もう誰からも嫌われない!あなたの“印象レベル”を引き上げる5つのテクニック

「大金持ちになりたいわけじゃないけど、もう少しお金が欲しい」

という人が多いように、

「みんなから好かれたいわけじゃないけど、とりあえず、誰からも嫌われたくはない」

という人は、多いのではないでしょうか?

そんな“ささやか”な願いを叶える

誰からも嫌われないためのテクニック

を、いくつかお教えしましょう。

最低限、フラットな感情を抱かれるように

まず、はじめに断っておきたいのは、

これからご紹介するのは、心理療法士などのプロが使う相手の心を開くテクニックです。

 

したがって、

一般の人が日常生活で使いこなすレベルまでいくのは、はっきり言って難しいです。

 

ですが、

こうしたテクニックを頭の片隅に入れておくだけで、あなたが接する人すべてから、最低でも、

 

「好きでも嫌いでもないフラットな感情」以上の印象

 

を持たれることが可能です。

(つまり、嫌われることがなくなります。)

もちろん、うまく使いこなせば使いこなすほど、相手のあなたに対する“印象レベル”は高くなり、果てはメロメロにすることだって可能です。

 

印象レベル表
〈相手に嫌われる〉

〈好きでも嫌いでもないフラットな感情
(最低でもここを目指そう!)

〈相手に好感を持たれる〉

〈相手に好かれる〉

〈相手の心を開く〉

〈相手の心を奪う〉(メロメロ状態)

 

どこまで高いレベルを目指すかは、あなた次第。

このテクニックは、同性同士の仲恋愛ビジネスといった、どんな人間関係にも有効ですので、ぜひ、知っておいてください。

→男に大事にされる女になるには?

あなたの“印象レベル”を上げる5つのテクニック

①会話のテンポを相手に合わせる

まず、もっとも簡単にできるのは、相手の話すテンポに、自分の話すテンポを合わせるという方法です。

ゆっくり喋る人に対しては、こちらもゆっくりと、やや早口の人に対しては、こちらもやや早口で、といった感じです。

 

また、基本的には、会話とは、質問と答えの繰り返しですから、

自分の質問に対して、相手が答える時の“間”』と、
『相手の質問に対して、自分が答える時の“間”』

も、できるだけ近づけるようにしましょう。

 

間をとって答える相手に、ポンポンと答えてしまうと、いい加減な人という印象を与えてしまいます。

逆に、ポンポンと答える相手に対して、いちいち間をとって答えると、何だかトロイ人という印象を与えてしまいます。

 

相手の話し方は、そのまま、相手が聞いていて心地よく感じる話し方です。

それにこちらが近づけて、相手に、

「あ、この人も自分と同じタイプの人間だな……」

と感じさせることができれば、あなたの印象レベルは、間違いなく上がります。

②相手のアイコンタクトに合わせる

これは、「相手の目を見て話しましょう」という単純なことではありません。

欧米ではそれがよいとされていますが、日本人の間では、あまりに自分の目を真っ直ぐみられると、何だか責められているような感じがするものです。

 

重要なのは、どのような頻度とタイミングで目を合わせるかということです。

 

上の項目で、「相手の話し方は、そのまま、相手が聞いていて心地よく感じる話し方」と述べたのと同じように、目を合わせる頻度とタイミングも相手に合わせるのです。

 

相手が目を合わせてくる頻度と同じように、こちらも合わせにいくようにします。

ちょっと難しいという人は、とにかく、目と口の間(鼻周辺)に視線を泳がせるようにして相手を見るようにするか、目を見るとしても、相手の“片目だけ”を見るようにしておけばいいでしょう。

その状態であれば、いつでも相手からの目線に応えることができます。

 

(ちなみに、相手の口から下を見ていると、「この人、自信がないのかな」と思われてしまいますし、相手の目より上を見ていると、「こいつは生意気だ」と思われてしまいます。)

③相手の呼吸に合わせる

ここから少し難しくなってきます。

よく、「息の合った夫婦」などという表現をしますが、これは文字通りの意味で、心の通い合った2人は、同じリズムで呼吸をしています。

心が通えば、呼吸が合う、ということは、呼吸が合えば、心が通う、というわけです。

 

具体的にどうするかというと、

(人がしゃべっている時は、息を吐いているわけですから、)相手がしゃべっている時には、こちらも息を吐くようにします。

そして、相手が息継ぎをする(息を吸っている)時は、こちらも吸うようにします。

そのように呼吸を合わせると、話の内容に関係なく、相手は何となく、あなたといると気分がいいと感じてきます。

→話を聞いてもらうだけで得られる効果

 

当然、会話が止まっている時にも、呼吸は合わせることができます。

ですから、こんな練習もできます。↓

電車で向かいの席に座っている人の、お腹や肩の動きで呼吸のリズムの掴み、それに合わせてみるのです。

その人が息を吐いている時は、喋っている時と見立てて、その間は、こちらも吐きながら、相槌を打つようにうなずいてみるといいでしょう。(周りに変に思われないよう、あくまでも小さく。)

 

