それじゃ無理です…。男選びを根本的に間違っている女性【5タイプ】

「いい縁に恵まれない……」
「いつもハズレくじばかり引いてしまう……」
「どんな男にも惹かれない……」

という女性は、『男性の選び方』を根本的に間違っている可能性があります。

というわけで、ここでは、

男選びを根本的に間違っている女性【5タイプ】

を紹介します。

あなたはどれに当てはまりますか?

男選びに、正しいも、間違いもないでしょ。

自分の感性を信じて選べばいいんじゃない?

 

と思う人もいるでしょう。

 

しかし、

人の感性や考え方には、知らず知らずのうちに染み付いてしまった“クセ”があります。

そのクセによって、いつも同じ失敗を繰り返してしまったり、なかなか良縁に恵まれない人も少なくありません。

 

以下に紹介する5タイプに、あなたが当てはまっていないかどうか、ぜひ、この機会にチェックしてみてください。

①ワルに惹かれる女性

友人から、

 

ちょっと、あの人、本当に大丈夫?

 

と言われるような相手ばかりを選びたがる女性がいます。

 

こういう女性は、自分のためにならない相手だと分かっても、見切りをつけず、それどころか余計に躍起になって、愛を獲得しようとします。

このような心理が働くのは、過去に傷ついた心が癒えていないことが原因です。

 

つまり、

過去に、愛するどころか、憎んでもおかしくなかった相手からの愛を、必死に求めたことがある

のです。

 

そのような心の傷が癒えておらず、自分の感情を整理せず、放置していると、また同じような感情を感じさせてくれるような相手や状況に惹かれてしまう傾向があります。

→女がなぜか不良に惹かれる理由

②やさしい男を求めすぎる女性

一方で、男性に、繊細なやさしさ(デリケートさ)ばかりを求めてしまう女性もいます。

 

なぜ、そうなってしまうかというと、そのような女性は、自分の感情が分からないのです。

 

自分のほうから心を開く気もないくせに、

 

何でも打ち明けてくれるような、心を開いてくれる男性がいいわね

 

と思っているのです。

 

もちろん、男性のほうが心を開くことは必要ですが、男女間においては、まず女性のほうが心を開くことが大切です。

 

それができていなければ、男性が何をしても、女性が満足することはないでしょう。

 

男性に、真に必要なのは、強さです。

相手の女性が自分を必要とする時には、男性は、自分自身の感情を脇に置いてでも、助けようとしなくてはなりません。

お互いに、男らしさと、女らしさを発揮しながら、支え合っていくのが男女関係であり、恋愛です。

 

実際、デリケートさが先行し過ぎている男性と付き合うと、腫れ物に触るように接しなくてはいけないことので、おそらく、うんざりしてしまうことのほうが多いでしょう……。

→手強い“おしゃべりピエロ男”の扱い方

③強烈な情熱を待ち望む女性

会ってすぐに、体が震えるほどの情熱を感じなければ、相手に興味を持てない女性がいます。

 

このような女性は、

 

私の生きる情熱は、男性が目覚めさせてくれるはず!

 

と思い込んでいます。

 

つまり、

自分に内部には情熱を感じられず、理想の男性さえ出現すれば、それによって、愛を感じることができると考えている

のです。

 

しかしながら、「そのような男性には滅多に会えないものだ……」とまでは思っていません。

簡単に言えば、このタイプの女性は、一目惚れをしやすいタイプで、しょっちゅう舞い上がっては、そのたびに失望を繰り返しています。

 

一目で性的に部分に惹かれ、メロメロになってしまうのは、男性なら、おかしいことではありませんが、

女性は元来、心よりも先に、頭に火がつく仕組みにできています。

 

何かビビビとくるような、劇的な緊張ばかりを求めてしまうのは、感受性が弱まっている証拠

その人自身の中に、まだ処理されていない“抑圧した感情”がある可能性が高いです。

→運命の相手は最初ビビビとこない?!

