“嫌な人”はどうして嫌なのか?どこにでもいる“嫌な人”には意外な役割があった!

「組織内にどうしても折り合いのわるい人がいる」
「仲良くすべき人と仲良くできない」
「特定の人からなぜか意地悪を受ける」

といった人間関係の悩みは、よくあるものです。

こういった悩みは、ただ悩んでいても解決しません。

ここでは、

“嫌な人”はどうして嫌なのか?

“嫌な人”とはいったい何なのか?

について、考えていきましょう。

“嫌な人”から身を守るには?

人は自分に似ている人が好き

今、あなたにとって“嫌な人”がいるとしましょう。

「その人がどうして嫌なのか?」

を考えてみてください。

 

おそらく、ハッキリとは答えられない人のほうが多いのではないでしょうか?

 

実は、あなたが人を好きになるのも嫌いになるのもすべて、

その人が自分に似ているかどうか?

が基準になっています。

 

好き・嫌いといった感覚は、潜在意識が大きく影響しているので、理由がハッキリ答えられないのは、ある意味、当たり前なのです。

そして、

人は必ず、「自分に似ている人」を好きになります。

 

なぜか?

自分のいいところを、自分で褒めることはできないからです。

 

「自分と似ている人」のことを好きになることで、自分を肯定しようとするのです。

 

人は、自分のことを好きになろうとする“本能”があります。

 

(分かりやすい例を挙げると、犬っぽい人は犬が好きですし、猫っぽい人は猫が好きです。)

 

もちろん、「自分のことが嫌い」という人もいますが、それは、「現状の自分」と「理想の自分」との落差を嘆いているだけです。

自分を変えれば、“嫌な人”はいなくなる?

本題に立ち返って、

“嫌な人問題”を乗り越えるには、

このような解決策が考えられます。

 

「人は、自分に似ている人が好き」
ということは……
⬇︎
嫌な人に好かれるには、自分をその人に寄せればいい!
そうすれば……
⬇︎
嫌だった人は、自分のことを好きになってくれるから、
もう自分にとって“嫌な人”ではなくなる!

 

……これで一件落着ではないでしょうか。

んなわけありませんね。

あなたの考えていることは分かります。

 

自分を変えてまで、わざわざ嫌な人に好かれたくないよ……

 

という気持ちでしょう。

→誰からも嫌われない方法

“嫌な人”には、「嫌いな自分」が重なって見える

“嫌な人”はどうして嫌なのか?

“嫌な人問題”を、今度は、もう少し別の角度から見てみましょう。

 

上で述べたように、

「人は自分に似ている人のことが好き」なのならば、

 

では、

「自分と似ていない人(まったく違う人)は嫌い」

となるのでしょうか?

 

……これがちょっと違うのです、

「もっと自分を肯定したい」、「もっと自分を好きになりたい」といった気持ちとともに、人には“向上心”があります。

 

そこには、以下のような3つの指標があります。

 

・「未熟な自分」(あるいは過去の自分)
・「現状の自分」(あるいは現在の自分)
・「理想の自分」(あるいは未来の自分)

 

ここでいう“向上心”とは、「未熟な自分」は過去へ消え、もっともっと「理想の自分」になっていくんだ、という気持ちですね。

(向上心の度合いには個人差がありますが、「向上」とは反対の「没落」を望む人はいません。)

 

これに、好き・嫌いを当てはめると、以下のようになります。

 

・「未熟な自分」(あるいは過去の自分)➡︎嫌い!
・「現状の自分」(あるいは現在の自分)
・「理想の自分」(あるいは未来の自分)➡︎好き!

 

要するに、

“嫌な人”はなぜ嫌なのかというと、

自分にとって、自信が持てない部分だったり、未熟だと感じている部分を、まざまざと見せつけられる気がするからです。

分かりやすく言うために、

ちょっと非現実的な例えをすると、

 

「にわとり」になることを目指している「ひよこ」は、「卵」を見たくない

 

わけです。

 

(※ちなみに、相手に自分を重ねて見ることを、心理学用語で「投影」と言います。)

“嫌な人”に本当は嫉妬してる?

