なぜ復縁したいなら押しまくるよりほっとくほうがいいのか?相手の迷惑になる努力は全て無駄!

「この人はいったいどんな人なんだろう?」と魅力を感じて始まる恋心もあれば、

新しい相手に気持ちが向かず、「かつてのあの人と、もう一度結ばれたい!」という恋心もあります。

いずれもロマンチックな恋愛ですが、後者の「復縁」には、相手をいくらか知っているだけに、独特の難しさがあります。

ここでは、そんな復縁のコツを解説します。

復縁にあたって、まずは現在の状況分析を!

そもそも別れた原因は何だった?

復縁のアタックを検討する前に、まずは、なぜ別れたのか、その原因をしっかりと認識しておかなくてはなりません。

原因をしっかり把握していれば、復縁までの道筋はだいたい見えてくるからです。

 

「男女が別れる原因」は、大きく分けて、この2パターンです。

 

どちらかに、恋愛を続けられなくなる何らかの問題が起きた(=「物理的原因」)

どちらかが、違う相手に目移りをした(=「心理的原因」)

 

そして、もう一つ、大事なポイントは、

 

自分から振ったか?

相手から振られたのか?

 

です。

もう触れたくない過去かも知れませんが、ここは辛い気持ちをこらえて、よーく思い出してください。

 

「原因」についてですが、

復縁を目指す人にとってはおそらく、別れた原因は、①(物理的原因)であったほうが、気持ち的にはラクでしょう。

しかし、実際、こちらであることは稀です。

よーく経緯を思い出すと、どちらかの目移りや浮気、もしくはそれに対する疑念が、最終的に、別れという決断へと導いたのではなかったですか?

よーく思い出してください。

 

そして、

「どちらが振ったか?」についても、

はたして、あなたの認識は、相手と一致しているでしょうか??

原因が分かったら、あなたがやるべきこと

原因が分かったら、復縁に向けてあなたの取るべき行動が見えてきます。

 

もし、別れた原因が上に挙げた①物理的原因(=相手が事故に遭った、連絡手段を失ったなど)であったなら、対処法は、ごくシンプルです。

冷静さを保ったまま、2ヶ月ほど沈黙し、その後に、自分の近況を短く書いたメールを送るといいでしょう。

(それで返事が来なければ、さらに数ヶ月待ってメールします。)

一方、

別れた原因が②心理的原因(=いずれかが目移りした)という場合ですが、

 

あなた側の他の人への目移りが原因だった場合は、

「謝罪して、復縁を目指すというルート

 

反対に、相手側の他の人への目移りが原因だった場合は、

「許して、復縁を目指す」というルートへ、

進むことになります。

 

ただ、ここで注意しなくてはならないのは、

「相手側が目移りしたのは、本当に相手側だけに問題があったのか?」

ということです。

多くの場合、相手が他に目移りするということは、あなたへの不満が発端となっています。

 

いくらあなたが「許す」側といっても、ここを見落としてしまうと、復縁は実現はしません。

安心しすぎて、相手を軽く扱ったり、おろそかにしていたり、などということはなかったでしょうか?

ぜひ慎重に、自分の反省すべき点を見つけてください。

→なぜ元彼を忘れられないのか?

冷却期間はどれくらい必要?

「謝罪する」にしても、「許す」にしても、一度別れてしまった以上、復縁を図るには、

 

どれくらいの冷却期間が必要なのか?

 

ということを考えなくてはいけません。

つまり、復縁するために、

「今すぐモーションをかけられるケース」と、

「しばらく冷却期間をおかなくてはいけないケース」

に別れるということです。

 

これは分類すると、以下のようになります。

 

今がチャンスかも!?

別れが穏やかだったため、その後も友だち関係が続いている
➡︎この場合は下手に時間を置かないほうがいいです。いけるうちにいきましょう。

復縁したい相手のほうから連絡がきた
➡︎相手に心境の変化があったことが分かります。チャンスと見ていいでしょう。

相手が現在の恋人とうまくいっていないことを知った
➡︎不安定な状況だけにあなたを頼りにするかも知れません。

 

残念!まだ冷却期間が必要……

お互いが険悪な感じで別れた
➡︎相手も怒っているでしょうし、何より、自分の中でもまだ復縁に対し若干迷いがあるのではないですか?

別れた後も連絡できていたが、返信が目に見えて減ってきた
➡︎おそらく、“別れたあなた”とのやりとりを面倒に感じてきたのでしょう。ここは勇気を出して、一度連絡を絶ち、相手の気持ちをリセットしたほうがよいです。

相手の新しい恋人ができたと知った
➡︎あなたも経験したことがあるように、「♪恋が走り出したら、君が止まらない」状態です。そんな時には誰だって別れた相手からの連絡は耳に入りません。

別れた後も、体の関係だけが続いている
➡︎なぜ、彼女ではないのに肉体関係を持つのか、それはあなたが“昇格予定のない二番手”だからです。一度距離を置いて、あなたの大切さを再認識させる必要があります。

 

なお、下の「まだ冷却期間が必要なケース」においては、その冷却期間は、だいたい1〜3ヶ月と考えてください。

→シンプル版「復縁3原則」

 

「沈黙」を効果的に使うべし!

