これが当てはまればその不倫は「偽物の愛」かも?【偽物の愛の見分け方】

現在不倫中のあなたは、夫以外の男性を愛してしまった恋の喜びと苦しみに、心が揺れ動いていることでしょう。

しかし、あなたが「愛」だと信じているものは、単なる「幻」にすぎない可能性があります。

ここでは、

「偽物の愛」の見分け方

をご紹介します。

「偽物の愛」11の特徴

以下に挙げる項目が当てはまっていれば、あなたの今の不倫は、「本物の愛」ではなく、「偽物の愛」と言っていいでしょう。

(1)“情”と“愛”とを混同している

たとえ、はじめは愛していなくても、関係を重ねるうちに相手の男性に“情”がわく、それが女の姓(さが)です。

それは、“愛”ではなく、“情”ではないですか?

(2)性の快感を愛だと思い込んでいる

単調な毎日を繰り返す結婚生活に比べて、束の間の逢瀬は、刺激的です。

現実のわずらわしさから開放されたあなたは、別人のようにリフレッシュしているはず。

ただお互いだけを求め合う関係に、あなたは自然と、遠い10代の時の恋を重ねているのかも知れません。

華やかな恋の気分に酔うのは心地よいことですが、そこに「愛」があるとは限りません。

(3)愛される心地よさに酔っているだけ

日頃の夫への不満と相まって、その心の隙間を埋めてくれる愛人の存在は、あなたの中で次第に大きくなっていきます。

けれどそれは、彼が、あなたを愛してくれ、いい気分にさせてくれれるから、あなた自身も彼に対して「愛」があるように感じているだけではありませんか?

→結婚生活へ不満はどれくらい?「不倫指数テスト」

(4)ロマンチックな雰囲気に幻惑されている

2人だけのひとときは、まさに愛し合うためだけの時間です。

歯の浮くような甘いセリフも、この時ばかりは、何の抵抗もなく口にできるでしょう。

永遠の蜜月の中で愛し合う恋人たちは、その“ロマンチックな雰囲気”に幻惑されているのかも知れません。

(5)会えないからこそ想いは募る

会いたいのに会えないもどかしさ。手が届かないとなれば、なお一層欲しくなるもの。

それを「愛」と錯覚するのは、よくあることです。

(6)愛を勘違いしている

彼は本当に私のことを愛している? 2人はこの先どうなるの?――そうした不安は情熱の火をあおります。

いつ別れが訪れるか分からない関係だからこそ、必死で愛人との絆を結ぼうとする、そんな確かさを求める気持ちを「愛」だと勘違いしていませんか?

(7)相手の妻への対抗意識がある

彼にとって自分は常に“2番目の女”。それは耐え難いことです。

彼の妻には負けたくない、もっと自分の方を向かせたい、そうした対抗意識を「愛」と錯覚していませんか?

(8)相手(愛人)を美化し過ぎている

現実感の乏しい関係において、相手を美化するのは、ままあること。

あなたが知っているのは、彼の“とっておきの顔”だけです。

例えば、金銭上のトラブルや仕事の上での失敗に彼はどう対処するのか、疲れたりイライラしている時はどんな感じか? 四六時中一緒にいたらどうなるか? 家族や友人とはどう付き合っているのか?――そういった実際の生活では避けて通れない部分が、スッポリ抜け落ちているのです

愛人がいざ夫になると見えてくる真実は、多くあるでしょう。

(9)現実から逃げたいだけ

結婚生活に行き詰まってはいませんでしたか?

努力はしたけど夫は相変わらず……、不満は山ほどあるけど自分1人でやっていく自信がない……、心密かに救世主が訪れるのを待ち続けていたあなたの前に、夫にはないものをたくさん持った彼が現れた――

そのような場合、あなたが求めていたのは、“彼自身”ではなく、“彼によって救われること”だったのです。

→万が一、不倫がバレたらこう対処しましょう

(10)幼い日の父親への想いをダブらせている

人は誰しも、幼い頃、異性の親に強い憧れを抱きます。

女性の場合には、父親を1人の男として慕います。他ならぬ母親が恋のライバルというわけです。

成長するにつれ、それが許されない恋であることを、人は学んでいくものですが、夫と愛人との“三角関係”に身を置いた時、この幼い日に封じ込めた思いが溢れ出すこともあるのです。

(11)“愛の夢”に溺れている

誰かと一体になりたいという強い願望を抱く人の中には、自分が何者かつかめないという人が少なくありません。

常に誰かがそばにいないと自分が消えてしまいそうで怖い、そんな思いに夫が答えてくれない時、彼女たちは、“愛の夢”に溺れることで、愛人と1つになろうとするのです。

→不倫と潜在意識の関係

「偽物の愛」で不倫を正当化していませんか?

――いかがだったでしょうか。

 

おそらく、1つも当てはまらなかったという人は、ほとんどいないのではないでしょうか?

 

心理学者のシャーリー・グラスによれば、155名の女性を対象に調べた結果、その77%は、「愛は、不倫を正当化する」と考えていることが分かったそうです。

 

これだけ愛があるんだから、不倫とはいえ、これは正しいことなのよ!

 

と開き直ってしまうということですね。

 

男女の関係に心の絆を求める女性にとって、最も許せないこと、それは、セックスが目的の不倫です。

愛があれば不倫でもかまわない、だけど、性の誘惑に負けるのは最低……、

そんな彼女たちが、自ら禁断の恋に身を投じる時、そこには幻であっても、「愛」がなくてはならないのです。

 

しかし、

上の項目と照らし合わせてみると、あなたが「愛」と信じていたものは、根底から揺らいでしまったのではないでしょうか?

 

とは言え、それは何も恥じることではありません。

まずは、ここに、“気づく”ことが大切なのです。

→では「本物の愛」とは??

 

 

 

他にもこんな記事があります