謙虚な心がツキを呼ぶ!『トイレ掃除』で開運する仕組みを分かりやすく解説!

人は、仕事、勉強、恋愛といろいろなことで悩むものですが、どれも運さえ開ければ、何とかなっていくものです。

巷には、

「これを買えば、運が開けますよ」とか、
「これを身につければ、幸運が訪れますよ」

といった開運グッズが溢れていますが、そのようなものにただお金を払えば運が開けるかというと、そうではありません。

開運のために、不可欠なのは、「謙虚さ」です。

(「謙虚さ」=「エゴから解き放たれること」と言い換えてもいいでしょう。)

ここでは、

謙虚さを表現する代表的な行為、

『トイレ掃除』による開運

について、解説します。

「謙虚さ」を表現する3つの分野

「謙虚さ」は、

以下の3つの分野で表現されます。

 

⚫︎心」
⚫︎「言葉」
⚫︎「行為」

⚫︎謙虚な「心」とは、常に、

・威張らない
・怒鳴らない
・怒らない

こと。

(※「い・ど・お」と覚えるといいでしょう。)

 

⚫︎謙虚な「言葉」とは、

『ありがとう』。

それを言い続けることが大事。

 

⚫︎そして、謙虚な「行為」とは、

『トイレ掃除』

です。

 

具体的に言うと、

トイレをピカピカに磨いて、蓋を閉めておく

ということです。

なぜ『トイレ掃除』なのか?

ただの掃除でもよさそうなのに、どうしてトイレ掃除なの?

 

という声もあるでしょう。

 

トイレ掃除の話の始まりは、アメリカの富豪たちが世界中に人を派遣して、3つのことを調べさせたことに起因します。

 

・1つ目は、不老不死の薬・食べ物・方法はあるか?

・2つ目は、貧乏人が必ず金持ちになる方法はあるか?

・3つ目は、金持ちが金持ちでい続けられる方法はあるか?

 

というものだったそうです。

世界中を調べた末、出た結論はこうでした。

 

・1つ目の、不老不死については、そんなものはない

・第2、第3については、ハッキリとしたことは分からないが、とりあえず今、金持ちの人には、皆、“共通項”があった

 

その“共通項”とは何か?

 

金持ちの家のトイレは、必ずと言っていいほど、蓋が閉まっていた

 

というのです。

この話を聞いた人たちは、はじめ、半信半疑のまま、とりあえず、トイレの蓋を閉めるようにしました。

 

ところが、

その人たちは、すぐに、「蓋を閉めればそれでよし」というのではなくて、「どうしてもピカピカに磨いた上でなければ、蓋を閉められない」ということに気づきました。

 

やがて、

トイレをピカピカに磨いて蓋を閉め始めた人たちの間から、

「臨時収入が入った」

という報告が上がるようになったのだそうです。

『トイレ掃除』がツキを呼ぶワケ

そんなのどうせ、「人が嫌がることをやれば、いいことが起こる」みたいな、道徳的な作り話でしょ?

 

と言いがかりをつける人もいるでしょう。

確かに、上に紹介した話は、観念論に過ぎません。

トイレ掃除をしなければ、絶対に運が開けないというわけでもありません。

 

しかし、

もう少し、裏付けを補強することもできます。

 

神社や寺院などでは、

古くから、便所は、「怨霊や悪魔の出入口とされ、

烏枢沙摩明王(うすさま・みょうおう)の功徳によって、清浄な場所に変えるという信仰があります。

 

トイレというのは、それだけ、家の中において、“特別な場所”なのです。

ところで、この烏枢沙摩明王は、

古代インド神話における、炎の神。

 

「なぜこの神様が、経済的な幸運をもたらすのか?」

 

について、日本に“トイレ掃除哲学”を広めた第一人者、小林正観さんは、次のような仮説を立てています。

 

仮説と言っても、昔話のような楽しい話です。↓

 

