簡単に体を許しちゃダメ!あなたと彼ではセックスに対する考え方が全然違う!

「早く体を許しちゃったほうが、彼はもっと私を好きになってくれるかな……」

と考える人もいるでしょう。

しかし、ちょっと待ってください。

“セックスに対する積極性”は、性格や考え方以前に、男性ホルモンのひとつである「テストステロン」が影響しており、基本的に男性のほうが、常にその濃度が高くなっています。

つまり、男性と女性では、セックスに対する捉え方が全然違うのです。

ここでは、

男女それぞれのセックスに対する「意識」と「意味」

を解説します。

男と女でセックス観はこんなにも違う!

1980年代に、フロリダ州立大学で行われた実験によると、

そこそこ魅力のある見知らぬ「女性」とのセックス

を承諾した「男子学生」は、76%

 

一方、

そこそこ魅力のある見知らぬ「男性」とのセックス

を承諾した「女子学生」は、ほとんどゼロ%

だったそうです。

「男子学生」のほうは、相手の女性が魅力的であればあるほど、セックスに乗り気になる割合が高くなり、しかも、興奮して大喜び

「女子学生」のほうは、相手がいくら魅力的でも抵抗が大きく、多くは、当惑、驚き、怒りといった感情を示したとのこと。

 

この実験結果は、男女のセックス観の違いを、如実に表していると言えます。

 

『男』にとってのセックスは、

肉体的な満足が最優先で、

責任もあとくされもない関係は、むしろたまらない魅力。

外見が気に入りさえすれば、たとえ出会ったばかりでも、セックスに臨もうとします。

 

でも、女は、違います。

 

『女』はセックスしたいかどうかを、

相手の気持ちや態度など、さまざまな要素で判断します。

それは、およそ以下のような要素です。

 

女性がセックスしたいかを決める基準

・ちゃんと私を愛している?

・これから私との関係を続ける気がある?

・他に女はいない?

・お金(もしくはお金を稼ぐ能力)を持ってる?

 

また、男と知り合ってからの“期間”にも関係があります。

 

魅力を感じている男性と出会って5年経てば、ほとんどの女性が彼とセックスをしたいと考えるようになるものの、

わずか半年では、まったくその気が起きない、という研究結果もあります。

冒頭で、

 

早く体を許しちゃったほうが、彼はもっと私を好きになってくれるかな……

 

といった、女性の心情を紹介しましたが、

基本的に、

 

男は、女よりも、セックスすることに熱心で積極的だが、そこには何の感情も入っていない

 

ということを、しっかり認識しておくべきでしょう。

……さらに少し補足すると、

女性は、

・テストステロン濃度が高くなった時か、
・妊娠しやすい排卵期

にしかその気になれず、肉体的な満足のためだけに本当にセックスしてしまうのは、女性全体の20%程度であると言われています。

 

(※なお、テストステロンは、他人と競うなかで分泌量が増加する性質があります。激しい競争に身を置いている女性は、性欲が少し強めかも知れません。

→長続きしない恋は、テストステロンが足りない?!

女は簡単に体を許すと、マイナスなことばかり

ほとんどの男は、“遊びのセックス”は、終わったらすぐに忘れてしまいます。

男の脳の中では「愛」と「セックス」は完全に別物だからです。

男は、たとえ、その相手とのセックスが一度限りであっても、満足度が高く、罪悪感をほとんど感じません。

 

しかし、女は、後悔の念に襲われたり、自尊心が傷ついたと感じることが多いようです。

 

なぜか?

それは、女は「愛」と「セックス」を分けることができないからです。

→女は男より浮気しない?

このことは、科学的にも立証されており、2008年に、ダラム大学のアン・キャンベル教授は、

一夜限りのセックスを経験したことのある1,743人

を対象に、その後の感情を調査したところ、

 

男性は、「性的な満足度が高く充実して自信が出てきた」という答えが多く、全体の80%が自分の“やりにげ”に対し、比較的、前向きな感情を持っていることが分かりました。

 

一方、女性で、満足できた人は、全体の54%

これはおそらく、セックスは恥ずかしいもの、汚らわしいものという古いセックス観が頭をよぎるからでしょう。

また、とりわけ、罪の意識にさいなまれていたのは、40歳以上の女性だったとのこと。

若い世代は、それほどではないものの、やはり、満足度は低く、自己嫌悪を覚える人もいたようです。

→なぜ女はワルい男に惹かれるのか?

