“いい人”はなぜ面白くないのか?でもだからといって危険な相手に走っちゃダメ!

次の恋愛こそ、結婚まで進めたい!と思って、地に足のついた“いい人”を探しているんだけど、以前の恋人と比べて、どうも接していて面白くない……

という悩みを抱えている人は少なくないようです。

ここでは、

いい人はなぜ面白くないのか?

そして、

危険な相手に走りたがる女性の心理

について解説します。

こんな恋、思てたんと違ーう!

一般的に“いい人”とは、こんな男でしょう。

・親切
・頼りになる
・責任感が強い
・愛情が豊か

まるで申し分のない男です。

ですが、女性はただこのような男性に出会っても、結局は、興味をなくしてしまうことがよくあります。

 

それは、なぜか?

一言で言うと、

 

恋人とは、自分の魅力の大きさの投影

 

だからです。

 

平凡で月並みな恋人を持っていれば、自分も平凡で月並みで、ひどい場合には、退屈な人間だと思われかねません。

それは女性たちにとって、できることなら避けたいことです。

 

また、女性は誰しも、「自分は特別……」と思っているところがあります。

恋をすると、何か強烈な、そしてうっとりするような、気持ちを味わえるんじゃないかという期待を持っています。

ところが、“いい人”には、そのような気持ちの高揚がまったく足りません。

 

せっかく恋してるのに、全然ドキドキ、ハラハラせえへんやん。こんなん、思てたんと違ーう!(なぜか関西弁)

 

というわけです。

 

そして、これこそが、“いい人”に面白味を感じない理由です。

→知っておきたい恋の3つのリスク

「恋に恋する女性」はこんなタイプ

恋に、気持ちの高揚を求める、いわゆる「恋に恋する女性」というと、単に、乙女チックで、幼稚な女性と解釈されることがほとんどですが、

これは、より専門的に言うならば、

“愛”と“憧れ”を混同している女性

ということです。

 

“愛”と“憧れ”は、一見同じように見えますが、実は別のものです。

 

“愛”とは?
満たされるもの。その愛が相手に受け入れてもらえれば、満足感はもっと大きくなる。
“憧れ”とは?
望んでも得られないものに対する飢餓感。また、手に入れたい人が手に入らない、あるいは、すり抜けていってしまうことからくる緊張のこと。

 

こうした“愛”と“憧れ”の混同ぶりが特に激しい女性は、

以下の2つのタイプに分かれます。

 

①相手の男性が、自分を愛してくれていると分かった途端、嫌になって、次から次へと新しい男性を渡り歩く。(このタイプは、前の男性と別れる時に、必ず「立派な」理由をつけます。)

 

②いつも、絶対に手に入らない男性ばかり探し求めている。(いくら愛しても愛が返ってくることはないので、いつまでも憧れを維持できるというメリットもある。)

→「本物の愛」の条件とは?

これらはいずれも、愛に対する飢餓感が影響しているのですが、このような女性は、幼い頃に「父親」から十分な愛情を受けてこなかったケースが少なくありません。

 

父との触れ合いや、父性的な愛に対する憧れを抱いた少女が大きくなって、自分の経験や感情を言葉で表現できるようになると、“求める気持ち”が“愛”だと思ってしまうのです。

すなわち、彼女たちにとって、

恋とは、“手に入っていること”ではなく、“追い求めること”

なのです。

→両親との関係性があなたの恋を邪魔してる?!

男性の魅力に欠かせないものとは?

もし、あなたが、

 

自分には、恋に恋するところもあるけど、この気持ちのモヤモヤは何とか消してしまいたい……。

 

と思うなら、

男性の魅力とは何なのか?

を、改めてじっくりと考えてみることです。

 

大多数の女性にとって、容貌のよしあしは、必ずしも直接、熱中や夢中と結びつく条件ではないはず。

あまり見かけがパッとしなくても、女性に人気のある男性はいくらでもいます。

→あなたがなぜかナルシスト男に惹かれるワケ

では、女性は、男性のどんなところに惹かれるのでしょう?

カリスマ性?
名声や権力?
頭の良さ?
仕事に成功していること?

 

実は、

女性が、男性を素敵だと感じるのに欠かせない条件は、

『神秘性』なのす。

 

神秘性に、何かあと1つか2つ魅力的な長所が加わった人物がいれば、たいていの女性は、まるで磁石のように、その男性に引き寄せられていくでしょう。

女性には、何か危険な匂いがして感情を惹きつける相手に突進していく傾向があるのです。

→女が不良と年上に惹かれる理由

なぜ女性は男性の『神秘性』を求めるか?

なぜ女性が恋愛において、相手の『神秘性』を求めてしまうかは、男女の恋愛観の違いを見ていくと分かります。

 

男性は、仕事やスポーツで成功することこそ、最大の目的だと教えられて育ちますが、

女性は、愛情あふれる生活(素晴らしい男性を見つけること)こそ、人生の最大の目的だと教えれられて育ちます。

ですから、男性は、女性ほど、恋愛に重きを置くことはなく、気持ちの高揚や緊張感を求めることなど、ほとんどありません。

反対に、女性は、ある意味、「恋愛こそすべて」なところがありありますから、ついそこに緊張、リスク、気持ちの高揚などを望んでしまうのです。

 

したがって、恋愛においては、

男性は、相手に神秘性など求めず、保身に向かいやすく、

女性は、相手の神秘性を求め、より危険な精神状態に突っ走りやすい

ということです。

→なぜ元彼を忘れられないのか?

秘密めいた男より、オープンな“いい人”のほうが素敵では?

話を本題に戻すと、

“いい人”なんだけど面白くない人には、この『神秘性』が、絶対的に欠けているわけです。

 

ですが、女性が、男性の神秘性に惹かれてしまう理由は、上で述べましたね。

 

改めて、よ〜く考えてみると、どうでしょうか?

 

神秘性とは、実際、それほど魅力的なものでしょうか?

 

女性は、男性が単に、自分の内心の不安を押し隠そうとして、ぶっきらぼうにしているだけなのに、

「ミステリアスでかっこいい!」

などと思ってしまうことがよくあるものです。

よく分からないぶん、想像を膨らませられる部分も大きく、勝手にそこに大きな期待をかけているのです。

→ヤリチン男の心理とテクニック

確かに、何かとハラハラさせてくれる男性は、飽きさせず、魅力的かも知れません。

 

しかし、問題は、女性がハラハラするような魅力が、実は、彼の不安感から生まれているものであり、けっして2人の関係を育むものではないということです。

 

女性は、ともすれば、隠しだてのないオープンな男性(いい人)よりも、よく分からない秘密めいた男性のほうが素敵だと思いがちですが、

後者のような男性は、実は見かけほど素敵でも何でもないということを、知っておいたほうがいいかも知れません……。

→男が「好き」と言わない理由

 

 

 

他にもこんな記事があります