仕事に集中している男は恋愛に興味がないの?そんな彼を癒してあげられるのはあなただけ!

仕事を頑張っている男性は、女性にとって魅力的に見えます。

けれど、「仕事に夢中過ぎて、恋愛なんて興味なさそう……」という風に見えるのも事実。

果たして、仕事に集中している男性は、恋愛のことなどまったく頭の中にないのでしょうか?

ここでは、

仕事にのめり込んでいる男性の心理と、

男性にとっての「仕事」と「愛」

について解説します。

男は仕事で心が癒される!

まず、大前提として、心に留めておかなくてはならないのは、

女性と男性では、脳の回路がまるっきり違う

ということです。

 

人は、現実逃避したいほどの苦しみ、悩みといった“問題”に直面した時、その辛さから逃げるために、過度に何かに頼って、やすらぎを求めようとします。

男女共に、最も多いのは、セックスに対する依存症で、続いて多いのが、アルコールやドラッグなどの中毒症状です。

いずれも、何かに過度に依存して、感情を抑えようとする点では共通しており、これらは男女ともに同様です。

(ついでに言っておけば、これらで心が癒されることは、まずありません。)

ここからが、男女の大きな違い。

 

男性の場合、自分の“負”の感情を抑え込むために、「仕事に打ち込むこと」が、とても有効です。

そして、それによって、実際、男性の心は癒されます。

 

男性にとっては、他人から感謝されたり、信頼されたりするなど、人のためになる仕事をすると、その時初めて、

 

自分の存在する価値が証明できて本当によかった!

 

と思うことができるのです。

 

しかし、

女性の場合、誰かのために献身的に働きたいという気持ちが、“もともと”備わっています。

そのため、仕事のことばかり考えていると、結果として、自分の感情や要求を抑えることになり、心が癒されることには繋がりません。

 

ですから、女性は、男性とは逆に、

 

あ〜、私もこんな風に、自分の好きなことをやっていいのね!

 

と思えるようなことをやることが、何よりの癒しになります。

度が過ぎない範囲で、欲しいと思っていたものを買ってみたり、好きなものを食べたりするのがよいでしょう。

……さて、話を本題に戻すと、

仕事にのめり込んでいる男性は、何らかの問題から自分が癒されるために、そうしている可能性が大

です。

 

それは、何らかのコンプレックスとの戦いなのか、家族など人間関係のトラブルだったりするのか、問題は人それぞれでしょう。

もしかしたら、失恋の痛手を振り切るために、あえて仕事にのめり込んでいるのかも知れません。

 

ただ、一つ言えるのは、

仕事にのめり込み、他人の役に立つことで、

心を癒そうとしているのだから、

そこに恋愛感情を挟む余地はありません。

(恋愛感情とは、「この人に自分のことを好きになってもらいたい!」というような、ある意味、利己的な感情です。)

 

……とは言え、自分を癒すために、セックス、アルコール、ドラッグに逃げるパターンよりよほど健全ですし、男性として非常に“見込み”があると言えるでしょう。

→恋愛中毒の男の特徴

異常なまでに仕事にのめり込んでいる場合は?

少し余談を挟むと、中には、「素敵!」と思えるレベルを超えて、異常なまでに仕事にのめり込んでいる男性もいます。

 

こうした男性は、要求の多過ぎる女性と別れて、その彼女に対する怒りが残っているために、自分へも過度の要求をしてしまっている可能性があります。

 

まだまだこんなレベルじゃ、幸せなど掴めるはずがない!

女性と付き合えるはずがない!

 

と考え、実現不可能とも思える目標を設定するとともに、自分に多大なプレッシャーをかけているのです。

 

ここまでいってしまうと、仕事が癒しの手段にはならなくなってきます。

他人の役に立つ喜びをしっかりと感じながら働くからこそ、仕事で心が癒されるのです。

(なお、実際に要求の多過ぎる女性との恋に敗れたか、もしくは失恋などしていなくても、「女性とはそれほど要求が多いものだ」と勝手に思い込んでいる場合もあるでしょう。)

 

「もう少し仕事をしたい!」と思うこと自体は悪いことではありませんが、分の“感情的な要求”と“仕事への欲求”のバランスを取ることが大切です。

 

むしろ、そうやってバランスをしっかり取ったほうが、より大きな成功のチャンスも掴めるでしょう。

→彼女いないのに付き合えないってどういうこと?