さて、ここまで、現在のあなたの状況を振り返ってもらいましたが、ここからは、復縁するにあたっての心構えや考え方について触れていきたいと思います。

普通の恋愛とは違う「復縁」の難しさ

復縁したいと願っているあなたは、また2人が結ばれるまでの流れを、どのようにイメージしていますか?

当然、お互い、相手のことを、すでにかなりの部分知っているのですから、ある境目さえ越えてしまえば、一足飛びに仲良くなれる可能性はあります。

しかし、これはけっして、全く新しい相手と結ばれるよりもハードルが低いわけではありません。

むしろ、高いかも知れません。

いえ、そのハードルを低くするか高くするかは、ひとえにあなたの心構えにかかっています。

 

まず、しっかりと、頭に入れておかねばならないのは、「普通の恋愛」と「復縁」には決定的な違いがあるということです。

というのも、「復縁」においては、

・積極的に動いたぶんだけ親密になれる
・会う頻度が高くなるとお互い好きになる

という「普通の恋愛」において当たり前のことが、全く当てはまらないからです。

 

一言で言うと、「復縁」においては、「好意を表さないほうがいい場合もある」ということです。

 

なぜかというと、

一度別れているため、よりをもどしたところで、また同じ原因で別れることになってしまうのではないかと、相手は警戒してしまうのです。

誰だって、自分から進んで“傷つきたい”人はいません。

 

そんな時、あなたに対して、「あれ? もしかして、また自分と付き合いたいと思ってるのかな?」という気持ちが起こると、

「変に気を持たせるとかわいそうだな、距離を取ろう」
「勘違いされると面倒なことになりそうだな……」
「もう、あんな思いをするのはごめんだな……」

という思いから、あなたを避けようとします。

ですから、

もしまた、接触できたり、メールのやりとりができるようになったりしても、

一度、相手への気持ちはなくなった素振りで、あくまでもライトなスタンスで接しましょう。

そのほうがかえって、相手も前向きに対応してくれます。

 

これこそが、復縁を望む者の基本的心構えです。

→元彼を忘れられる裏ワザがある?

焦ってはダメ!「沈黙」が最大の武器

「不用意に好意を表さないこと」、「相手にすがりつかないこと」、これらは、復縁を実現させるために、最も重要なことです。

そして、その究極は、「沈黙」です。

相手のテンションが低いのに、あなただけ盛り上がってはいけません。

再びメールのやりとりができるようになったとしても、必ず、相手のテンションに合わせた返事をするようにしましょう。

 

返信が来ない場合でも、うろたえてはいけません。

そんな時は、迷わず沈黙してください。

 

沈黙には、

 

復縁したいという気持ちを悟られない効果
相手がかつてあなたに抱いた嫌な思い出を、徐々に忘れさせる効果

 

という効果があります。

ここで、

なぜ沈黙がそれほど「復縁」の武器になるかを、

ちょっとした例え話で説明しましょう。

 

あなたと相手が育んだ愛情は「植物」です。

でも一度、それは枯れてしまいました。

あなたはそばに落ちていた「タネ」を拾って、また「芽」が出ることを望んでいます。

「芽」が出ようとも、まだ出る気配すらなくとも、「土の中」には、まだ「枯れた根っこ」が残っているのです。

そんな状態で「芽」の成長を望もうとも、「土の中」をきれいにしない限りは、成長できません。

「土の中の古い根っこ」は放っておけば、土の中の微生物が分解してくれます。

そうして、いつしか「古い根っこ」が、きれいに取り払われること、これが「沈黙」なのです。

 

「押してダメなら引いてみな」というより、

 

「押しまくるより、放っておけ!」

 

……これが、復縁における最大の奥義と言えるでしょう。

→連絡の来ない相手への対処法はこちら

努力は相手の迷惑になる?!

