを決定づけている面もあります。

また、「自分にはないもの」への憧れ、さらには、「母性への郷愁」といった面もあるでしょう。

(余談1)口紅を塗った唇は、肛門を表している?!

真っ赤な口紅は、セクシーさを強調し、男を誘惑する効果が高いと言われますが、

上で説明したように、「おっぱい」が「お尻」を真似て進化したと考えると、これにも説明がつきます。

「お尻」にとって「肛門」があるように、「おっぱい」にもそのような“要素”が欲しかったのです。

「豊かに張り出したバスト」と「真っ赤な口紅」がセットになると、男は、より強く本能的な欲望を刺激されます。

(もちろん、人それぞれ、度合いの違いはあります。)

(余談2)歳を取るとお尻派に?!

男性の多くは、歳を重ねると、若い時よりも一層、女性の「お尻」が気になってきます。

これは、歳を重ねるにつれて、四足歩行で、後背位でしか交尾をしていなかった時の記憶が、蘇ってくるからかも知れません……。

かといって、「おっぱい」への興味を完全に失ってしまう男性などいませんが。

→いざ付き合い出すと冷たくなる男の心理

なぜ男は朝立ちするのか?

〈理由1〉朝は男性ホルモン濃度が高い

男のテストステロン(性欲を司る男性ホルモン)濃度は、明け方に一番高くなり、日が沈む頃に一番低くなります。

これは、太古の時代、日の出とともに狩りに出かけていた頃の名残です。

〈理由2〉膀胱が満タンという証拠

ペニスを立たせる勃起神経を包み込む前立腺は、膀胱のすぐ下にあります。

寝ている間に、膀胱が満タンになって勃起神経を刺激すると、やっぱりペニスは立ってしまうのです。

(余談)朝立ちの有無はEDと関係なし

男の朝立ちは、視覚的な刺激を受けて起こっているわけではありませんし、心理的な背景もないので、たとえ、女の側がその気になってコトに及んでも、さっさと済まされて終わりです。

つまり、朝立ちと性欲は、それほど関係がないのです。

「朝立ちがないこと」=「EDの疑いがある」と考える人もいるようですが、EDの診断基準に朝立ちの有無は含まれません。

EDは、あくまでも、性行為の時の、勃起の状態や満足度で診断します。

なお、EDの原因は、「男としての自信を失う」などの心理的要因がほとんどですので、気にし過ぎるのが一番よくありません。

→セックスは女がリードし過ぎてもダメ

なぜ男は女にいちいち小さなウソをつくのか?

〈理由〉女の機嫌をとり、たくさんセックスするため

男は、年齢と経験を重ねれば重ねるほど、愛とセックスに関しては、女にウソをつくことを覚えます。

それは、男がウソつきだからというより、正直に答えると、女が不満を覚えたり、怒り出したりするからです。

男は基本、女に幸せでいてもらうためには何でもします。

なぜなら、それがたくさんセックスする近道だからです。

→男はとにかく5回セックスしたい

 

これは、男の本能的な特徴なので、不誠実とか、計算高いなどと、女が怒っても仕方がありません。

男のつく小さなウソの例

よく言うセリフ①

(巨乳の女とすれ違って)君という人がいるのに、よそ見なんかするはずないでしょ!

 

豊かなバストの女性を見ると、その視覚情報を取り込んだ男脳では、たちまちドーパミンが噴出し、セックスに向けた反応が自動的に起こります。

これはその時の、男の心境や、パートナーへの愛情とは全く無関係です。

でも、それをとがめられると、男はウソをついて否定するしかありません。

よく言うセリフ②

AVなんて興味ないよ!

 

もしこれが本当なら、いまや国内5,000億円産業とも言われるインターネットのアダルトビジネスに縁がない、奇人変人レベルの男ということになります。

インターネット全サイトの68%はアダルトとも言われているのに、1度も見たことがないなんて、まだ、「サンタクロースは実在する」と信じているほうがマシです。  

よく言うセリフ③

君の友達と寝るなんて、想像したこともない

 

これも真っ赤なウソ。巨乳でスタイル抜群の女友達がいる時はなおさらです。

男は彼女とのセックス、それもかなりきわどいセックスをいつも妄想しています。

でも、実行するかどうかは別なので、あまり目くじらを立てないように。

→「女性経験の多い男ほど浮気する」は本当か?

こんな男たちを許してやってください

――いかがだったでしょうか?

 

ここまでを読んで、

 

何て男って、しょうもないのかしら!

 

と思っても、無理はありません。

 

しかし、男も、どんなにカッコつけて、表面を取り繕ったところで、“本能に操られる奴隷”なのです。

分かってあげてください。

いえ、同情してあげてください。

 

特に、一番最後に紹介した、男がつくウソなどは、いっそ、利用しちゃえばいいのです。

 

男女の関係は、基本的に、

男が狩りをして獲物をとってきて、女は子孫を育てるといったように、「モノ」と「サービス」の交換です。

→運命の人はここにいる!

 

たとえ、男がつかざるを得ないウソをついていることが分かっていても、わざとらしく責め立てて、

 

じゃあ、許す代わりに、あれ買って(これやって)!

 

と何かお願いしてみる、なんてのはどうでしょうか?(笑)

 

男の性質以前に、彼との相性に問題を感じる場合は、一度、本格的な『占い』で鑑定してもらうこともオススメです。

→男が女の外見を重視する理由

 

 

 

 

他にもこんな記事があります