浮気した彼にこだわるべきか、ここで切るべきかを交際期間で判定する方法

信じていた彼の浮気を発見してしまうなんて、女にとって人生最悪の経験です。

「裏切られた!」と思い、怒り、絶望、嫉妬、あらゆる感情が渦を巻き、混乱するでしょう。

ですが、もし、あなたがまだ独身である場合は、そんな不誠実な男との関係を、何とかしようなどとあがかず、「これは失敗だった」と一蹴してしまいましょう。

え? そんなにすぐ割り切れるものじゃない?

……そうですよね。

ではここで、

浮気した彼にこだわるべきか、ここで切るべきかを交際期間から判定する方法

について解説します。

彼の浮気は本当に“裏切り”だったのか?

浮気される前には、「彼が浮気したって何てことない。こっちからサヨナラしてやる!」と思っていたあなたでも、

いざ裏切りに遭ってしまうと、どんなに傷ついても、失望しても、「この男性を失いたくない」と思ってしまうものです。

 

ただ、

まだ結婚していなかったのであれば、

実際はまだ、“お試し期間”だったとも言えるのです。

彼と別れる可能性は、常に潜在していたはず。

 

……それなのに、こんなに複雑な気持ちになってしまうのはなぜでしょうか?

あなたは恋に夢中になっている間に、いつしか、“ごく基本的なこと”を忘れてしまっていたのかも知れません。

 

それは、

 

・2人の関係が発展するには時間がかかる

 

ということと、

 

・2人の気持ちは同じようには進展していかない

 

ということです。

「私にはこの人しかいない」と思い、あなたが自分の頭の中で“勝手に”2人のルールを作り、それが実際は、まだ、今の2人には早すぎるルールだったかも知れません。

また、

あなた自身はもう深い仲になっているつもりでも、彼はまだ尻込みをしている途中だったかも知れません。

 

彼があなたの“一方的な欲求”に従ってくれないからといって、裏切り者なんて呼んではいけません。

 

テレビや映画では、あっという間に素晴らしい恋人同士になることがありますが、現実にはなかなかそうはいきません。

ロマンチックなことなど全く起こらなくて、関係が発展しないことだってあるのです……。

それを踏まえて、次に、あなたの彼の浮気が、2人の恋愛における、どの段階で起きたことなのかを見てきましょう。

→浮気発見時の心構えはこちら

あなたの彼の浮気は“どの段階”で起きたのか?

一般的に、2人の関係には、3つの段階があります。

 

【第一段階】 彼と出会って、あなたの生活のほんの端っこだけが彼に接触します
【第二段階】 あなたと彼の関わり合いは増し、互いのプライベートな部分は狭まります
【第三段階】 関係が落ち着き、生活が重なる部分が増えます

 

ここで注意したいのは、たとえ、第三段階であっても、2人の人間の生活が完全に重なり合うことはありえないということです。

いい関係には、プライベートな行動をする余裕、1人になれる時間が、必ずあるものです。

→男は「1人になりたい」

ではここからは、

各段階において、浮気はどのように考えられるか?

を見ていきましょう。

 

そうすることで、

相手に期待できるか(運命の相手としてこだわり続けるべきか)、切ったほうがいいかが判断できます。

【第一段階】(最初の3ヶ月)

初めて出会ってから3ヶ月までは、「黙っていても、彼は私だけのはず」などと思わないことです。

いい関係というのは、最初の火がついてから、ゆっくりと燃え上がっていくものです。

一度か二度のデートですっかりのぼせ上がるなんて、相手によりも自分の作り上げた空想のほうに恋しているか、ただ寂しさをまぎらわせたいだけの確率が高いです。

特にあなたが愛情に飢えていた過去がある場合には、気をつけてください。

一緒に過ごす時間が増えてくれば、自ずと精神的に深く結ばれていきます。

「彼は運命の人」と思い込むのは構いませんが、この第一段階は、まだ“お互いをよく知るための時期”であることを忘れてはいけません。

 

※この段階で早くも浮気された場合には、相手があなたほど盛り上がっていなかったこともあるかも知れませんが、ズバリ、切っていいでしょう。

【第二段階】(4ヶ月〜6ヶ月)

順調にいけば、4ヶ月頃までには、2人で過ごすパターンは落ち着いてくるはずです。

ですが、彼と会う回数が増えていかないのであれば(2人の仲が進展しないという場合は)、その関係はそこまでということでしょう。

2人の愛が燃え上がり、お互いがもっともっと一緒にいたいと望んでいる場合であっても、まだ、彼があなただけに決めたと早とちりしてはいけません。

この第二段階は、まだ制約の段階ではないのですが、大事なのは、まずここらで、あなたの希望を伝えておくことです。

「あなたを運命の人だと思ってる」とか、「お互いにとって一番の人になりたい」とか、「結婚を考えたいかも」ということです。

それに対し、「まだ心の準備ができてないけど、考えてみるよ」といったら、少なくともその男性は、「真面目な関係なら、貞節を守るべき」と考えています。

このようなことを話題に出した途端に機嫌を悪くしたり、姿を消してしまったなら、けっしてそんな男を追ってはいけません。(ましてや、そんな話題を出した自分を責めてはいけません!)

