嫉妬されやすい人の4つの特徴とは?嫉妬されない&しないためのテクニックも伝授!

人間関係における、あらゆる不快感の根元には、「嫉妬」という感情が横たわっていることが多いです。

こう言うと、

「嫉妬って、人のことを羨ましく思う感情のことでしょ? あんな嫌な奴のこと、羨ましいはずがない!」

と思う人もいるでしょう。

しかし、嫉妬という感情は、立場の上下も、善悪の観念も関係ありません。

たとえ、自分より立場が下であっても、明らかにズルイことをしている人に対しても、嫉妬の感情は沸き起こってしまうものです。

ここでは、

・嫉妬されやすい人の特徴
・嫉妬されないためのテクニック
・他人に嫉妬しないためのテクニック

など、嫉妬と上手に付き合う方法をご紹介します。

嫉妬とは何か?

「嫉妬」とは何かを考える時、

それと非常に似た感情である「憧れ」との違いを考えると、分かりやすいです。

 

それぞれの違いを見てみましょう。

 

「憧れ」とは?
自分が手を伸ばしても届かない人物の“優位性”を、素直に受け入れている状態。
「嫉妬」とは?
自分が少し手を伸ばしたら届きそうな相手の“優位性”を、受け入れられずにいる状態。

 

相手が完全に雲の上の人であれば、嫉妬などしないのですが、どこか張り合う気持ちを持っていると、嫉妬してしまうのですね。

ちなみに、

相手が自分より立場が下の場合でも、

 

私はあなたの立場の時、もっと大変だったのよ!

 

と感じる気持ちは、「嫉妬」です。

 

また、

ズルイことをしている人に対して、

 

そんなのは間違ってる!

 

と非難する気持ちも、「嫉妬」です。

 

どちらも、“自分より自由に生きている人”に対して、

嫉妬しているのです。

 

それだけ、嫉妬という感情は、とても身近な感情であると言えます。

「私、人に嫉妬したことがないんです」

という人がいたとすれば、それは自分の感情を隠しているだけです。

まぁ、隠したくなるというのも、嫉妬という感情の特徴ですが……。

→嫌な人が嫌な人である理由

嫉妬されやすい人の4つの特徴

そんな嫉妬は、

嫉妬させる人がいるから、生まれるのでしょうか?

それとも、

嫉妬する人がいるから、生まれるのでしょうか?

 

……率直に言って、両方です。

 

そこで、嫉妬されないための方法を探るために、

まずは、

嫉妬されやすい人の4つの特徴を見ていくことにしましょう。

①正直過ぎる人、無自覚な人

嘘をつけない正直者、無自覚な人は、あった出来事をそのままストレートに話します。

その内容が、相手にとって、望んでいることであったり、手に入れたいものであれば、なおさら、嫉妬されることになります。

②想像力が足りない人

多少の気遣いがあったとしても、

自分がこう言えば、相手はこう思うだろうな……
こんなことをすると、相手からはこう思われるだろうな……

といった「想像力(客観的視点)が足りない人」も、嫉妬される運命にあります。

③自慢せずにはいられない人

最近では、自分の優位性を誇示する「マウンティング」という言葉も一般的に使われるようになってきました。

心のどこかに、少しでも他者より優位に立ちたい、そういう気持ちがあるため、無意識なマウンティングが癖になってしまっている人がいます。

→すぐマウントを取りたがる「スネ夫タイプ」との付き合い方

④存在感のある人

年齢、性別に関係なく、なぜか惹かれる、どうしてもその人に目が奪われる、そんな存在感のある人がいます。

そのような天性の魅力を備えた人は、何かと目立つため、変に特別視されたり、揉め事に巻き込まれたりしてしまう場合があります。

→誰からも嫌われない方法があった!

嫉妬されないための2つのテクニック

上に挙げた4つのタイプにならなければ、他人の嫉妬から身を守ることができるのですが、取り組み方がいまいち難しいですよね。

ですので、

他人から嫉妬されないための具体的なテクニック

2つご紹介しましょう。

①「運がよかっただけです」

これほど簡単なテクニックはありません。しかも、多くの有名人や実力者が使っているテクニックでもあります。

(もちろん、本心から言っている場合も多いでしょう。)

 

褒められたり、感嘆されたりした時に、

 

いえいえ、たまたま運がよかっただけですよ

 

と言って、

実力ではなく、「運」という自分ではコントロールできない偶然の出来事にしてしまえば、こちらへ向かってきそうな嫉妬の矢を方向転換させることができます。

 

合わせて、

 

私の力なんて大したものじゃないですよ。みなさんのおかげです

とか、

偶然出会った方々とのご縁のおかげです

 

というように、謙虚な姿勢で、他力への感謝を示すことも、他人の嫉妬から自分の身を守るために、とても有効です。

→トイレ掃除で謙虚さが鍛えられる?!

