運命の彼でも最初ビビビとこないのは当たり前?!ダイヤモンドの原石の見つけ方

ある日、出会った瞬間、胸をズキューンと撃ち抜かれて、体中にビビビ!と電流が走るような、そんな男性って、この世にいるのでしょうか?

当然ながら、世間一般の男性ほとんどが、あなたの理想像からは外れているものです。

ですから、たとえ最初、ビビビとこなくても、心配しすぎてはいけません。

なぜなら、男の魅力というものは、たいてい、すぐには分からないものだからです。

というわけで、ここでは、

ダイヤモンドの原石(本当にいい男)の見つけ方

をご紹介します。

ビビビ至上主義を卒業しよう!

運命の人っていうのは、きっと出会った瞬間にビビビとくるはずよ!

 

と考えている女性は少なくないでしょう。

 

確かに、恋人や夫のいる女性に、相手のどこに惹かれたのか尋ねると、「何となく胸がときめいた」とか、「ビビビときた」と答えます。

しかし、本当でしょうか?

うまく説明できなかったり、深く考えを巡らすのが面倒だから、ただそのように答えているのではないでしょうか?

その証拠に、

「ビビビときた」ときたと答える女性でも、男女関係において、何が大切だと思うかと尋ねると、必ず、「いたわり」とか、「心の通い合い」といった条件を挙げます。

 

たとえ、

ビビビがあろうとも、なかろうとも、

最も大切なのは、パートナーと長続きする関係を築くこと

です。

→浮気性の男の見分け方と対策

 

ですから、

 

ビビビとくる感じがないから、この人じゃないのかなぁ……。

 

と考えてしまうのは、あまりにも性急すぎます。

 

あまり見どころのない人だと感じた場合でも、もう一度、いや、何度か、見直してみる必要があるでしょう。

刺激を求める気持ちは分かります。

しかし、刺激というものは、慣れるものです。

ずっと刺激を味わいたいなら、その刺激をエスカレートさせていくしかありません。

そんな日々に果たして、落ち着き安らぎがあるでしょうか?

 

ですから、

そんな“ビビビ至上主義”は、今すぐ卒業してしまいましょう。

 

あなたが求めるべきは、多くの女性が見落としてしまっている、本物のいい男、つまり、ダイヤモンドの原石のような男性ではないでしょうか?

→玉の輿を狙うから失敗する

いい男はなぜ見落とされてしまうのか?

“ビビビ至上主義”を見直したら、次は、

本来素敵な男性たちが、なぜ見落とされてしまうのか?

について、考えてみましょう。

その理由は、大きく2つあります。

【理由①】直観に頼り過ぎている

私たちは、普段から、人をあまりにも簡単に判断し過ぎています。

特に、好き嫌いを決める時になると、この傾向はいっそう顕著になります。(これは女性に限りませんが。)

ほんのちょっとの見た目の印象だけで、あっさり、その人を好きか嫌いか決めてしまうのです。

これが言わば、第1段階と言えます。

 

で、次は、第2段階、実際に話してみるトークタイムです。

ここでは、話の内容や意味よりもむしろ、その人と一緒にいてどれだけ快適か、どれだけ楽に接することができるかを見ます。

 

ここまで、時間にして、わずか5分程度

その5分の間に、女性の心に、一定の化学反応を起こせなかった男性は、そこで脱落してしまうのです。

そして、本当にいい男も、多くはここで脱落してしまっているのです……。

私たちが、こんなに性急に決断を下してしまうのには、立派な理由があります。

 

それは、人間は生きていく上で、できるだけ少ない情報で、できるだけ効率的に判断が下せるように、日頃から自分を訓練しているからです。

たいていの場面では、これはプラスに作用します。

しかし、恋人を選ぶ時だけは、話は別です。

→ダメ男は実は女が作り出している

 

もちろん、

直観を大事にするのは悪いことではありませんが、

 

繊細で、まじめで、奥深い魅力のある男性ほど、得てして、第一印象はあまりよくないものである

 

ということに気付くべきでしょう。

 

