失恋後、他の人を好きになれない人の心理とは?4つのタイプとその特徴

失恋した後は、好きだった人を「忘れよう」と思う気持ちと、「忘れたくない」と思う気持ちが交錯するものです。

そのせめぎ合いの中で、「もう他の人を好きになれなくなってしまった……」と感じる人も少なくありません。

ここでは、

失恋後、他の人を好きになれなくなってしまう4つのタイプ

について解説します。

失恋後、他の人を好きになれなくなってしまう【4タイプ】

①男性に対するチェック項目が異様に多くなるタイプ

まず、ひとつ目に挙げるのがこれです。

 

別れの痛みが、まだ完全には癒えていない中で、

 

もう失敗はできない!

 

と意気込むあまり、男性に対するチェック項目が異様に多くなってしまうのです。

世の中に完全な人間などいるわけがありません。

このような姿勢を取っていれば、せっかく手に入るものも、無意識のうちに拒んでしまい、ますます孤独から抜け出しにくくなってしまいます。

 

そんな女性は、男性のどんなところを見ているのか、彼女たちの心理をのぞいてのぞいてみましょう。

 

この人は、私の体が目的に決まってる。真剣な付き合いを望んでいるとは思えないわ……。

 

こんなにハンサムで魅力のある人は、他の人からも言い寄られるだろうから、浮気するに違いないわ……。

 

仕事を頑張ってるみたいだけど、それだけ仕事に夢中なのね。きっと私より仕事を優先するわ……。

 

若い女性が好きなのね、私が歳を取ったら飽きられそう……。

 

もし、この人と付き合ったら、親や友達がどう言うかな? きっと妥協したと思われるはず……。

 

――見てお分かりのように、どれも決めつけ(思い込み)です。

 

もちろん、相手をチェックしたいと思うのは、悪いことではありません。

相手が自分の要求や望みをかなてくれる人かどうかを確かめるのは大事なことです。

 

ですが、チェックのし過ぎから、心を閉ざしてしまうのは問題です。

 

あなたが求めるべきは、「パートナーの完全さ」ではなく、「自分にとって完全なパートナー」であることをお忘れなく。

→別れた相手との復縁を願ってしまう心理構造

②傷つくことを恐れ過ぎてしまうタイプ

たとえ孤独であっても、一人でいれば、誰かから傷つけられることはありません。

男性よりも、女性は特に、失恋後、いつまでも「寂しさ」や「悲しさ」にしがみついてしまう傾向があります。

 

しかし、いつまでもそうしていると、「寂しさ」や「悲しさ」は、やがて、「絶望」へと変わっていき、そこから離れられなくなってしまいます。

 

このタイプは、なぜこのようになってしまうかというと、「寂しさ」や「悲しさ」以外の感情を排除しているのです。

中でも明確に排除しているのは、怒りの感情です。

 

怒りを十分に感じてこそ、「寂しさ」や「悲しさ」から解放されることができます。

逆に言えば、怒りを押し殺していると、いつまで経っても、心が癒されることはありません。

→失恋から立ち直りたいなら存分に怒ろう!

③元彼を美化し過ぎてしまうタイプ

これは女性に限らず、男性にもよく見られるタイプで、

 

あの人を超える人がいるはずがない!

 

と思い込んでいるのです。

 

このように思っていれば、他の人を好きになれないのは、当たり前の話です。

前の相手に対して、まだ“愛着”を持っているわけですから。

(好きとまで言えなくても、“愛着”を持っているのは確かです。)

 

このような人にぜひ気付いてもらいたいのは、

他の人は、前の相手に劣るのではなく、

ただ違っているだけ

ということです。

 

前の相手とは別の人格を持った別人なのですから、前の相手と同じ気持ちにさせてくれるはずがありません。

そのように、前の相手を尺度にしていると、再び愛を得るチャンスは狭くなる一方です。

 

前の相手との比較をやめろと言われても、すぐにはやめられないかも知れません。

しかし、

いったんハードルを下げるつもりで、複数の男性をデートを重ねてみるのもいいでしょう。

→再び人を愛するためにしなくてはならないこと

④他の人を好きになったら裏切りと感じてしまうタイプ

最後の4タイプ目は、とても潔癖で、誠実な感じのする、

 

別の人を愛したら、彼を裏切ることになってしまう!

それに、『この先もきっとこんなに人を好きになることはない!』と思っていた自分の気持ちを嘘にしたくない!

 

と考えるタイプです。

 

確かに、このような考え方は、一見美しいです。

ですが、自分を大切にしていません。

 

それに、別れた彼にしたって、あなたが幸せになることを望んでくれているはずです。

 

いつまでもこうやって、過去を美化し続けることは、そうした望みを報いず、“逆に”あなた自身が、彼を裏切っていることになります。

 

愛は、誰にとっても必要なものです。

たとえ、別の誰かと幸せになっても、前の相手との愛の日々を、否定することにはなりません。

 

失恋して辛いのは、

「相手を失った」からではなく、

「相手からの“愛”が得られなくなった」からです。

(相手がいなくなるという意味では、死別もこれと同じです。)

 

愛は、私たちの人生を豊かにしてくれます。

あなたが再び、誰かの愛を得て、幸せになることに、何も問題はありません。

→シングルマザーこそ恋愛すべきな理由

素直な気持ちで愛を求め、受け取ろう!

――いかがだったでしょうか?

 

愛する人を失うと、つまり、“フリー”になるわけですから、当然、目の前には、多くの選択肢が現れます。

 

・前の相手と似たようなタイプを選ぶか、
・まったく違うタイプを選ぼうか、
・誰も選ばない道を選ぶか

は、すべて自分次第。

 

進むべき道を選ぶのは難しいし、ここでの選択が、これから先の一生を左右することもあります。

上で紹介した4つのタイプは、どれも、

失恋の辛さから自分を癒すことがうまくいっておらず、

真実の愛を探す機会を失ってしまっている

と言えるでしょう。

 

ですが、

自分はどうしてこのような思いに囚われているのか?

といったことに気づくことができれば、次の新しい愛を再発見する準備が整います。

あなたには、幸せになる権利があるのです。

 

そして、過去に誰かとお互いに愛し合った経験は、必ず、あなたの魅力の一部となっているはず。

 

もう自分に嘘をつくのはやめて、

素直に、新しい愛を求め、

素直に、他人からの愛を受け取ってみましょう。

 

――「もっともっと自分の気持ちを吐き出したい、 整理してみたい」という場合には、『電話占い』を利用してみるのもオススメです。

過去や現在を言い当てられ、深い共感を示されると、“本当の自分”が顔を出してきます。

→失恋は時間が解決しない?!

「相談してよかった!」の声多数!
便利でホッと癒される電話占い
「電話占いって何?」
の方はこちら
↓   ↓   ↓

筆者イチオシの
電話占いサイトはこちら
↓   ↓   ↓

他にもこんな記事があります