美人ほど外見より中身を見て欲しい?それでも男が外見を重視する理由

男が女の外見ばかり評価することに、反感を抱いている女性は多いもの。

それは、美しさに自信がある人だって同じ。

ここでは、

男が外見を重視する理由と、

「美の追求」という強迫観念に縛られる現代女性の苦しみ

について解説します。

男は「視覚情報」で女を選ぶ!

男は自分の遺伝子を残したい

人が人を見る時、

外見を重視するのが浅はかで、中身を重視するのが高尚、ということはありません。

 

男も女も、生き物である以上、性格や考え方の前に、本能があります。

 

男が、若くて美しい女に飛びつきたがるのは、

自分の遺伝子を次世代に残す上で、都合が良いからです。

 

けっして、浅はかなわけでも、下品なわけでもありません。

でも、そう聞くと、

 

だったら、“顔”の美醜は関係ないんじゃない?

 

という声もあるでしょう。

 

実は、その通りなんです。

 

若くて、子供がたくさん産めそうな女性であれば、男性の本能の欲求は満たせます。

 

ここで、

「なぜ、男は女の“顔”の美醜にもこだわろうとするのか?」

を説明する前に、女が男を選ぶ基準について触れておきましょう。

 

女性は男を選ぶ際、その本能から、

男が「資源」を持っているどうか?

を見る傾向があります。

「資源」とは、名声、権力、財力のこと。

これらを多く備えている男のほうが、安定して自分と子供を養ってくれる可能性が高いからです。

 

そしてこれは、本能ですから、男女とも、このような“共通認識”を持っています。

男はなぜ美人を好むか?

もう一度、話を戻すと、

 

男が、女の顔を重視するのは、

自分に「資源」があることを世間にアピールできるから

です。

とびきりの美女を連れて歩けば、自分が「豊かな資源を女に与えられる男」であることを世間に誇示できます。

 

つまり、

「美女」も、高価な美術品、スポーツカー、金の腕時計といった、自分の資源を誇示するためのアイテムのひとつなのです。

 

実際、国に関係なく、外見がよくない女性をパートナーにした男性は、社会的地位が下がるという調査結果もあるようです。

ついでに言えば、

女性のほうは、“外見がよくない男性”を連れていても、評価は下がりません。

 

どんな顔をしていても、それが「資源」のある男であれば、女は上がるのです。

 

いずれにしても、

 

男は「視覚情報」で女を選び、
女は「資源」で男を選ぶ。

 

……これは、性格や考え方以前に、“本能”であることは覚えておきましょう。

→男の見極め方10の基準

「美」を求める女性たちの虚しさ

は、自分の遺伝子を次世代に残したい本能から、「視覚情報」で女を選び、

自分に「資源」があることを誇示したいから、顔の美醜にもこだわる……

 

男が女の外見にこだわる理由は、一応、このように説明することができるのですが、

現代においてはやはり、実際、少しいき過ぎている部分もあります。

 

それは、普段、男が、テレビ・映画・グラビアなどで、現実にはそういないタイプの理想の女性ばかり、目にするようになっているからです。

そうした、世に氾濫する“完璧な女性のイメージ”は、男性を過度に視覚重視にさせるだけでなく、女性たちの競争心も、かきたてる結果になっています。

 

そして、その競争心は、この消費社会においては、企業にも利用されています。

 

男の目を引くために、もっときれいになりましょう!

 

と、女性たちを煽り、服飾品、化粧品、美容整形と言った業界がさまざま手段を売り込んでいるのです。

そんな日常生活の中で、現代の女性たちは、

 

女って、きれいじゃないと、価値がないのかしら……?

 

といった“強迫観念”に縛られるようになってしまいました。

 

さらに、この強迫観念は、女性たちの心に、ぽっかりと空白を生む結果となっています。

女性たちは、

 

きれいにはなったけれど、誰も私の“内面”なんて気に留めてないんじゃない……?

 

といった虚しさを感じずにはいられなくなったのです。

 

分かりやすくまとめると、美しさを求める女性たちの虚しさは、以下のような構造となっています。↓

 

美を求める女性たちの虚しさが生まれる仕組み
視覚情報で女を選ぶ男
⬇︎
メディアが“完璧な女性のイメージ”でさらに煽る
⬇︎
それにより女性も競争心がかきたてられる
⬇︎
美容業界が張り切って女性に商品を売り込む
⬇︎
見事、きれいになる女性たち
⬇︎
「あれ? ちょっと待って。内面、見てくれてる??」

 

実に、世知辛い時代です……。

→恋なんて実はくだらない?!

美人は自分の美しさだけを褒められても困る?!

もともと美人であったにせよ、
努力で頑張って美しくなったにせよ、

そもそも女性自身は、男性ほど、視覚情報を重視しませんので、男性から、

 

あなたの“美しさ”に惚れました! 結婚してください。

 

とだけ言われても、うれしいはずがありません。

これを言う男のほうは、「美しさを褒めたから相手は喜ぶはずだ」と勘違いしていますが、

前述のように、女が本能的に男に求めるのは、「資源」であり、安定的に共同生活を送るための「一途な愛」です。

 

あなたは、僕にとってすごく綺麗だから、結婚してください(付き合ってください)

 

では、女性の本能にも、自尊心にも響かないのです。

→簡単に体を許しちゃダメ!

 

ですから、女性としては、とりあえず、気のない男から“美しさ”を褒められた時は、ただ、「ありがとう」とだけ言っておけばいいでしょう。

(ムッとまでしちゃうと、その美しさがもったいないです。)

もちろん、

男が視覚優先の生き物であるということを逆手に取り、利用することだってできます。

 

いつもミニスカートを履き、胸の大きく開いたシャツを着て、ばっちりメイクを決めれば、“遊び相手”には困らないでしょう。

ただし、あくまでも、つかのまの関係だということを忘れずに……。

→男心にまつわるさまざまな都市伝説を検証!

「美しい」という言葉の本来の意味

女性が、「美の追求」という強迫観念に縛られているということに関して、興味深い話をひとつ紹介しましょう。

 

女性のうつ病患者には、

名前に「美」という字がつく女性が多い傾向

があるのだそうです。

 

これもおそらく、

「美しいと言われたい」
「美しいと思われたい」
「美人ではないと言われるのが嫌だ」

という“美に関する強迫観念”が影響しているのでしょう。

しかし、これは、

「美」の字の本来の意味を知らないから

かも知れません。

 

「美」という字は、「羊」が「大きい」と書きます。

羊の群れというのは、狼などに襲われると、必ず一番大きな羊が出てきて、自分が犠牲になるもの。

狼とて、一番大きな羊が食べられるのですから、他の羊を追うことはしないのです。

 

つまり、

「美」という字は、“外見の美しさ”を表したものではなく、

“自己犠牲の心”を表したものなのです。

このように、“美しい”という言葉の意味をきちんと正しく理解をしておけば、生きるのが苦しくなくなるし、人の目が気にならなくなるかも知れません。

 

群れを救う「大」きな「羊」のように

いかに自分を主張しないで、
自分のわがままを少なくして、
喜ばれる存在になるか、

というのを考えるのが、“美しさ”の基本

 

あまりにも、外見で評価されようとし過ぎてしまうと、かえって、内面が“美しく”なくなってしまうかも知れません……。

 

もっと自分の心の深い部分を知りたいという場合には、『占い』の利用がオススメです。

→いい男が勝手に近づいてくる「モテの究極法則」

 

他にもこんな記事があります