呼吸が合うことによって、相手はあなたを“波長の合う人間”だと感じてくれるので、まず嫌われることはありません。

慣れるまでは難しいテクニックですが、これが習得できたとしたら、最強のパワーを発揮します。

→プライドの高い“スネ夫タイプ”への対処法

④しぐさを相手に合わせる

この「しぐさを合わせる」というのは、いわゆる“ミラーリング”と呼ばれるもので、つまり、相手の体のポーズや動きを、まるで鏡に映したように真似るということです。

これはカウンセリングやセールスをかじったことがあれば、知っている人も多いでしょう。

別に意識しなくても、信頼関係のある間柄なら、人は自然と相手と同じようなしぐさをしてしまうものですが、それを意識して合わせていくのです。

 

具体的には、例えば、相手が足を組んだら、自分も同じように組んでみます。

相手がコーヒーカップを口に運んだら、自分も同じようにします。

 

ただし、気をつけないといけないのは、それが相手に気づかれてしまうと、相手としてはバカにされているような気分になり、逆効果になるということです。

 

相手に気付かれにくくするためには、真似る動作に時間差を与えるとよいでしょう。

(相手が足を組んだら、しばらく待ってから自分も足を組む、相手がコーヒーカップを口に運んで、再びテーブルに置いてから、あなたも同じ動作を始める、という感じです。)

合わせて、相手のクセとも呼べる独特の動作も、真似してはいけません。

→「本当の自分」を押し込めていませんか?

⑤相手の感情の方向性に合わせる

最後の5つめですが、これは人によっては、一番難しかったり、一番簡単だったりと、分かれるところです。

「感情の方向性を合わせる」とは、単に、相手の感情に共感してあげるということではなく、自分も積極的に感情を放出するのです。

もちろん、共感することも有効ですが、あなたが同じ方向でより強く感情を放出することで、より大きな効果を発揮します。

 

具体的には、例えば、相手が

「◯◯さんって、ホンット失礼な人よね」

と話しかけてきたら、

「失礼なだけじゃないわよ、人としても最低よ! こないだだってねぇ……」

といった感じに、あなたも相手と同じか、それ以上の勢いで◯◯さんへの怒りをあらわすのです。

 

よく、「共通の敵を持つと結束が強くなる」と言われますが、怒りのようなマイナスの感情ばかりでなく、(同じアーティストのファンであるとか)共通の趣味を持つ人同士が打ち解けやすいのも、やはり、感情の方向が一致しているからです。

 

少し補足しておくと、

相手の怒りが自分に向けられている時は、同じように自分に対して怒るのではなく、躊躇せず、自分の非を認めてください。

 

たとえ、あなたに何の落ち度もなかったとしても、認めて、聞き入れると、それが後々、必ず有利に働きます。

(怒りという感情は、しばしば、それを向ける対象が間違っているということがあります。専門的には、これを“感情転移”と言います。)

 

大事なのは、自分の正当性を主張することや、目先の損得ではなく、とにかく、嫌われないこと。

相手の感情の方向に合わせることが、印象レベルを上げるための強力なテクニックであることを、覚えておいてください。

こちらからリードするのは後回し

――いかがだったでしょうか?

 

これらが完璧にマスターできなくても、頭に入れておくだけでだいぶ人間関係がよくなってくるでしょう。

 

とは言え、どれも受け身の方法だったので、

 

いつも受け身でいなきゃいけないなんて、嫌われないようにするのも大変だなぁ……

 

と思った人もいるかも知れません。

 

何も、いつまでも受け身でいる必要はないのです。

これらのテクニックを使って、やがて、印象レベルが上の表で言うところの〈相手に好感を持たれる〉〈相手に好かれる〉くらいになってきたのを感じたら、

あなたのほうから、しゃべるスピードを変えてリードしてみたり、わざと目を合わせる時間を長くしてみたりすればよいのです。

 

むしろ、

「受け身で合わせること」「あなたのほうからリードしてみること」との“合わせ技”を使ったほうが、

〈相手の心を開く〉〈相手の心を奪う〉までうまく到達できるでしょう。

→自己中な人の対処法

「我」が強いから嫌われる!

嫌われないためのテクニックとして、体系立てて説明すると、何だか難しいように感じる人も多かったかも知れませんが、

一方で、すでに知っていたことや、本能的に悟っていた部分も多かったのではないでしょうか?

→あなたにとって“嫌な人”の特徴

 

細かいテクニックを抜きにして、人に嫌われないコツを一言で言うと、それは、

 

「我(が)」を強く持ち過ぎない

 

ということです。

 

どんな場面でも、組織でも、「我の強過ぎる人」が嫌われます。

あなたがあなたらしくいることは大切ですが、人は1人では生きられません。

人生の楽しみを何倍にもし、また、老、病、死といったさまざまな恐怖から逃れるためにも、

「良き仲間」を持つことが、人の幸せの絶対条件です。

 

人間関係のストレスを減らすためにも、不用意に人から嫌われないことはもちろんとして、

たくさんの人から、

「いっしょにいて居心地のいい人」

と思われるよう、普段から振る舞ってみましょう。

きっと、運も開けてきます。

→『トイレ掃除』で開運する仕組み

 

 

 

他にもこんな記事があります