このようなことを話し合っているうちに、彼が実はどんな男性なのかが分かってくるのです。

 

・まだまだ1人の女の人に落ち着きたくない男
・仕事に自信が持てるまでは誰とも深い仲になりたくない男
・離婚したての男(いろんな女性を試す時間が必要)

 

上記のようなタイプだった場合は、彼の人生の悪い時期に知り合ったのだということを認識しておきましょう。

→こんな男は選ぶな!

 

ただ、親密になることが少し怖いという男性もいます。そのような男性は、あなたとの関係が深まってくると、ちょっとだけ浮気をしてみようと抵抗を試みます。

そうした微妙な男心からきた「ちょっとした浮気」なのか、そうではなくて「真性の女たらし」なのかは、あなた自身がしっかりと見極めてください。

その際のポイントは、次の3点です。

 

・夜電話しても、いるはずの場所にいない
・会っていない時に何をしていたか聞いてもはぐらかす
・話に矛盾があり、よく嘘を聞かされているんじゃないかという気がする

 

これプラス、大事なのは、

 

彼の過去の女性関係について、ビクビクせずに聞いてみる

 

ということです。

彼がこれまで女性とどのように接してきたかを知ることは、あなたがどのように扱われるかを知るためのヒントとなるでしょう。

繰り返しますが、

「お互いの一番の人になりたい(結婚を考えたい)」という話題を出した時に、彼がはぐらかそうとするならば、あなたと彼との関係への危険信号であることはお忘れなく。

 

※当然、「真性の女たらし」であることが分かったら、そこで切りましょう。

 

→略奪愛も意思の伝達が大事

【第三段階】(7ヶ月〜9ヶ月以上)

順調に2人の仲が進展していった場合、この段階で心の絆が完全なものになります。

この段階にきて、彼が、「このままでいい。結婚や同棲は嫌だ」と言うなら、それ以上の関係は望めません。そのまま関係を続ければ、あなたのほうが不幸になるでしょう。

じっくり彼を説得して、それでもダメだった場合、やるだけのことはやったのだから、次の男性を探しましょう。

ただ、大抵の場合、男はこの段階で、“最後のあがき”を見せるものです。

「自分の選択が間違っていないかどうか確かめたい」
「自分の人生を握っているのは自分であることを確かめたい」

という風な思いを持つのです。

(要するに、ちょっとだけ冷めるのです。恋に溺れて完全に自分を見失うほどの情熱を、女性と分かち合える男など、まずいません。)

このように急激に冷めた彼に対して、無理に手綱をかけようとしてはいけません。

そんなことをすると、彼は「この後もずっと彼女の言いなりになってしまうのかも」と思い込み、その結果、“自分は独立した一個の人間なのだ”と証明するために、浮気をしたりします。

彼を支配しようとはせずに、

「私は、あなたにずっとあなた自信でいて欲しいの」

と安心させてあげましょう。

そうすれば、“最後のあがき”からくる浮気は避けられるでしょう。

 

※そこまでしても、「どうやら彼は私のもとで腰を落ち着ける様子がないようだ」と見極めがついたら、そこで切りましょう。

男を見極めるには勇気が不可欠!

さて、あなたの彼の浮気は、第一から第三までの、どの段階だったでしょうか?

 

付き合い始めると、おそらく第一段階までは無邪気に恋愛を楽しめることがほとんどでしょう。

 

最も肝心なのは、第二段階、すなわち、付き合い出して3ヶ月後〜半年までの間です。

ここで、きちんと、「私はあなたの一番の人になりたい(結婚を考えたい)」とハッキリ伝えれば、彼の人間像の大部分が見えてきます。

 

その上で、彼が浮気をしたのであれば、

“それまでの男だった”ということです。

→不倫男のズルイ心理

第三段階(すなわち交際期間、半年以上)で、彼が浮気をしたのなら、少なからず、あなた自身に若干のミスがあったと言うこともできるでしょう。

 

最後にもう一度、

第一から第三までの各段階におけるポイントをまとめてみましょう。

 

【第一段階】 1人で突っ走ってしまわないように注意! まだ“お互いをよく知るための時期”に過ぎません。
【第二段階】 (表現は何でも構いませんが、)「あなたとの将来を考えたい」と、きちんと彼に伝えましょう。そうしなくては、彼の本性が分かりません。
【第三段階】 「あなたはあなたでいてくれればいいの」と彼を尊重しながら、彼の不安をなだめてあげてください。そうしないと浮気してしまう可能性が高まるかも……。

 

いずれにしても、

 

・2人の関係が発展するには時間がかかる
・2人の気持ちは同じようには進展していかない

 

ということをしっかり認識すると同時に、

 

・1人で突っ走らない
・自分の意思を伝える勇気を持つ
・彼の不安を包み込むやさしさを持つ

 

ように気をつけ、

 

見極めがついたら(危険信号を察知したら)、不幸にならないように自分から身を引くこと

 

が大切と言えるでしょう。

→彼が改心できるのか見極めるポイント

 

おすすめの記事