占いの当たる当たらないの違いは受け取り方次第。元気になりたいなら心を開くこと!

占いをしてもらったことを他人に話すと、かなりの確率で、

「……で、当たったの?」

と聞かれるのではないでしょうか。

一般的にも、やはり占いというと、「当たるか・当たらないか」が、その価値の全てであると思われがちです。

「しかしそうではない」と、何度もこのサイトでは申し上げているのですが、改めて今回は、

占いの価値は「当たる・当たらない」ではないのだということ

を、詳しく解説していきたいと思います。

あなた1人に向けた「バーナム効果」

占いについて、「当たるか・当たらないか」に関心が集まってしまうのは、

雑誌やテレビなどで見る(特定多数の人に向けた)“簡単な占い”のイメージを、そのままま当てはめてしまうからでしょう。

 

そのような占いは、大雑把にいうと、こんなものです。

 

あなたはこんな人です。だから、こんなことをするといいですよ(もしくは、近い未来こうなりますよ)。

 

これは本来、「当たるか・当たらないか」というよりも、

「当たってることにしたい自分がいるか・いないか」

なのです。

→けっして“カモ”になっちゃダメ!

 

よく言われる言葉で言えば、

「当たっていると言えば当たっているし、当たっていないと言えば、当たっていない」

ということです。

このような仕組みは、実は、非常に単純です。

例えば、下の質問のどれくらいがあなたに当てはまっていますか?

 

●かなり非現実的な野望を抱いてしまうことがある
●外向的で愛想がよく、付き合いがいいと思われる反面、内向的で用心深く、引きこもってしまう時もある
●自分を素直に出し過ぎてしまうのもあまり賢明ではないということを、これまでの人生経験で学んできた
●自分の考えをしっかり持っていて、根拠なしに人の言うことを信じ込んでしまうことはないと自負している
●ある程度の変化や自由を好み、縛られたり、制限されたりすると、不満を感じる

 

これらの設問は全て、誰にでも該当するような、曖昧で一般的な性格をあらわす記述になっています。

これは心理学において、「バーナム効果」と言われる現象です。

 

占い師があなたの過去を当てることは、実際には、この現象の延長線上であることが多々あります。

 

不特定多数への発信でなく、一人への発信となると、このバーナム効果はさらに高まるのです。

誤解を招かぬよう、少し言い換えると、

占いサービスにおいては、きちんとした占いや、霊視の結果プラス、このようなテクニックも駆使していると言っていいでしょう。

→占い師はなぜ“先生”なのか?

占い師が過去を言い当てる意味

ですが、こうしたテクニックの存在を知って、「それなら占いなんて嘘だ!インチキだ!」と騒ぎ立てるのは、早計過ぎます。

占い師は、まずは、あなたの心を開かなくてはいけません。

そしてあなたも、占い師に対して、心を開く必要があります。

 

あなたの過去を言い当てて見せるのは、これから始まる占いの“前座”のようなものです。

占いの本番は、こうして「占い師と相談者が心を通わせた状態」から始まります。

 

日常やビジネスにおいても、いきなり話したいことや本題に入るのではなく、天気のことや季節行事のことに触れるといった“クッショントーク”を挟んだりしますね。

また、落語の世界でも、“マクラ”といって、観客の気持ちを解きほぐし、反応を探るための短い話を最初に入れたりします。

 

それらと同様に「バーナム効果を用いたトーク」も、占いにおいては、あなたがアドバイスを受け取りやすくするために、ある種、必要な技術であると言えるでしょう。

→占い師に必要な心得とは?

占い師はあなたの願いを叶える協力者!

「過去を慰めて欲しい……」、そのような気持ちも分かります。

しかしそれだけなら、何も占いを利用せずとも、友達への身の上相談で、ことは済むのではないでしょうか?

 

占い師の仕事とは、あなたを元気にすることです。

あなたに「希望を持って前進する力」を湧き出させることです。

あなたに訪れそうな危険を回避できるよう、注意を促したり、

目指す未来に向かってどのように行動すればいいかヒントを与えたりしてくれるのが、占いです。

また、どうしてよいか分からなくて困っている人には、その人の本心に気付かせてくれます。

 

その上で、相談者(あなた)は、自分の抱く夢や願いが叶った未来を、はっきりイメージできるようになります。

 

言うなれば、本来、自分でするはずのイメージ作りを、占い師の言葉が手伝ってくれるのです。

 

……これが、占い師の本当の役割です。

 

ですから、

 

「会ったこともない人が、自分のことをどれだけ言い当て当てられるか、試してみよう」
「とりあえず、過去の話を誰かに聞かせたいから、占い師に聞いてもらおう」

 

という利用の仕方も、もちろんできないことはありませんが、それは、占いの正しい活用法とは違います。

→占いに「助け」を求めても意味ないってどういうこと?

 

「当たる・当たらないか」だけに気を取られているような、占い師の本当の活用法を知らないお客さんには、

それこそ、悪い占い師が寄ってきて、

「このままだと恐ろしいことになりますよ」

と不安を煽って、あなたをコントロールしようとしてきます。

 

そうならないためにも、「当たるか・当たらないか」は、すぐに卒業しましょう。

 

そして、占いを正しく活用するためには、このサイトの各記事の内容がちゃんと腹落ちするまで、何度も何度も目を通してみてください。

→占い師の見分け方のポイント教えます!

おすすめの記事