これでバッチリ!自分に合った占い師の見分け方・選び方

いざ、電話占いを利用してみようと思った時、多くの人が、

「どんな占い師を選ぶか?」

というところで迷ってしまうと思います。

ここでは、

自分に合った占い師の選び方

をご紹介します。




あなたの直感(心)を信じること!

このサイトで再三述べていることは、

 

占いは、ただ当ててもらうことが重要なのではない

 

ということです。

→占いはあなたが成長するためのもの!

 

加えて、

 

人気占い師であることと、“いい占い師”であることとは別である

 

といったことも、お伝えしてきました。

→人気占い師と不人気占い師のたった1つの違い

 

……では、どんな占い師に占ってもらえばよいのか?

 

答えは、すでに出ています。

「あなたに合った占い師」です。

 

そしてそれは、

「今のあなたを元気にしてくれる占い師」です。

 

そんな占い師は、あなたの心」が勝手に選んでくれます。

 

電話占いサイトを見て、占い師の名前、顔、占い方法などを一つひとつ見ていきましょう。

 

全ては“縁”です。

 

あなたが「占いを受けたい」と思ったその日、その時間に、その占い師の都合が空いていることもまた“縁”です。

 

たくさんの占い師が所属していて、全ての占い師を見ることができない……

 

という場合でも、あなたの目に飛び込んできたのが、あなたと“縁”のあった占い師です。

 

 

この人かなぁ……

 

と思ったら、その直感」を信じてください。

 

人の「直感」と、「波動」は、常に連動しています。

 

 

心理テストでも、深く考えずに即答したほうが、本心が表れやすいとされていますが、それと同じようなものと思ってください。

→「波動」に関する基礎知識はこちら

他人からのオススメは不要!

例えば、あなたの友人が、

 

私が占ってもらった、◯◯という人、すごくよかったよ。

あなたも指名してみれば?

 

と言ってきたとします。

 

あなたは、喜んでそれに従いますか?

 

こうした友人が、このようなことを言う心理構造は、実は、「宗教の勧誘」と非常に似ています。

自分自身の感性から得た「自分の感想」に、本当の意味で自信を持てる人というのは、案外少ないものです。

 

宗教の勧誘とは、以下のような心理構造になっています。

 

〈この教え、確かに私はいいと思った。でも、本当にいいものなのかしら……?〉
⬇︎
〈○○ちゃんに勧めてみよう。○○ちゃんもいいと思ってくれたら、私の感想は間違ってなかったってことになるはず……〉
⬇︎
「ねぇ○○ちゃん、これ一緒にやってみない?すごくいいよ」
⬇︎
(友人が入信してくれた)
⬇︎
〈ああ、やっぱり、私の考えや感想は“間違ってなかったんだ……〉
※ちなみにこの勧誘は、自分の不安が続く限り、永遠に続きます。

 

人は、自分の判断に自信を持てない時に、誰かの後押しに頼るのです。

宗教の勧誘に限らず、最近よく見られる、SNSなどで、自分のよいと思ったものをたくさんの人に勧めたがる心理も、これと同じ構造です。

 

こうしたことによって、人は、「自己承認欲求」を満たそうとするのです。

 

ですから、

占い師を決めるにあたっても、「誰かからのオススメが欲しい」などとは、思わないほうがよいです。

 

何より、占いは、個人」対「個人」です。

人は千差万別、相性も人それぞれです。

 

(※他の占いサイトでは、あまりこのようなことは言わないと思いますが、特定の占い師を勧めるのは、単なるビジネス的理由だったり、相手の承認欲求に付き合わされるだけだったりするものです。)

(おまけ)当たる占い師は誰も教えてくれない

占いを利用する人の中には、決断に重い責任がのしかかり、かつ、あまり相談者がいない、ある意味で、非常に“孤独な職業”とも言える、企業代表者、政治家、芸能人などが多くいます。

(私が、かつて勤めていた占い事務所でも、実際そうでした。)

 

彼らは、自分が、日頃、占い師に観てもらっているということは、決して言いません。

 

