「セックスはもういいや…」結婚後の燃え尽き症候群とは?

結婚と出産を女性の使命だと信じ、それを達成してしまった後は、セックスへの興味を失ってしまう女性がいます。

いえ、このような現象は、男性にも見られます。

そこには、それぞれ、どのような心理が働いているのでしょうか?

ここでは、

結婚後の“燃え尽き症候群”

について、解説します。

そこにある男女それぞれの心理

女性の心理「もう役目は果たした」

結婚し、出産した後、セックスへの興味を失ってしまう女性の多くは、夫や子供を手に入れてしまうと、それで自分の任務は完了だと思っているのです。

もうセクシーに振る舞ったり、感じることもできなくなったわけではありませんが、それまでそれをしていたのは、それが男を手に入れる方法だったからです。

少し誤解しがちなのですが、このようなタイプの女性は、男性の関心を惹きつけるために、セックス好きをよそおったり、オーガズムに達した“ふり”をする女性とは、また違います。

それまでだって、“ふり”はしていなかったのです。本当にセックスを楽しんでいました。

しかし、女性の役割は、夫や子供を手に入れるまでのことと信じているので、彼女たちにとっては、もうセックスの必要がないのです。

一方で、もともと本当にセックスが好きではなく、結婚し、子供を作るために我慢してきた、という女性もいるでしょう。

男性の心理「これで世間体はOK」

男性にも、結婚後、もしくは父親になると、セックスを楽しめなくなるケースは少なくありません。

夫になり、子供を作れば、とりあえずそこで、男として尊敬され、ノーマルだということが証明されると思っているのです。

また、家庭的な男になることが、“出世のパスポート”だと考える人もいます。

このような男性は、そうした目標を達成してしまうと、セックスへの関心は、しぼむか、完全に消滅してしまいます。

もちろん、その中には、同性愛嗜好の人もいます。

彼らは無理して結婚し、子供を作るために自分を奮い立たせてきました。でもいったん、目的のものを手に入れてしまえば、もう女性を相手にセックスをしようとは思わなくなるのです。

→潜在意識が幸せになることを拒否する?!

本人は問題意識を持っていない?!

こうした「結婚後の燃え尽き症候群」にかかっている人は、

自分の心に何が起こっているか、自分自身ほとんど分かっていません。

はっきりと、

さぁ、やるべきことは終わった! 自分はもうセックスのことなんか考えなくていいんだ!

 

と思っているわけではないのです。

むしろ、問題があることさえ気づいていないことも、よくあります 。

ただ何となく、セックスのことを考えるとイライラし、できるだけセックスを避けようとするのです。

次のように、理由を見つけて、自分自身を納得させている場合もあります。

子供が2人もいるんだもの、疲れちゃってセックスどころじゃないわ
家族のために収入を増やそうと、骨身を削って働いているんだ。もうくたくたに疲れているんだ
セックスなんてもう飽きちゃった……
もう年だから、性欲が減って当然。しょっちゅうセックスしたがるなんて、ある意味子供だよ

 

このように、任務を達成し、燃え尽きたと思っている人間は、セックスをしたくないもっともな理由を見つけるのが上手なのです。

→あなたのセックスライフを邪魔している余計な思い込み

では何が問題か?

不幸なことに、どちらか一方だけが「結婚後の燃え尽き症候群」になってしまった場合には、また別の感情が生まれて、事態を面倒にしていきます。

 

まだ“燃え尽きておらず、性欲を失っていない側”は、すでに興味をなくしているパートナーにしつこく迫ったり、そしてそれが拒絶されることに、欲求不満や怒りを感じるでしょう。

相手の心の変化が理解できず、自分を責めたり、「自分はもう魅力的ではないのか」と不安になったりを繰り返すようにさえなります。

それは、絶えず、不安や憂鬱な感情を呼び覚まし、パートナーに自分の魅力を証明しなくてはならないという気分にさせます。

また、パートナーに対して、「他の愛情のはけ口があるんじゃないか?」と疑ったり、嫉妬したりするかも知れません。

一方、“燃え尽きてしまった側”は、まだ欲望の火が消えていないパートナーに苛立ちます。

「なぜもっと理解してくれないのか?」、「どうしていまだに幼いんだ?」、「どうして男って何が何でもセックスしたがるの ?」

といつも攻撃されているように感じ、怒ったとしても無理はありません。

しかしながら、

両方が燃え尽きてしまったカップルであれば、比較的円満な夫婦生活を続けられます。

……夫婦やカップルの問題といったものは、何かと2人の調和が崩れたときに起こるものです。

→夫は妻の出世を喜ばない

満ち足りたセックスライフを送るには?

性医学の権威、ハロルド・リーフ博士は、

 

自分の目標は達成されたと思い、セックスに対する欲望が尽きてしまった人は、その後も一生、欲望を抑制し続けます

 

と言っています。

 

つまり、

上で挙げたように、どちらか一方だけが「結婚後の燃え尽き症候群」になってしまった場合には、

その一方は、以後もずっと、欲求不満などの苦しみを抱えることになるのです。

→夫と本音で話すには?

では、結婚後も、円満で満ち足りた幸せなセックスライフを送るには、どうしたらいいのでしょうか?

 

それは、

自分を魅力的に見せようという努力を怠らないことです。

独身時代、愛の狩人だった2人の大切なゲームは、結婚すると同時に終了します。

そして、ラブラブな期間が過ぎると、彼女は太り始めたり、頭にカーラーをつけた姿を平気で見せたり、 彼のほうはお腹が出始めるかも知れません。

しかし、自分を魅力的に見せようという努力を怠るようになると、夫婦の間でのセックスへの関心も次第に弱まっていきます。

夫も妻も、いつまでも“狩り”をしていた時のように、異性を魅了するために自分を磨き続ければ、もっと多くの夫婦が、もっと多くのセックスを楽しめるようになるでしょう。

→ラブラブ期間はどうやったって2年で終わる?!

 

 

 

他にもこんな記事があります