②苦労話、自虐ネタを上手に使う

嫉妬されたり、もしかしたら嫉妬されるかも?と感じたときには、

「こんなことで苦労した」
「こんな失敗があった」
「こんなことにつまずいた」

など、自分から弱いところを見せてしまうと、あなたの人間臭さが伝わり、

 

あー、この人も自分と同じなんだな

 

と相手に疎外感を与えずに済むようになります。

 

さらに、より高度なテクニックとして、

成功談に自虐ネタ(自虐ジョーク)を混ぜて笑いを取るところまでいくと、相手はもう完全に、嫉妬することを忘れてしまうでしょう。

(成功談とセットにならなくても、自虐ジョークは、多くの場面で好感度アップに効果的です。あくまでもジョークの範囲なら。シリアス過ぎるのはちょっとアレですが……。)

→ダメ人間の卒業方法

他人に嫉妬しないための2つのテクニック

他人から嫉妬されない方法に続いて、

あなた自身が他人に嫉妬しないための具体的なテクニック

をこちらも2つお教えしましょう。

①決めつける前に尋ねる

憶測や思い込みなどの決めつけ(勘違い)から生じる嫉妬が、少なくありません。

ですから、「きっとこうに違いない」と思わず、嫉妬してしまいそうな時には、その場でいっそ、事実確認をしてみるのです。

 

❌よく旅行に出かけてますね

⭕️旅行がお好きなんですか?

 

❌肌がとってもきれい。化粧品代がかかりそうですね。

⭕️肌がとってもきれい。どんなお手入れをされているんですか?

 

このような一言で、会話の雰囲気も、人間関係もガラッと変わります。

もしかしたら相手は、仕事でいやいや飛び回っているだけかも知れませんし、敏感肌で困っているかも知れません。

自分が想像していたのと全然違う答えが返ってくる可能性が、大いにあります。

 

決めつけて言ってしまった言葉は、取り返しがつきません。

『決めつける前に尋ねてみる』

これを意識するだけで、相手とのコミュニケーションの世界がぐんと広がるはずです。

②自分もチャレンジしてみる

自分の中に嫉妬の感情が芽生えそうになっているのを感じたら、そのエネルギーをメラメラの燃料にするのではなく、行動を起こすための燃料にしてみてください。

例えば、

女性らしい華やかな服装をしている人に嫉妬しそうな自分を感じたら、自分もそのような格好をしてみるのです。

どう踏み出していいか分からなければ、相手に直接、「どんなところで買ってるんですか?」と聞いてみればいいでしょう。

きっと、喜んで答えてくれるでしょう。

そうすれば、嫉妬の感情が芽生えるたびに、新しい自分に出会えるチャンスになりますし、当然、周囲との人間関係も好転します。

→自己中な人のあしらい方

嫉妬心は自分への信頼が薄れているシグナル!

嫉妬に苦しむ時は、自分が満たされていない時です。

あなたが誰かから嫉妬されているとしたら、その人はきっと、満たされない毎日を送っているのでしょう。

また、

あなたが誰かに嫉妬しているとしたら、あなたはきっと、満たされない毎日を送っているに違いありません。

 

ですから、

「嫉妬心」はある意味、自分への信頼心が薄れているシグナルと言うことができます。

→自分がない人の恋がいつも“恋愛ごっこ”で終わる理由

人は誰だって、嫉妬から逃れられません。

肝心なのは、その「嫉妬」を「プラスのエネルギー」に変えられるかどうかです。

 

嫉妬心を抱いたら、

自分が目標を達成する上での動機や原動力に変えてしまえばいいのです。

 

どうしても他人と自分を比較することを止めることができなかったら、

いろんな物差しで測ってみればいいのです。人とは違う自分らしさで勝負すればいいのです。

 

そして、

嫉妬されたら、

それだけ相手に認められたのだと光栄に感じながらも、それ以上焚きつけないよう注意すればよいのです。

 

できる限り、他人からの嫉妬を避け、自分の嫉妬心を上手に利用するようにしましょう。

→「占い」と「自尊心」との関係性とは?

 

 

 

他にもこんな記事があります