それなのに、他人が占い師に観てもらっていると聞くと、

 

そんなの当たるわけないですよ。信じちゃダメですよ。

 

などと言ったりします。

 

結局のところ、人は、自分だけがいい目を見たいのです。

 

あなただって、そうかも知れません。

人は、当たる占い師を知れば知るほど、どこかで、他人には紹介したくないという心理が働くものです。

決めるところから“あなたの成長”が始まる

占いを欲している人は、何かの決断・判断に迷っていることが多いはず。

しかし、そんなあなたでも、自分が占ってもらう占い師くらいは、ピシッと決めなくてはいけません。

 

これは一見、突き放した言い方のようですが、占いを正しく賢く活用する上では、とても重要な考え方です。

 

例えば、

あなたが誰かと、「コインを投げて、出た面が、裏か表かを言い当てるゲーム」をするとしましょう。

裏か表かを言う時に、

 

自信ある?

 

と人から聞かれたら、そこであなたが、

 

自信ある!

 

と言えるか言えないかは、あなた次第なのです。

 

そこには根拠など何もありません。

ただ、あなたが、自分を信じるかどうか。

 

何事においても、「自分が信じられない人」は、たいてい、人の言うことも信じられないものです。

 

自分を信じてないから、自分で決めない……そんな人は、もしうまくいかなかったら、必ず、人のせいにすることでしょう。

「占い師を自分で選ばない」ということは、人のせい(占い師のせい)にする準備をしているようなものです。

どの占い師に占ってもらうかを、ピシッと決めることで、ひとつ、あなたの中に成長があるのです。

 

そして、その成長は、あなた自身の“壁”を突破するために、どうしても必要不可欠なことです。

→占いで自尊心を高められる?!

自分に合う占い師の探求なら“はしご”もアリ

占いに依存してはいけません、それは当然のことです。

ですが、占いのはしごは、必ずしも悪いことではありません。

 

例えば、アメリカでは、自分のお気に入りの「セラピスト」を持って、定期的に、自分がどう生きているかを客観視してもらう文化があります。

一方、日本では、セラピストより、「占い師」が身近な存在と言えます。

ですから、

 

この占い師と話すと、いつも、自分の本心がどこにあるかがよく分かるなぁ。

 

というような、長いお付き合いができる占い師に出会うまで、何度か、占い師を変えて試してみるのもいいでしょう。

 

どうしても、人と人には、“相性”がありますから、

 

自分にとって、言われた言葉を受け止めやすい占い師

 

を見つけたいという、確固とした意思があるのであれば、それは、“依存”ではなく、“探求”です。

しかし、その一方で、

言葉の受け止め方にも、テクニックや心構えが必要なことを忘れないでください。

 

あなたが向き合うべきは、「自分の心」です。

 

自分にあった占い師を探す過程の中で、特定の占い師を責めたり、非難したりするのは、とても愚かなことと言えるでしょう。

→占いとカウンセリングの違い

声や個性、そして何より「幸せそうな占い師」を選ぼう!

人それぞれ、心地よい声というのは、違います。

 

たとえ、特徴の強い声であっても、その人にとって懐かしい人の声に似ていれば、逆に癒される、ということもあります。

また、怒られるのが好きという人もいれば、とにかく自分のことを肯定して欲しいという人もいます。

 

占い師はある程度、プロとして、あなたが望むような言葉をかかけてくれますが、やはり、個性というのはあるものです。

 

もし、占いのはしごをしても、自分に合う人が誰か分からない、という場合には、占い師の個性を知るために、

その占い師自身のこと(人生の歩みや、身の回りのこと、人間関係など)

を少し聞いてみるのもいいでしょう。

また、もう一つの基準として、

あなたから見て、幸せそうに見える(感じる)占い師

を選びましょう。

 

占い師とて、自分が地に足つけて、幸せでない限りは、他人の幸せを説く権利などありません。

 

以上、あなたに合った占い師に出会うために、参考になりましたら幸いです。

→占いを受ける前にはこんな準備を!