④ロマンスを求め過ぎる女性

上に挙げたタイプと似ていますが、恋愛映画や、テレビドラマのような恋が起こることを期待し過ぎて、恋愛に縁遠くなってしまっている女性もいます。

 

このような女性が求めているのは、完璧な男性です。

この期待を、現実のレベルまで引き下げなくては、どんな男性も希望を満たしてくれることはないでしょう。

 

どうして“並”の男性では満足できないのか、また、どうして常に現状に不満を抱くのかというと、自分がよく見えていないからです。

 

それはつまり、

・自分がどんな人で、どんな人が好きなのか?
・自分は男性に何をして欲しいと思っているのか?
・過去の恋愛がどうしてうまくいかなったのか?

といったことが、整理できていないのです。

 

映画のようなロマンスがこの世にないかと言えば、絶対にないとは言い切れません。

しかし、心を開いて、目の前に起きていることや、すでに手にしてるものに感謝し、満足しなくては、ロマンスは感じ取れるものではありません。

→あなたも「白馬の王子様症候群」かも?

⑤男性の悪い面ばかり見る女性

最後に紹介するのは、恋愛に対して悲観的で、悪いことばかり考えて、恋愛をあきらめてしまっている女性です。

恋人や夫と別れて、辛い思いを経験すると、その後、さまざまな理由をつけて、新しい男性と付き合わなくなるのです。

 

このような女性は、

 

好きになりさえしなければ、傷つくこともないわ……

 

とか、

 

どうせ今の時代、3人に1人は離婚するのだから、無理して結婚することもないわ……

 

と考えています。

そして、そんな自分の言い分を裏付けるため、男女関係で酷い目に遭った人の話を、見聞きするのが大好きです。

 

このような心理が働くのは、過去の心の傷をきちんと癒していないからです。

 

人の失敗談を聞いて安心感を得たとしても、それは一時的なもので、その裏には、寂しさが隠れています。

「永続的な本物の安心感」を見つけるためには、心の傷を癒さなくてはなりません。

 

統計上のデータはともかく、幸せな結婚生活を送っている人も数多くいるのですから……。

→いざ好きになられると逃げたくなる人の心理

男選びは、まず“自分”を知ることから!

――いかがだったでしょうか?

 

どのタイプの女性の心理にも、過去に受けた心の傷が大きく影響しています。

→恋愛マニュアルは実は意味なかった

ですから、間違った男選びをしてしまっている女性は、まずは、自分の心を癒すことに力を注ぐべきです。

もちろん、過去を変えることなどできません。

 

しかし、過去に感じた感情を抑圧して、“なかったこと”にせず、

 

あの時、私はどうしてあんな風に感じたんだろうか?
あの時、私がすごく辛かったのは、〜〜で、〜〜と感じたからだ

 

といったように、自分の気持ちを分析してみると、過去をすべて受け入れることができます。

 

受け入れることによって、これまでフワフワしていた自分の気持ちがしっかりと根を下ろし、冷静になることができます。

そうすればまた、人を愛そうという気力が湧いてくるでしょう。

 

このことに関連して、ドイツの哲学者、ニーチェは、こんな言葉を残しています。

 

隣人(他人)を、自分自身と同じように愛するのもいいだろう。

だが、 何よりもまず、自分自身を愛する者となれ。

 

女性であれ、男性であれ、

『パートナー選び』は、手を正しく見る目よりも、

まずは、“本当の自分”を知り、“今の自分”を認めること

から始まります。

 

――「もっと自分のことを客観的かつ俯瞰的に分析してみたい!」という場合には、『電話占い』を利用するのもよい方法です。

ズバリ言い当てられることで得られる、新たな気付きも多いでしょう。

→間違ったセックス観が恋を遠ざけているケース

「相談してよかった!」の声多数!
便利でホッと癒される電話占い

「電話占いって何?」
の方はこちら
↓   ↓   ↓

筆者イチオシの
電話占いサイトはこちら
↓   ↓   ↓

他にもこんな記事があります