なぜ占いに頼る女性が多いのか?女性と占いはこんなにも相性がいい?!

このサイトの記事をすでにいくつか読んでいる方は、

・占いとは自分をより深く知るためのもの
・占いとは自分の思いを強固にするために利用するもの

ということをある程度、理解されていると思いますが、

ここでは、それにもう一歩踏み込み、

なぜ男性よりも女性のほうが占いと相性がいいのか?

について、解説していきたいと思います。

「自分を知りたい」=「自分を愛したい」

『自分のことを知りたい』というのは、男女ともに抱いている自然な欲求です。

自分のことを知れば、人生の大小さまざまな決断において、迷いが少なくなるからです。

 

この『自分のことを知りたい』という欲求について考える時、『愛』という要素は外すことができません。

 

なぜなら、

私たちは、他人という鏡を通してしか、自分の姿を見ることができません。

人から愛情を持って“見られる”時、自分の良さに気づき、自分ことが分かり、自分を愛せるようになるのです。

 

つまり、

 

『自分のことを知りたい』『自分のことを愛したい』
⬆︎
他人という鏡(他人の視点)が必要!

 

ということです。

→現代の占いは自分探しの手段

 

(※ちなみに、人は成長するにつれ、「愛されたい」という欲求が、だんだんと「他人の役に立ちたい」という欲求に変遷していきます。)

女性は“母性愛”を持つからこそ、自分を知りたい欲求も強い

ちょった変わった例え話をしましょう。

 

あなたは、ある日、山に出かけました。
そこで、一匹の“野犬”の子犬に遭遇しました。
親犬とはぐれたのでしょうか、お腹も空かしていそうです。

その子犬は、人間のあなたを見て、「この人なら、助けてくれそうだ、餌をくれそうだ」と思って、しっぽを振ってあなたにすり寄ってくるでしょうか?

 

おそらく、そんな態度は取らないでしょう。

でも、“人間に飼われたことのある犬”なら、話は別です。

それは、人間が自分の欲求に答えてくれるということを知っているからです。

と同時に、「自分は人間から支えを受ける価値がある」と信じているからです。

……人間の話に戻しますと、

自分が思いやりと支えを受けるに値することを信じるためには、どうしても、

自分のことを心にかけてくれる相手

が必要です。

それは、自分が心を許して甘えることができ、自分のことを思いやってくれる相手です。

 

男性と比べ、特に「女性」は、こうした相手を強く求めます。

 

なぜなら、

女性は、“母性愛”が強いからこそ、

「生き物(人間)は皆、思いやりを受けたいんだ」

ということを知っているのです。

 

だからこそ

『思いやり、支え合う関係』を男性より強く求め、

同時に、

『自分のことを知りたい欲求』も男性より強くなりがちである、というわけです。

まとめると、こうなります。↓

 

女性には母性愛がある
⬇︎
思いやりと支え(自分のことを気にかけてくれる相手)を求める気持ちが男性より強い
⬇︎
自分のことを知りたい(自分のことを愛したい)欲求も男性より強い!
⬇︎
自分探しの一環とも言える「占い」と女性とは相性がいい!

 

……誤解を招かぬよう、少し補足しておくと、

男性がまったく思いやりに対して敏感ではないわけではないのですが、女性ほど敏感だと、世話好きな女性のもとで、依存的になりがちです。

→男女は支え合い、向上し合うためにくっつく

女性の決断は「感情」が支えている

次に、

男性と女性の決断プロセスの違い

から、女性と占いの相性の良さを見ていきましょう。

 

男性と女性では、ものごとを決断する際、このような違いがあります。↓

 

男性が決断する時
「論理」「理屈」だけをもとに、決断を下しがち。後からその決断は自分の“気持ち”に沿うものだったと確認して、決断の正しさを補強する。
女性が決断する時
決断の多くは、直感的な「感情」に支えられる。後になってみると、その決断を下すだけのもっともな“論理的理由”もあったことが分かったりする。

 

男性の論理(思考)が間違うことがあるように、女性の直感(感情)も常に正しいとは限りません。

ものごとを決断する理想的な状態は、両方のバランスがとれている状態です。

(どちらを重視するのが正解というわけではありません。)

「思考」は男性らしさの資質「感情」は女性らしさの資質です。

 

男性は、決断を下す前に、「思考」に沈み、問題を考え抜けば、決断を下すことはできます。

逆に、「感情」を優先してしまうと、男性はいつまで経っても、決断を下すことはできません。

 

一方、

女性は、「思考」に重きを置き過ぎると、フラストレーションを感じたり、混乱したりしがちです。

特に、動揺したり、決断しなくてはならないというプレッシャーをかけられている時は、そうなるでしょう。

 

つまり、

女性は、ものごとの決断を下しかねている時には、自分の「感情」を見失っているのです。

 

人は、「思考」を見失うということは、ほとんどありません。自分が今どんなことで悩んでいるのかすら分からない、という人はあまりいないでしょう。)

→本当の自分を分からなくしている理由

あなたのことを分かってもらい、心の中に潜む真実を取り戻そう!

自分自身が、

・どうありたいのか?
・どうなったら嬉しいのか?
・何を大切にしたいと思っているのか?

といった「感情」を知るためには、それを他人に伝えて、理解してもらう必要があります。

 

こんなことが起きていますが、どうしていいか分からず悩んでいるんです。
そうですか、大変ですね。
はい。私は〜〜で、〜〜だから、〜〜と思っているんです。
そうですか。あなたはきっと〜〜だから、本当は〜〜と思っているのではないですか?

 

……というふうに、

他人が自分の話を理解しようと耳を傾けてくれている時、女性は、普段より「頭」と「感情」のバランスが取れている状態になります。

 

別の言い方をすれば、本能的、直感的感情を取り戻すことができます。

そして、それをもとに行動することが、女性のごく普通で、極めて正常な性質です。

もちろん、

ここでいう“他人”は必ずしも、占い師である必要はありません。親、知人、友人、パートナーであっても構いません。

 

しかし、

(費用こそ必要ですが)自分の話に耳を傾けてくれる存在という意味では、占いは非常に便利と言えるでしょう。

 

あなたの心の中に潜む真実を発見し、否定的な感情を解き放ち、肯定的な感情を見出してくれる……、

時にはそのような“支え”を求めてみるのも悪くありません。

→あなたを元気にしてくれるのが本当の占い

 

 

 

 

おすすめの記事