あるところに、七人の神様がいました。
その神様たちは、新しい家が出来上がったと聞くと、皆、自らの足で、その家に向かいます。
最初に着いた神様は、最も人の目に触れて評価されやすい、応接間の神様になりました。
二番目に着いた神様は、立派な造りの玄関が気に入り、ここを担当することにしました。
三番目に着いた神様は、 大きなテレビがあったので、居間を担当することに、四番目に着いた神様は、寝室を選びました。
あと残っているのは、台所と、風呂と、トイレです。
五番目に着いた神様は、汚れを落とす風呂よりは美味しいものを作る場である台所のほうがよい思い、そこを選びました。
六番目に着いた神様は、風呂を選びました。
最後の七番目に着いた神様は、当然、トイレを担当することになります。
この神様、なぜ到着が遅くなったのかというと、背中に重〜い“金銀財宝の詰まった大きな袋”を背負っていたからなのでした。
この神様こそ、烏枢沙摩明王。
こんなわけで、トイレを綺麗にしていると、この烏枢沙摩明王が、金銀財宝の一部を少しずつくださるようなのです。

 

ちなみに、小林正観さんは、この「トイレ掃除がツキを呼ぶ」という言説について、

 

これは道徳的な教えでも、“べき論”でもないので、損得勘定で、やりたい人はやればいい

 

と述べています。

 

(※なお、「烏枢沙摩明王さま、ありがとうございます」と手書きの紙をトイレ内に貼り、便器を磨きながら、「おん、くろだのう、うんじゃく、そわか」という“トイレの真言”を唱えると、効果はより高まるそうです。)

『トイレ掃除』は心の曇りを取る

この「トイレ掃除がツキを呼ぶ」というのは、確かに観念論に過ぎませんが、

 

開運には謙虚さが不可欠
⬇︎
謙虚さを表現する行為がトイレ掃除である
⬇︎
トイレ掃除で心が浄化され、謙虚になる

 

といった流れで考えれば、

トイレ掃除によって得られる精神的効果

は、間違いなくありそうです。

小林正観さんは、次のように語っています。

 

ある時、紙を使ってトイレ掃除をしていたのですが、何かの拍子にズボッと手が便器の内側にまで入りました。
その瞬間、さっと手を引っ込めようとする自分に気付きました。
まだ自分の中に、「トイレは汚いもの」という執着や見栄がこびりついていたのです。
トイレ掃除は、そういう自分の執着をほどいてくれる絶好の場なんだと、改めて気がつきました。

 

この言葉の後、さらに、

「執着が消え失せた時に、いろいろと楽しいことが起きてくれるようなんです」

と続きます。

 

また、

 

自分が自分を好きになるポイントというのは、いかにバカバカしいことをやれるかです。
誰にも覗かれず、誰にも評価されない、トイレ掃除のようなことをやればやるほど、自分が好きになります。

 

とも語っています。

そして現に、「トイレ掃除でうつ病が治った」との報告をいくつも耳にしたのだとか。

 

執着が取れ、自分を好きになる『トイレ掃除』には、

ただツキを呼ぶだけでなく、確かに、

心の曇りを取る効果もあるようです。

(心の曇りが取れるからこそ、ツキがやってくるのかも知れませんが。)

つまり、開運の奥義とは?

冒頭で、謙虚さを表現する3分野

⚫︎心」=い・ど・お)
⚫︎「言葉」=ありがとう)
⚫︎「行為」=トイレ掃除)

を紹介しましたが、

 

ここまでのことを踏まえて、

開運の奥義としてまとめると、こうなります。

 

《開運の奥義》
いつもニコニコして、「ありがとう」を言い、トイレ掃除をする

 

……う〜〜ん、なんと、シンプルなのでしょう。

お金も一切かかりません。

 

開運して悩みを軽くしたい人や、金運を上げたい人は、ぜひ、参考にしてみてください。

→“嫌な人”が存在する意味

 

 

 

おまけの追記

トイレ掃除は、なるべく素手でやり、加えて、トイレに「水晶の玉」(本物でなく、練り物でもOK)を置いておくと、入ってくる金額が大きくなった、という報告があるようです。

とは言え、これも“観念論”というか、人それぞれの“主観”の話ですので、いずれにしても「楽しんでやる」のが一番かなと思います。

手をこまねいているだけで、何も行動を起こさないのが一番もったいないですね。

→開運するためには「女らしさ」が必要?

 

 

おすすめの記事