男にとって「仕事」と「愛」に境界線はない!

女性にとっての理想は、当然、

適度に仕事も頑張り、自分にもしっかりと愛情を注いでくれる男性

でしょう。

 

「仕事」と「恋愛」、そのバランスが大事なのは言うまでもありませんが、多くの女性たちが知らないのは、何よりも、

そもそも男性は「仕事」と「恋愛」に境界線を引いていない

ということです。

 

よくある、使い古されたセリフ、

 

私と仕事、どっちが大事なの?

 

というのは、女性の口からしか出てきません。

(たとえ、専業主夫であっても、男の口からこのセリフが出てくることはまずありません。)

 

男性にとっては、結婚相手選び(恋愛)も、仕事を選ぶようなものです。

 

やりたい仕事がいくつもあっても、どれが自分に一番合うかを考え、最終的には一つに絞り込む……

これは恋愛と一切変わりません。

 

やってみて合わなかったら、やめて次を探す……

これも恋愛と変わりません。

 

合わないのはとっくに分かっているけれど、やめることはせずに、何とか折り合いをつけて、うまくやっていく……

これも恋愛と変わりません。

 

いくら女性の社会進出が進もうとも、男にとっては仕事が命

 

これは価値観や考え方の問題ではなく、本能のレベルでそうなのです。

仕事にのめり込んでいようと、いまいと変わりません。

 

仕事がうまくいき、生活を安定させることができれば、

“プライベート”でも他人(妻や家族)の役に立ち、

喜ばせることができる……

 

ここでいう“プライベートの部分が、「愛」や「恋愛」なわけです。

この通り、どこにも境界線はないのです。

→男の「男らしさ」は女が作ってあげるもの

あなたが彼をいかに癒してあげられるか?

実際、

 

オレ、外での仕事も、家の仕事も、一切しないけど、君のことを、ただただ愛してるよ!

 

と言われて、どの女性が喜ぶでしょうか?

(相手の女性を愛しているから仕事をするわけです。)

 

したがって、

女性が、男性に対して、

 

あの人は仕事に夢中だから、恋愛など興味ないに違いない……。

 

のような見方をするのは、完全にお門違いです。

 

そこに境界線はないのだし、「仕事」と「愛」のバランスが大事なのだから、男性にとって、

 

この人を幸せにしたい!

 

と思う相手がいれば、仕事もより一層頑張れます。

 

たとえ、異常なまでに仕事にのめり込んでいる場合であっても、その男性の感情の欲求を満たし、癒してあげられるのは、女性だけです。

最後に念を押すと、

女性が男性に対して抱く、

 

この人は、女性のことなどほっぽらかして、仕事に熱中するタイプなんじゃないかしら……?

 

という心配は、まったくの杞憂であり、的外れです。

 

もし、本当に相手が激務で、触れ合いの時間が取れないというのであれば、できる範囲で最大限、癒してあげるのが、あなた側にできる愛情表現です。

そして、それは、男性の心に必ず響きます。

 

それでもなお、

 

どうしても、それでは耐えられない、物足りない!

 

というのであれば、あなたに合う相手は、その人ではなく、おそらく他にいるのでしょう……。

 

――『電話占い』には、恋愛相談を得意とし、相手の気持ちを見通してくれる占い師さんも、多くいます。

「もっといろんな角度から、自分の気持ちを見つめ直したい!」という時には、利用してみるのもアリでしょう。

ズバリ言い当てられることで得られる、新たな気付きも多いです。

→別れたばかりの男と付き合うのは危険

 

誰にも相談できない悶々とした悩みを抱えながら、いつも、何でもないふりをして、クールな自分を演じていませんか?

 

周りにいる日常的存在に相談できないのなら、“非日常的存在”に相談するという手があります。

つまり、それは、占い師です。

しかも彼らは、“ちょっと不可思議な力”を持っています。

 

本来のあなたは、もっと素敵なはず。

 

『電話占い』を利用することで、

 

私には、いつでも相談できる“味方”がいるんだ!

 

ということが実感できるようになると、

もっともっと自分らしさを解放した、余裕のある生き方

ができるようになるかも知れません。

→電話占いって
どんなサービス?
→今すぐ無料相談
最大2,500円分無料!

他にもこんな記事があります