辛い片思いの原因は意外なところに?【彼に好きになってもらえない女性の共通点】

意中の彼が、脈アリと思える態度だったから、密かに期待していたのに、見事に撃沈……。

そんな経験はありませんか?

男性が、たとえ、好意を抱いていても、今一歩踏み込めない女性には、実は共通点があります。

ここでは、

彼に好きになってもらえない女性の共通点

について、解説します。

男は「メソメソしている女」からは逃げる!

結論から先に言ってしまえば、

男性にとって、好意を持っているのに、今一歩踏み込めない女性は、メソメソしている女性です。

 

あなたは、彼に自分のことを好きになってもらうために、どこかで“かわいそうな自分”を演出しませんでしたか?

・憂鬱な顔をして見せる
・深いため息をつく
・彼の前でメソメソ泣いて見せる

こうした行動は、自分のマイナスの感情を“表現”しているわけです。

 

例えば、あなたが無人島にたった1人でいて、そばに誰もいなかったとしたら、こうした“表現”はしないはず。

“表現”とは、誰かに見せて、自分の気持ちや意思を、その人に分かってもらうためにするものです。

 

つまり、

あなたは、自分でも気付かないうちに、マイナスの感情で、彼を動かそうとしていたのです。

→相手を変えようとすると恋は必ず失敗する!

心にあった気持ちを、あえて言葉にするならば、

 

好きになってくれると嬉しいな

 

ではなく、

 

好きになってくれるよね?

 

というように、“強要”していたわけです。

(このように口に出していなくても、それと同じとも言える行動をとっていたわけです。)

 

これでは、彼が怖気づいてしまうのは、当たり前。

彼の気持ちを、あえて言葉にするならば、

 

厄介な野良猫につかまっちゃったなぁ……

 

という感じです。

 

きっと彼は、あなたが、あなたのことを好きになって欲しい思っているくらいは、勘づいていたでしょう。

でも、それを強要されては、その先に、楽しい、明るい未来が待っているとは、思えないのです……。

→ガツガツしている女ほど、愛が逃げる理由

マイナス感情を武器にするのは、心理的に未成熟な人

人を変えようとする意図が隠されている、マイナスの感情を、心理学用語で「ラケット」と言います。

 

このラケットを使う人は、ことあるごとに、自分を被害者や、悲劇の主人公に仕立て上げます。

相手に罪の意識を持たせて、自分の思うように相手を動かそうとするのです。

 

では、どのような人がこのラケットを使うのか?

 

それは、

心理的に未成熟で、心に葛藤がある人です。

(「自分が嫌いな人」、「自分に自信がない人」と言い換えてもいいでしょう。)

 

小さい頃、このラケットを使って、他人が自分の思うように動くことを体験すると、大人になってもこれを使う傾向があります。

そうした人は、いつまで経っても、心理的に成長できません。

そして、

恋が実らない人ほど、よくこのラケットを使います。

 

私、自分に自信がないから、常に彼の心を揺さぶっていなきゃ……

 

と、無意識に考えてしまうのです。

 

しかし、これに引っかかるのは、やはり自分に自信のない“ダメ男”だけ。

彼らは、自分に自信がないがゆえに、ひたすら繰り返し女性をゲットし、自分の存在意義を確かめたがるのです。

(はっきり言えば、誰でもいいのです。俗に言う“ヤリチン”ですね。^_^;)

→変わる可能性のあるダメ男と、絶対に変わらないダメ男の違い

 

反対に、自信のある男なら、ラケットを使う女の葛藤を見抜けます。

これは、男と女が逆になっても同じです。

 

ラケットを使って、一度は相手を落とせたとしても、最終的には、必ず相手は逃げていきますので、そのことは心に留めておいてください。

→あなたの恋がいつも“恋愛ごっこ”になってしまう理由

うまくいったとしても、あとあと修羅場に

また、ラケットを使う人は、心の底に、

 

どうせ私なんて……。どうせ世間なんて……。

 

という“敵意”が蓄積されています。

ですから、失恋すると、その敵意が前面に出てきて、修羅場になることも多いです。

→一目惚れから始まる恋は修羅場になりやすい?

心理的に健康で、自分に自信のある男女なら、マイナスの感情で相手を揺さぶろうなんてしません。

 

今度は、どんなことをして喜ばせてあげようかな?

 

と考えを巡らせて、さまざまな工夫をし、それでダメなら、いさぎよく諦めるものです。

→彼を何でも願いを叶える“打ち出の小槌”にする方法

心理的に未成熟な人は、ダイエットが成功すると困る?

いつも、マイナスの感情に浸っている人は、

自分の良さに気付きたがらない

ところがあります。

 

なぜなら、自分の良さに気付いてしまうと、言い訳ができなくなってしまうからです。

 

どうせ私なんて、◯◯だから……

 

↑この◯◯の部分が解消されてしまうと、

“今までうまくいかなかった原因”がなくなってしまうことを意味します。

 

そうすると、

もし、それから先、何かがうまくいかなった時は、もう何も言い訳ができないわけです。

→自分がない人の恋がいつも“恋愛ごっこ”で終わる理由

分かりやすい例を挙げれば、

 

ダイエットしなきゃ……

 

と、口では言いながら、本当に(心から)そう思っているのかどうか疑わしい人がいます。

 

そのような人は、心の奥のどこかで、痩せることを恐れているのです。

→「男運がない」と感じるのは、単に自分が嫌いなだけ?

 

また、

「どうせ私なんて、◯◯だから……」というマイナスの感情にいつも浸っている人は、

そうした世を拗ねた“怒り”によって、対人関係を成立させているところもあります。

 

相手と衝突しそうになったら、

 

どうせ、私が◯◯だから、馬鹿にしてるんでしょう

 

と絡むことができるからです。

 

もし、自分の良さに気付いてしまったら、この“武器”を手放さなくてはいけなくなってしまいます。

 

このように、心理的に未熟な人は、

自分が嫌いな自分を好ましく思っていないくせに、自己都合から、そんな自分であり続けようとする……

ある種、矛盾にも近い感情があります。

→マッチングアプリを使っている人は自分を好きでない?

すぐに自分を好きになるのが難しいなら……

「自分を好きになりましょう」、
「自分のいいところをたくさん見つけましょう」

と言われても、なかなかそれが難しいという人もいるでしょう。

 

そんな人は、まず第一歩として、

自分の考えをハッキリと人に言えるようになりましょう。

 

いつもマイナスの感情に浸っている人は、

心の中に静かな怒りが充満しているくせに、人に嫌われるのが怖くて、普段それを直接的に表現できていません。

(陰口は叩いているかも知れませんが……。)

→誰からも嫌われないテクニック

 

たとえ、相手を非難する言葉であっても、

表立って、自分の考えを伝えることができれば、もうメソメソした心を抱えている必要はありません。

心の中をぶちまけ、

「自分は〜〜について、〜〜と思っている」

と口に出して、人に伝えた時から、少しずつ、あなたの中に変化が生まれていくことでしょう。

 

練習として、電話占いで、自分の気持ちを吐露してみるのも、ひとつの手です。

→たとえ失恋したって、それで心が成長すれば「成功」!

 

 

 

他にもこんな記事があります