頑張り屋のあなたは、焦りも拍車をかけて、「どんなメッセージを送れば、相手の心を動かせるか?」と、必死に頭をひねろうとするかも知れません。

 

そんな時によくある失敗は、心配をかけて気を引こうとする作戦です。

実はこれこそが、最大の禁じ手です。

「体調が悪い」などというメールがそれに当たります。

 

たとえ、相手がやさしさから、「大丈夫?」と返事をしてきたにせよ、

その後に残る気持ちは、

「別れてもなお、自分の精神状態をかき乱してきおったな……」

と、ある種、迷惑を被ったという怒り」です。

それと同様に禁じ手なのが、不安からのメールです。

冷静さを失い、玉砕覚悟で、

「いやだったら言ってください」
「すみませんでした。もうメールしません」

などとメールをしたところで、事態が好転することは100%ありえません。

 

これらのメッセージには脅しにも近く、返し方も難しいため、相手にとっても迷惑ですし、あなたの気持ちも、それこそグシャグシャになってしまうでしょう。

 

ですから、復縁実現のためには、

「くっそぉ! いったい、どうすれば……?」

などと頭をひねる努力は全くの無駄、かつ相手にとって迷惑であり、やはり、「沈黙こそ最強の武器である」ということを忘れないでください。

→女性が失恋から立ち直りにくい理由

復縁が成功したら……

復縁した後、長く続くかどうか?、そもそも復縁したほうがいいのかどうか?は、誰にも分かりません。

友人や占いなどに相談して、客観的な意見をもらって、それを元に、ひとり静かに考えてみるとよいでしょう。

→悩みを人に話すことの効用とは?

世の中には、何度もの危機を乗り越えてなおラブラブなカップルは、無数にいます。

あなたの場合も、長く続く関係の中で、たまたまちょっとした危機が、別れまで発展してしまっただけなのかも知れません。

 

最後にここで、

もし復縁がうまくいった場合、どんなことに注意したらいいか

について、少し説明しましょう。

自分の魅力を磨き続けることを忘れずに!

当たり前の話ですが、法律上、あなたはけっして、“意中のあの人と”しか、結婚できないわけではありません。

 

「いや、あの人とじゃなきゃダメなんだ!」

とこだわっているのは、あなたのです。

 

「他にもっといい人なんているわけがない!」

と思っているのも、この世の絶対的事実ではなく、あなたのがそう決めているだけです。

 

その自分の心に苦しめられているなら、あなたは今、「恋の虜(とりこ)」になっちゃっているわけです。

 

……いや、この表現はちょっとロマンチックすぎますね、

「恋という“麻薬”の依存症患者」

と言ってもいいでしょう。

→恋ってくだらないものだった!?

つまり、

理性で自分をコントロールできなくなっているのです。

 

「このつまらない日常を変えるには、彼(あるいは彼女)という麻薬が必要、それが欲しくて、欲しくて、ガルルルル……!」

となっているのが、現在です。

彼(あるいは彼女)がいなくても、「1人ででも夢中になれる楽しみ」を見つけることによって、どんな時でも自分をコントロールできるようになり、どんな局面にも動じなくなります。

 

そしてこれは、恋愛関係がうまくいっている時でも大切なことです。

 

あなたと相手とは、「人と人の関係」なのです、

「ペットと人間との関係」ではないのです。

 

人と人は、お互いに依存しあってその関係を保つのではありません。

お互いに尊敬し、高めあっていってこそ、「人と人」です。

 

恋は人生に潤いをもたらしますが、人生はそれだけではありません。

 

たとえ、復縁がうまくいこうとも、いかなくとも、「あなた自身の魅力」を磨き続けることを忘れないでください。

ですから、ぜひ、「1人でいても幸せ」と言い切れるような、「これをやっていると時を忘れる」と言えるくらいの、“大好きなこと”を見つけてください。

 

(人と比べるとまたモヤモヤが生まれる可能性がありますから、どちらかというとやっぱり、“完全に1人で打ち込めるようなこと”がオススメです。)

お互いの「ありがとう」が関係持続のための最大のエネルギー

人間が、男と女に別れているのは、“それぞれの役割”があるからです。

お互いに得意分野があり、不足を補いあいながら、向上しあいながら、人間の歴史が続いてきました。

→男の本能が取らせるこんな行動

 

相手にやってもらったことに感謝する、

そしてそれをきちんと口に出す

これが大切です。

なかなか「ありがとう」と言わない人は、

「言わなくてもちゃんと感謝はしている」

と言いますが、

相手の心の中には

〈どう思ってるのかな?迷惑だったかな?余計だったかな?〉

というモヤモヤが少し残ります。

 

それをスッキリ晴らせてあげるのが、

「ありがとう」という言葉です。

相手と長く一緒に過ごすためには、常に、相手からしてもらったことに感謝の気持ちを持ち、「ありがとう」という言葉を言い忘れないようにしてください。

 

復縁を願う相手に対しても、ただ気持ちを燃え上がらせるだけでなく、

 

「あの人にはあんなこととも、こんなこともやってもらったな………」

「あの人のおかげで自分はこんなにも成長できたな……」

といったことに思いを巡らせると、少しは気持ちがラクになってきませんか?

 

そのまま執着するにしても、手放して他のことに目を向けようとも、いずれにしても、あなたの幸運を祈ります。

→「引き寄せの法則」とは意外にも執着しすぎないことだった!

 

 

他にもこんな記事があります