「いい別れ」は「いい出会い」の始まり!しっくりこない相手とは上手に別れよう!

1人の異性と出会って、恋をし、その後、相手が自分にふさわしくないと気がつくことは、極めて“健全なこと”です。

中には、一発で的中させる人もいますが、普通は、自分にぴったりのパートナーを見つけるために、いくつかの恋を繰り返すものです。

ですが、いたずらに数を重ねていくだけでは、いつまで経っても、そのようなパートナーとは巡り会えません。

というわけで、ここでは、

しっくりこない相手と上手に別れることの大切さ

について、解説します。

別れ方がまずいと、また同じ失敗を繰り返す

恋を重ねるごとに、より理想に近い相手へ、確実に移っていくためには、

何より、別れ方に気をつけなくてはなりません。

 

大抵の場合、

女性は、自分があれほど尽くしたのに報われなかったと思い、「恨み」を持ってしまいます。

一方、

男性のほうは、女性の不満に対して責任を感じ、「罪悪感」にとらわれがちです。

 

そのような“心のしこり”を残していると、

 

もう一度、過去に戻ってやり直せるなら……

 

といった後悔の念から、また、同じような相手に惹かれ、また、同じような失敗を繰り返してしまうことになります。

 

そのような悪いパターンに陥らないためには、「恨み」や「罪悪感」といった閉鎖的な感情ではなく、肯定的な感情を持って、別れることが大切です。

“いらぬ努力”はやめ、上手に別れよう

心にしこりが残る別れ方をしてしまう原因の一つに、「交際期間が長過ぎる」ということがあります。

 

こういうカップルは、「そもそも相手を間違えている」ということを認めようとせず、何とか、自分やパートーナーを変えようと、“いらぬ努力”を続けてしまいます。

 

それはどんな努力かというと、

例えば、

 

ココとココはいいけど、ココはちょっと問題だな……

 

と思いながら、問題の箇所を改善してくれるよう相手に求めたり、もしくは、自分の側でそれを問題でないように思い込もうとしたりする、そんな努力です。

 

「理想に近い」に過ぎなかった自分たちの関係を、むりやり、「理想の関係そのもの」にしようとするから、フラストレーションを起こし、ひいては、その恋が、心にしこりを残す別れとなってしまうのです。

 

たとえ、

2人の関係をよくする、とっておきのテクニックがあったとしても、そもそも、最良のパートナー同士ではない2人の仲が、劇的に改善することはありません。

 

大切なのは、そのような相手とは上手に別れることです。  

 

(交際を始めたくらいですから、確かにいくらか相性がいい部分もあったのです。ですから、“ベスト・パートナー”としての位置を求めず、“友人”としてなら、よい関係になる可能性はあったかも知れません……。)

→浮気した相手を切るかどうかは交際期間で決める

男女が惹かれ合う4つの要素

なぜ、上に説明したような、肯定的な感情を持って上手に別れることが大事なのかというと、

きちんと“心”が開かれていなければ、魂から惹かれ合う感覚が掴めないからです。

交際相手との間には、基本的に「肉体」「感情」「心」「魂」といった4種の惹かれ合う力が働きます。

もっとも高次の「魂」から惹かれ合うことによって、本当の愛が生じるのです。

 

・「肉体」→欲望
・「感情」→親愛の情
・「心」→関心
・「魂」愛!

 

肉体的な引力や、感情的な引力による結びつきであっても、

「心底愛してる!」

といった気持ちにはなります。

しかし、それは見せかけの愛です。

 

心の引力魂の引力による結びつきでなくては、本当の愛は生まれず、生涯にわたって持続することはありません。

→偽物の愛の見分け方

(余談)セクシーな人ほどすぐに飽きられる?!

少し脱線するかも知れませんが、

魅力的な容姿を持っている女性ほど、肉体的な引力に惹かれて、多くの男性が集まってきます。

当然、肉体関係に重きを置き過ぎている男は、お互いが本当のパートナーとしてふさわしいかが、分かっていません。

(あまり深く考えない、ということもあるでしょう。)

もともと、肉体的な引力は、それより高次の「感情」、「心」、「魂」の引力が生じていなくては、保たれないものですから、

意外にも、魅力的な容姿を持つ女性ほど、男性から飽きらてしまうのも早かったりします。

→美人ほど外見を褒められても喜ばない

しっくりこない相手とは別れて当然

「引力」などと、少し難しい言い方をしましたが、

 

要は、

⚫︎しっくりこない相手との関係は長引かせないようにしよう!

⚫︎最良のパートナーに確実に近づいていくためには、一つひとつの恋を上手に切り上げよう!

ということです。

 

(どれだけ自分を盛り上げようとしても、最良のパートナーではない相手に対しては、どこか“引っ掛かり”を感じているものです。そしてそれも、心が開いていてこそ感じ取れるものです。)

相手に愛され、「結婚したい」と思ってもらうための戦略や駆け引きは、確かにあります。

しかし、

たとえ、策を巡らして、その相手と結婚しても、本当にふさわしい相手でなければ、その後の人生がずっと幸福であるという保証は、どこにもありません。

 

あなたが覚悟しなくてはいけないことは、

相手が自分にとっての最良のパートナーであると確信が持てるようになるまでは、たいてい、5つのステージを時間をかけて進んでいかねばならないということです。

 

「出会い」から「結婚」までの5つのステージ
⚫︎第1ステージ惹かれ合う】

「あ、この人いいかも!」
⬇︎
⚫︎第2ステージが揺れる】

「本当にこの人なのかな……?」
⬇︎
⚫︎第3ステージ相手を1人に決める】

「私のパートナーは、きっとこの人!」
⬇︎
⚫︎第4ステージ親密な関係になる】

「何だかもう家族みたい……」
⬇︎
⚫︎第5ステージ【プロポーズと婚約】

「この人と結婚したい!」

 

当然、

「いくつかの恋を繰り返す」ということは、「すべての人と、この5つのステージを経験する」ということではありません。

 

しっくりこない相手とは、

どこかのステージで別れを決断しなくてはならないのです。

→運命の人は“見た目”もしっくりくる?!

あなたにふさわしい相手は、あなたの「心」が決める!

結婚は、多くの人にとって、人生最大の決断と言えるものでしょう。

そのように、大事な相手を選ぶ際は、

 

これだけ愛し合っているんだし、仲がいいんだから、結婚してもいいのかな……

 

とか、

 

この容姿と、この条件なら、結婚してもいいかぁ……

 

みたいに、「頭」で決断を下すものではありません。

→告白されても嬉しくない人の心理

あなたの「心」が開いていて、そこにふさわしい相手がいれば、

言葉ではうまく説明できないけど、間違いなくこの人……!

 

みたいに、自然と分かるものです。

 

だから、

常に「心」が開いていなくてはならないのです。

 

だから、

恨みや罪悪感を抱かず、肯定的な感情を持って、一つひとつの恋を上手に切り上げなくてはならないのです。

→ただ、いつも同じ別れ方をしている人は要注意!

しっくりこない相手と別れることを、不用意に恐れてはいけません。

「愛されていたのに拒まれた」とか、「裏切られた」などと、落ち込む必要はありません。

 

しばらくの間、私を愛してくれてありがとう。
でも、お互いにふさわしい相手じゃなかったみたいね。
がっかりしてるし、傷ついてもいるけど、許してあげるわ。
どうかお元気で。
これで私は、また、自分にふさわしい相手を探しために、新たな一歩が踏み出せるわ。

 

と、あくまでもポジティブに、心を開いたまま、現実を受け入れればよいのです。

→モテ女が相手を1人に決められない理由

 

 

 

他にもこんな記事があります