“原石”の男性は、(原石だけに)キラキラしたところはないですが、中身は確かなのです。

すぐに魅力が伝わらないのは、

気取らず、“ありのままの自分”を見せる勇気を持っているから

なのです。

→好きだったはずの相手なのにスピード離婚に至る理由

【理由②】彼らはシャイである

“原石”の男性が、女性の目にとまりにくいもう1つの理由は、

彼らの値打ちがシャイという仮面に隠れているから

です。

 

女性は時々、男性が、人前で見せる顔と、1人でいる時の顔との両方を持っているということを忘れがちです。

あなたが見ているのは、その男性の素顔のごく一部なのです。

 

特に、繊細な男性は、女性と同じ不安と弱みを抱えているため、自分をさらけ出すまでに時間がかかるものです。

相手の女性と十分信頼し合い、打ち解けあえるまでは、自分の素顔を見せることができません。

 

女性の中には、男というものは、外向的に自分を表現し、攻撃的であるものだと信じ込んでいる人が少なくありません。

しかし、これはまったくの誤解です。

 

やさしく受け入れてもらい、支えてもらい、そこで初めて隠していた素顔を表せる男性もいるのです。

→男らし過ぎる男には逆に気をつけて!

本来、女性に話しかけたり、アプローチすることは、大人の男性であっても、それなりに勇気のいること。

(フラれて傷つく恐れもあるわけですから。)

 

でも、それが平気ででき、初対面の女性の前でも、ほとんど臆することなく、自分をアピールできる人は、

果たして、他の人間の気持ちが分かる人でしょうか?

単純で、鈍感で、愛情に欠けている、と見ることもできないでしょうか?

 

シャイさ(やさしさや繊細さ)は、弱さではありません。

 

男性を選ぶ時には、ありきたりな(古い概念の)男らしさではなく、

・堅実さ
・真剣さ
・一緒にいる時の安心感や快適さ

をもっと重視すべきでしょう。

→ラブラブに憧れるな

ビビビの正体とは?

でもやっぱり、ビビビへの憧れは捨てられないわ……。

 

という方のために、ビビビの正体をお教えしましょう。

 

先ほどは、“刺激”という言葉も使いましたが、

刺激も、トキメキも、ビビビも、根底は同じです。

 

そして、その正体とは、

 

私って、いったいどれくらい愛されているんだろう?

 

という『不安』『いら立ち』です。

要は、気が気じゃないわけです。

 

自分のことをどれくらい好きか全然分からない人、
自分のことを好きじゃないかも知れない人、
……でも、自分が好意を持っている人、

そんな人から、気のあるそぶりを見せられたりすると、人は、キュンとくるのです。

→いい人だとなぜつまらなく感じてしまうのか?

 

そしてそれを、刺激とか、トキメキとか、ビビビと言ったりします。

(これを求めすぎる人は、どちらかというと、イヌよりは、ネコのほうを好むかも知れませんね。)

不安や苛立ちに、ずっととりつかれていても、いいことはありません。

一緒にいて安心で快適な関係こそ、理想的な男女関係です。

(ネコはネコでかわいいですが、ペットと人間の関係と、人間同士の関係は、また違います。)

→女がガツガツするとなぜ男は逃げるのか?

長続きする幸せを掴むために

確かに、男性と接している時に感じる、刺激やトキメキやビビビは、素敵には違いありません。

 

ですが、

男性と安定し、充実した関係を築きたい、と思う気持ちもあるなら、堅実で信頼するに足る男性を探してみましょう。

→彼をどうしても男として見ることができない理由

 

それは別に、

嫌な相手でも我慢しましょうとか、
一段下で手を打ちましょう、

と言っているのではなく、

新しい男性の評価の仕方があることに気付きましょう

ということです。

 

そうすれば、選択の幅もグッと広がり、男性との関わりは、これでより数段、実り多いものになるはずです。

→「一目惚れ」はロマンチックでも何でもなく単なる病気?!

最初は別に魅力的に見えなかった彼が、少しずつ魅力的な素顔を見せ始めた時、

あなたも同じように、彼に本当の姿を見せることに、抵抗を感じなくなっていくはず。

 

そうした安らぎを通して、あなたの手に入るのは、

きっとビビビよりも価値ある、

“長続きする幸せ”

というものです。

→理想の男性を見つけたいなら守るべきこと!

 

他にもこんな記事があります