【決定版】運命の人と出会う方法と見分け方~笑うタイミングをよく見よう!

運命の人と出会うには、自分から行動して、できるだけ多くの人と出会うことです。

出会わなきゃ何も始まらないわけですから、そこに疑いを挟む余地はありません。

では、なぜ、行動が起こせないか?

それはズバリ、“道筋”が見えないからです。

というわけで、ここでは、

運命の人を見つける道筋

を細かく解説していきます。

まずは過去の恋愛にけじめをつけよう

人は、納得しないと行動に移しません。

運命の人を見つける道筋とは、具体的に言うと、

どこに行って、
何をやって、
どんな人を、
どんな視点で探せばいいのか?

ということです。

このように道筋がハッキリして、自分自身が納得していないと、いつまでも経っても「だって、だって……」を繰り返すだけ。

 

ただ、このコラムでは、もっと前の段階にも触れちゃいます。

それは、過去の恋愛の整理です。

→あなたの過去が恋愛や結婚生活の邪魔をする

 

出会いの場に臨むためには、気持ちが吹っ切れていなくてはなりません。

そこで、運命の人を探す前の準備としての考え方をお教えしましょう。

別れたからこそ、次の人と出会える

例えば、

「好きな人と別れて、辛くてしょうがない」

と言っている人がいるとします。

そんな人は、たいてい、

「次の人のことなど、考えられない」

と言います。

 

別れたことに対して、悲しみの感情はあっても構いませんが、すこーし先のことを考えてみましょう。

 

もし、これから運命の人と出会った時、あなたは、“今、誰とも付き合っていないからこそ”、その人とのことを前向きに考えられるのです。

 

恋の痛手に苦しむ私……そんな、ある種、ドラマの主人公のような気持ちになって、悲しみに浸るのもいいですが、

人間の脳には「自衛本能」がありますから、あなたの脳は、いつまでもその悲しみに付き合おうとしません。

(気分が下がり続けていると、体の免疫力も下がります。)

 

しばらくすると必ず、あなたの脳は、“次の相手”を探そうとしてモゾモゾと動き出します。

それを素直に受け入れてください。

次に付き合う人のほうが間違いなくレベルは上

人間とは、死ぬまで成長し続ける生き物です。

 

ですから、絶対的な法則として、

前に付き合っていた人よりも、次に付き合う人のほうが、確実に人格レベルは上

です。

 

今までだって、魅力的な人があなたの前に現れていたのかも知れません。

ですが、

あなたがその人の魅力に気付けるだけ“成長”していなかったから、気付くことができなかったのです。

 

一度痛い目を見たあなたは、何段階も進んだ“人を見る目”を持って、「本当に魅力的な人」を見抜くことができるようになっているでしょう。

あなたの運命の人がいる場所は?

結婚相談所、お見合いサイトは極力スルーしよう

さて、次は、

「どこに行って、何をやればいいのか」の部分です。

 

いろんな方法がありますが、結婚相談所やお見合いサイトは、あまりオススメしません。

なぜかというと、“お手軽”過ぎるからです。

人任せ、コンピュータ任せだと、あなた自身の成長がありません。

あなた自身の成長がなければ、「本当に魅力的な人」も見つかりません。

(万が一、いたとしても、あなたには見抜けません。)

 

それに、あなただって、そういったサービスを、どこかで“下”に見ていませんか?

自分が誇れることをしていないのに、“そこ”で出会った人を尊重することができるでしょうか?

あなたが過去の恋愛を断ち切り、“恋人探しモード”のスイッチを入れるために登録するのなら、悪くはないかも知れませんが、

基本的には、このようなサービスはスルーでよいと思います。

自分と価値観が近い人と出会う方法

一番良いのは、

あなたが自分を磨こうとして、何か新しいことを始めること

です。

 

そこには、必ず、あなたの成長がありますから、

・「本当に魅力的な人」に出会う確率
・それをあなたが見抜ける確率

の両方が高くなります。

 

まず、何か習いたいことを見つけましょう。

 

絵や、ダンス、写真など、昔から興味はあったけれど、なかなか挑戦できなかったことが誰にでもあるはずです。

例えば、植物の育て方に関する講座を受けて、実際に植物を育ててみるのです。

スキューバダイビングの講座を受けて、週末、海に行って潜ってみるのもいいでしょう。

そうした過程で、たくさんの人と出会うはず。

当然、趣味が同じなのですから、価値観や信念の近い人がいる可能性が高いです。

新たに同性の友人をつくるのも大いに結構です。彼女たちが独身の友人を紹介してくれるかも知れません。

ただし、パートナー探しだけを目的にしては駄目です。きちんと計画を立てて、真面目に取り組みましょう。

熱心にやればやるほど、パートナーと出会える確率も上がります。

→モテの究極法則は二等辺三角形!

