あなたは失恋すると頭にくるタイプ?こないタイプ?立ち直りたいなら存分に怒ろう!

失恋すると、頭がボーッとすることってあると思います。

いろんな感情が入り混ざって、思考停止してしまうのですね。

実は、失恋した時に感じる感情は、大きく4つあり、それは「怒り」と「寂しさ」と「恐れ」と「悲しみ」です。

ここでは、

失恋した時に「怒り」を感じることの大切さ

について解説します。

「怒り」を感じないと、いつまでも立ち直れない?!

失恋して怒ったところで、彼は帰ってこないし、第一、怒るのってなんだか大人気(おとなげ)なくない?

 

と考える人が多いと思います。

でも、これこそが落とし穴。

 

子供だった時のことを思い出してみてください。

ちょっとしたことで喜び、怒り、いつも感情をすぐに爆発させていたはず。

でも夜になると、すべてを忘れて、ぐっすり眠っていませんでしたか?(そして翌朝は、すっかり機嫌も元通り。)

 

大人になると、人は、知らず知らずのうちに、つらいことや悲しいことに直面した時に、“否定的な感情”を避けようとします。

 

社会生活を続ける上で、こうした感情にハマり続けてしまうのはヤバイ!

 

と、直感するのです。

 

特に女性の場合は、攻撃的な感情を表に出さないよう育てられていることが多いので、男性よりも、自分の中にある「怒りの感情」を認めたがりません。

 

前述したように、失恋した時に襲ってくる感情は、

「怒り」
「寂しさ」
「恐れ」
「悲しみ」

の4つです。

 

「怒り」を感じないまま、その他の「寂しさ」、「恐れ」、「悲しみ」ばかり感じていると、バランスが崩れ、否定的な感情がいつまでも消えません。

→つい復縁を願ってしまう心の仕組み

4つの感情をバランスよく感じ取ろう!

否定的な感情からは、逃げてはいけないのです。

これは、ちょっと想像すれば分かるはず。

 

例えば、人から何かイタズラされても、

 

え? ぜんぜん怒ってないよ?

 

と言い、

ず〜っと一人でいるのに、

 

え? ぜんぜん寂しくないよ?

 

と言い、

明らかにプレッシャーがかかるような状況でも、

 

え? ぜんぜん不安なんてないよ?

 

と言い、

大切な何かを失ったばかりなのに、

 

え? ぜんぜん寂しくないよ?

 

としか言わない人がいたら、どう思います??

 

こりゃ、いつか爆発するな……

 

と思うのではないでしょうか?

 

表に出さなくても、“火種”は残っているのです。

否定的な感情というものは、

胸に封じ込めず、ちゃんと“燃焼”させてこそ、

そこから解放されることができるのです。

→終わった恋を美化するから忘れられなくなる

 

ですから、

失恋から立ち直るためには、否定的な感情を、漏れなく、しっかりと、バランスよく感じ取ることが大切です。

 

ではここで、4つの感情を一つひとつ見ていきましょう。

①「怒り」

大人になると、一番、表に出すことを避けようとする感情です。

ですが、「怒り」は、私たちに、心を探る機会を与えてくれます。

なぜなら、「怒り」の元を辿ると、「自分にとって、どんなことが、起きて欲しくなかったことなのか?」が分かるからです。

失恋の場合、「怒り」を十分に感じ取れば、“特定の相手からの愛”に限らず、「自分はとにかく“愛”を求めていたんだ」ということが分かるでしょう。

→怒りを鎮めるための自分への手紙の書き方

②「寂しさ」

「寂しさ」もまた、私たちに、心を探る機会を与えてくれます。

「寂しさ」というのは、起きて欲しかったことが起きなかったから起こる感情です。

失恋をした時に、この「寂しさ」を押し殺すと、いつまで経っても「過去に、起きて欲しかったけど起きなかったこと」にこだわり、「未来に、起きて欲しいこと」に目が向きません。

「寂しさ」を十分に感じ取ることで、今自分が持っているものに感謝し、未来に手に入るであろう「愛への期待」を抱くことができるようになります。

③「恐れ」

「恐れ」は、自分が何を心配しているか?を教えてくれます。

それはつまり、決して起きて欲しくはないけれど、何が起こりそうか、ということです。

十分に「恐れ」を感じることで、自分の弱さを自覚することができ、今の自分が持っているもの、頼れるものも見えてきます。

そうすると、“自分が手に入れることができるもの”が明確化され、力と決意が生まれます。

→なぜ次の恋愛が怖いと感じるのか?

④「悲しみ」

最後の「悲しみ」は、自分が何を期待しているか?を教えてくれます。

「起きて欲しいのに、もう起きることはないんだ」と認めることが悲しみです。

十分に悲しみを感じ取ると、「不可能なこと」が分かると同時に、「可能なこと」が浮かび上がってきます。

そして、“特定の相手からの愛”への執着から離れ、「ただ愛されたい」と思えるようになります。

――これら4つの感情を意識的に十分に感じ取らなくては、失恋の痛手から立ち直ること(次の新しい恋に踏み出すこと)はできません。

4つのうち、どれが欠けてもいけません。

→ストーカーになりやすい人の特徴とは?

失恋したら、まず怒ろう!

失恋した時の4つの否定的な感情がやってくる順番は、人や状況によってさまざまです。

 

しかし、

あなたが大人としての“理性”で抑え込み過ぎなければ、

普通は、(上で紹介した順番と同じ、)

①「怒り」
②「寂しさ」
③「恐れ」
④「悲しみ」

の順番でやってきます。

何度も申しますように、「怒り」は多くの人が、一番、認めたがらない感情です。

 

したがって、

失恋の痛手から立ち直るためには、

意識的に、まず、「怒り」を感じ取るようにしましょう。

 

怒ってもいいんだ!

 

と自分に言い聞かせることが大切です。

 

もちろん、「怒り」だけにとらわれてはいけません。

「寂しさ」、「恐れ」、「悲しみ」を含めた4つの感情を等しく経験した時に、心を癒す効果は最大化されます。

→別れって、本当に悪いことですか?

ここまで、「怒り」の大切さをメインにお話ししてきましたが、

もし、

 

別れた彼のことが何年も忘れられない……

 

という人がいたら、4つのうち、どれかの感情を押し隠している可能性があります。

(もちろん、それが「怒り」ではない可能性もあります。)

 

ですから、別れた当時から今までの感情を、掘り起こしてみることもオススメです。

4つの感情すべてを感じ取ることができれば、心の奥にある

「愛」
「理解」
「許し」
「感謝」

を感じ取ることができるようになるでしょう。

 

……そうした感情の掘り起こしにも、『占い』は便利に活用できます。

→心の傷も体の傷と同じように治す?!

 

 

 

 

他にもこんな記事があります