 

もうひとつ、別の観点から、女性が簡単に体を許すことのデメリットを言うならば、

誰とでも寝る軽い女だと思われる

ということです。

 

男は、愛とセックスが別物だから、やり逃げできるぶんには、とりあえず喜ぶのです。

しかし、自分が簡単にその体を手にできたということは、自然と、

 

他の男でもこうなんだろうな……

 

と考えてしまいます。

 

ですから、

あなたが簡単に体を許すような女になってしまうと、

生涯の伴侶を真面目に探している男からは、見向きもされなくなってしまう

ということは気に留めておいていいでしょう。

 

当然、シングルマザーになる可能性も高まります……。

→そもそもの、男と女がくっつく意味

女が男に体を許す2つの意味

では、改めて、女が男に体を許す意味について、考えてみましょう。

大きくは以下の2つです。

①男が長期的なパートーナーにふさわしいか評価する

セックスは、男の魅力や、資源、寛大さ、自分との相性などを知るいい機会です。

ただし、女の場合、相手に妻や彼女がいないことが分かってからでないと、なかなか踏み切れません。

(男にとっては、相手の女にすでに決まったパートナーがいるということは、結婚を迫られたり、面倒くさい要求をされたりする心配がないので、むしろありがたかったりします。)

→男の見た目を重視しなくてはいけない理由

②自分の市場価値を知る

セックスは、女が自分の市場価値を正しく知る手段です。

自分の価値を低く見積もり過ぎると、本当なら“資源”をたくさん持つ男を捕まえられるのに、低いランクの男で手を打ってしまいます。

反対に、自己評価が高過ぎると、最初は高ランクの男をものにできるかも知れませんが、やがて男は事実に気づいて、自分に見合った女を他に探すようになります。

(男はそういうことがすぐには分かりません。)

ちなみに、

恋人が出来てもすぐに裏切られる女は、自尊心を回復させるために別の男に体を許します。

言ってみれば、これは、自分の市場価値についてセカンドオピニオンを求めているのです。

男の態度をよく見ること!

上の2つをごく簡単にまとめると、

セックスによって、

⚫︎相手を深く知ることができるし、

⚫︎「この人なら……!」と思える人に体を許すのであれば、あなたの自尊心を高めることができる

ということです。

 

……当然、

あなたに体を許すことを迫ってくる男の態度でも、その男の“レベル”を推し量ることができます。

けっして、勢いに流されないようにしてください。

→レベルの高い男が寄ってくる方法

 

 

ついでに、『番外編』として、あともう2つの「女が男に体を許す意味」を紹介しておきましょう。

(番外編)セックスで利益を得る

「売春婦」は世界最古の職業とも言われるように、いまも原始的な狩猟・採集生活を行なっている社会では、女たちは、食べ物や装飾品、タバコを獲得するため、相手を選ばずにセックスをしています。

セックスには、そのように、利益(=物質的な対価)を得るために行うという側面もあります。

(番外編)より優秀な遺伝子を残すため

女のパートナー探しの条件として、気前よく“資源”を与えてくれることはもちろんですが、より優秀な遺伝子を持つかどうかも重要になります。

優秀な遺伝子を受け継いだ子は、健康で豊かな生活を送れる可能性が高くなるからです。

この欲求が最高潮になるのが、月経周期の真ん中ぐらいに訪れる排卵期で、一番妊娠しやすいこの時期には、“生き残りに有利な遺伝子を持つ男”とセックスしたくなります。

→男はなぜおっぱいが好きなのか?

男の言葉には“裏”がある!

どんなに表面的にはやさしくても、男の言葉には裏があります。

例えば、こんな感じです。

 

(うちに遊びに来ない?)

僕の部屋でセックスしない?
(君って何てきれいなんだ!)

君のきれいな顔は、僕の遺伝子を残すのにぴったりだ。セックスしよう!
(その服、似合うね!)

君の魅力が増幅されてたまらない。セックスしよう!
(嘘のない関係でいよう!)

そのほうが、いつか浮気がバレた時に開き直れるしね!

 

 

……こうして見ると、馬鹿馬鹿しく思えますが、女は自分がこうしたセリフを言われると、真実だと思いがちです。

 

また、男から、こういう発言を引き出そうともします。

そのため、相手がただの遊び人なのか、理想の夫に相応しい男なのか区別ができなくなってしまうのです。

こういう発言が引き出せた時点で、すでにあなたの“自尊心”は満たされ、“市場価値”は掴めたのですから、

急いでそれ以上進まなくても、ひとまず、ホッとしていいはず。

 

くれぐれも、後で、後悔の念や、自己嫌悪に襲われないよう、慎重にコトを進めましょう!

 

彼の本当の気持ちを探ってみるには、『占い』利用がオススメです。

→男がとにかく女の外見にこだわる理由

 

 

 

他にもこんな記事があります