【現実派向け】理想の相手を見逃さないためには?

ここからは、いよいよ、運命の人を見つける道筋の中の、

「どんな人を、どんな視点で」

の部分に入っていきます。

 

私たちの脳は、

その時、興味を持っていることだけを選択して、あとは無視してしまう性質

があります。

(テレビを“ながら見”していても、自分が普段から気にしているワードには、ピクッと反応しますよね? あれです。)

 

これは、パートナー選びにも応用できます。

 

あなたの理想のパートナーはどんな人なのか、

その特徴を、できるだけ詳しく書き出してみましょう。

 

遠慮する必要はありませんが、現実を忘れてもいけません。

好きな芸能人の特徴をそのまま書き出しても、さすがにそれは無理というもの。

 

でも、これだけは保証します。

 

理想のパートナーの条件をリストにした瞬間、あなたの周りには、その条件を満たした異性が、次々と出現するはずです。

(正確には、出現するというより、まず、見逃すことがなくなります。)

 

この方法の良いところは、

時間の節約にもなって、無駄な失恋を回避できることです。

自分の理想のパートナー像がはっきりしているから、そこから外れた異性にアプローチされた時に、はっきり断ることができるのです。

 

例えば、目安として、

「条件の70%は合っていて、残り30%も気にならない」と思える相手なら、お互いをもっと知るために、交際してみてもいいでしょう。

でも、20%しか条件を満たしてない相手だったら、「この人なら変わってくれるかも……」というおかしな期待を抱かず、さっさと忘れるのが身のためでしょう。

→見た目重視でいいの? 恋愛期に陥りやすい落とし穴

【感覚派向け】自分と相性の良い人を見分けるには?

あまりにも現実的なやり方をお教えしましたが、

そもそも、『理想の人』=『運命の人』とは、限りません。

また、相手を採点しようとばかりしていてもいけません。

(あなただって採点される立場です。)

→男が大事にする女の特徴

 

『運命の人』というのは、究極的には、

あなたと相性の良い人、

つまり、『いっしょにいて楽しい人』

です。

 

最後に、“感覚”を重視するあなたのために、とっておきの、

あなたと相性の良い人の見つけ方

をお教えしましょう。

笑いの感性が同じ人とは相性抜群!

講座や懇親会に参加したら、自分と同じタイミングで、同じ長さだけ笑っている人を見つけてみてください。

同じタイミングで笑えるというのは、ものすごく良い相性です。

一緒にいる時の面白さが、全然違います。

 

笑いのタイミングが全然違う人と結婚すると、悲劇です。

夫のほうが笑っていても、妻のほうは「何がおかしいわけ?」となります。

そんな夫婦の生活は、おそらく、とてもつまらないものになるでしょう。

 

もし、同じタイミングで同じ長さだけ笑っている人が見つかったら、すぐに名刺を持って行って、

「あなたと私は、笑いの感性が一緒だから……」

と言って強引に口説いてみてください。

洋服の色が同じ人とは縁が濃い!

ダメ押しでもう1つ、面白いポイントをお教えしましょう。

 

独身の男性と、独身の女性で、例えば、白いシャツに、ベージュのズボンというように、上下の洋服の色が同じという人がいます。

 

同じ色の洋服を着た独身の男女が、同じ日に同じ会場に来た場合は、ものすご〜く縁の濃い人です。

→どこに出かければ出会える?

――ぜひ、これらのポイントを心に留めておくといいでしょう。

 

いいですか? 繰り返しますよ?

 

何かの集まりに参加をした時、

笑いの感性が同じで、
しかも、洋服の色が同じ人がいたら、

その人こそ、あなたと相性抜群の『運命の人』です。

→男はいつ結婚する気になる?

 

他にもこんな記事があります