さらに例えて言うと、私たちの多くは、

・汚い金儲けをする人
・いろいろと相手を替えては遊び回っている人

を憎らしく思います。

 

これはなぜかと言うと、

自分もそうしたいと思っているにもかかわらず、その願望を抑えているからです。

 

そして、人は、そんな汚い(?)自分に気付きたくないから、

「あんなやり方は卑怯だ。けしからん」

などといった“道義的”嫌悪にすり替えます。

したがって、

嫌な人がなぜ嫌なのか?をもっと突っ込んで言うならば、

 

私だって本当はそれしたいけど、我慢してんのよ!それをなんであんた、しっかりやっちゃってんのよ! マジ、むかつく!

 

という、嫉妬にも似た気持ちがあるからなのですね。

 

ただ、だからと言って、

 

嫌な人に対しては、心のどこかで嫉妬している

 

とは言い切れません。

 

「嫉妬」と「憧れ」は紙一重。

心の奥を覗き込めば、

あなたが嫌な人だと思っているアノ人に、あなたがどこかで「憧れ」の気持ちを持っていても不思議ではありません。

→嫉妬されやすい人にはこんな特徴があった!

“嫌な人”があなたに意地悪してくるのはなぜ?

ここまでを踏まえると、

“嫌な人”は、なぜあなたに意地悪をしてくるか?

ということも見えてきます。

 

意地悪をする対象であるあなたは、もちろんその人にとって、“嫌な人”。

そこには、あなたに対する

「嫉妬」と「憧れ」の混じった“モヤモヤした感情”があります。

 

ではなぜ、それを心の中で思っているだけでなく、意地悪という行為で発現するのでしょう?

 

それは、一口で言うと、

あなたより立場が上であることを証明するため

です。

嫉妬の感情も、憧れの感情も打ち消し、

自分のモヤモヤした感情を処理するためには、

上から押しつぶしてしまうのが一番早いのです。

 

意地悪行為によって、自分が完全に上に立ってしまえば、自分の自信が持てない部分、未熟な部分を覆い隠してしまうことができます。

 

要するに、

弱い自分と向き合わずに済む

のです。

→自己中な人とうまく付き合う方法

 

“嫌な人”がいる環境からは飛び出したほうがいい?!

すべてがあなたにちょうどいい

さて、“嫌な人”の構造が分かったところで、

「じゃあ、どうすればいいのか?」

という問題が残っています。

 

これから述べることは、あくまでもひとつの考え方ですから、聞き流すくらいのつもりで読んでください。

 

お釈迦様の言葉に、

 

すべてがあなたにちょうどいい

 

という言葉があります。

自分の弱さと向き合わずに意地悪をしてくる“嫌な人”は、まだまだ修行の足りないあなたにとっては、“ちょうどよい”存在なのかも知れません。

 

なぜなら、

その人との限定した関係に限らず、世の中は、不合理理不尽の嵐です。

その人とあなたとの関係は、言ってしまえば、世の中のミニチュア版のようなもの。

あなたは、その人のそばで、これからもず〜っと修行する必要があるのです……。

 

な〜んて言われたら、腹が立ちますよね。

(下手すると、私が“嫌な人”になってしまいますね。)

 

だから、こう言いましょう。↓

 

意地悪な人は、人格レベルが低いです。

人格レベルがもう少し高いあなたにとっては、その人と関わり続けることは、“ちょうどよくない”かも知れません。

 

つまり、

何が言いたいかというと、

あなたは、あなたにとって“ちょうどよいところ”へ、飛び出す必要があるのかも知れません。

→あなたの周りにもいる“スネ夫タイプ”との接し方

“嫌な人”はもしかしたらありがたい存在?

嫌な人とず〜っと一緒にいるのは、嫌ですよね。

(あなたが意地悪をされるほうであっても、するほうであって、嫌だと思います。)

 

一つの考え方ですが、

“嫌な人”がいるというのは、「そこはあなたにとって、ちょうどよくないですよ」というサインかも知れません。

ですから、

“嫌な人”というのは、ある意味、あなたに対して、

「そろそろ次のステージに行くべきでは?」

と教えてくれるありがたい存在と言えなくもないのです。

 

……どうするかは、あくまで、あなた次第。

このコラムが少しでも“考える材料”になったら幸いです。

→心が晴れる『トイレ掃除』

 

他にもこんな記事があります