占い師のカモになっちゃダメ!巧みな「依存」の罠とその脱出法とは?
brenkee / Pixabay

このサイトで発信しているのは、占い(電話占い)を利用する際には、

「けっして依存しないように正しく利用しましょう」

ということです。

しかし、占い師にもいろんな人がいて、巧みな罠を仕掛けてくる占い師もいます。

ここでは、そのような

占い師の仕掛ける罠

についてお話しします。

実際に見たズルイ占い師の実例

占い師業もビジネスですから、中には、大きな稼ぎを狙って、悪どいことをする占い師もいます。

その際、占い師のほうから「自分には不思議な力があるから、それが分かるんだ!」と“霊能力”を裏付けとされると、

霊能力のない人には、返す言葉もないように感じられますが、そうではありません。

 

それに対処できるのは、あなたの“冷静さ”です。

私が、かつて占い事務所に勤めていた時、こんな占い師がいました。

 

その人は不思議と、“定期的に”「特別なお祓(はら)いが必要な人」を見つけてくるのです。

そのお祓いとは、一回で何と10万以上もします。

 

ある時、

「あなたに水子の霊が憑いてますよ」で、1回分。

「あ、あなたのお母さんにも憑いてますね」で、2回分。

「おや? あなたのお姉さんにも憑いますね」で、

計3回分のお祓い費用を、一気に獲得してきました。

 

ちなみに、相談者の方は、その占い師(霊視鑑定士)への相談を、すでに複数回行っていました。

 

“目に見えない世界”のことは、私には分かりません。

しかし、私にはどうしても、これが不自然なことのように思えました。

こんなお客さんをなぜか“定期的に”見つけてくるのですから……。

きちんとした証拠はありませんので、これから述べるのは、あくまでも、私個人の考えであり、意見です。

 

常に、

 

いいカモは、いないかな?

 

と、探している占い師は、確かに存在します。

 

そのような占い師は、

 

この人はお金を持っていそうだ

 

とか、

 

そそのかしたら、どこまででもお金を引き出せそうだ


と判断したら、とことん要求してきます。

(上で紹介した占い師は、おそらく何度か占ってきた中で、「この客はいいカモになりそうだ!」と判断したのだと思います。)

 

電話占いの利用を考える方に、ちょっとだけ忠告をさせていただきたいのは、

占いを利用して、一刻も早く今の苦しみを取り除きたいお気持ちは分かります、

しかし、

あなた自身が成長しなくては、けっして幸せは訪れない

ということです。

 

幸せは、お金では買えません。

どうか、視野を広く持ってください。冷静さを保ってください。

(考えてもみてください、世の中のラッキーな人たちはみな、高いお金を出して除霊をしてもらった人たちですか?)

そのようなズル賢い占い師の、意のままに操られないでください。

 

「こんなこと言われたけどホントかしら?」

と思った場合は、誰かに相談してみてください。

 

このような場合、とにかく早急に「客観的な視点」が必要です。

 

もし、そのような相手がいないのなら、いつもとは違う占い師に相談するのも一つの手でしょう。

占いを利用しようとしたあなたは、心が弱っていたのかも知れません。

ですが、

「占い師の仕事」は、そんなあなたに適切なアドバイスを与え、壁を乗り越える“強さ”を引き出してあげることです。

けっして相談者を“弱ったまま”にして、お金を儲けることではありません。

→「悪い占い師」を一発で見抜く方法

“依存度”を高めようとしてくるテクニック

もう1つ、具体的な例をお教えしましょう。

これも、私が実際に見た例です。

 

その占い師は、多くの相談者に、このようなカマをかけます。

 

あなたは自分を、お母さんの○番目の子供と言うが、もしかしたら、○番目の子供かも知れない……

 

……う〜ん、何とも気持ち悪い言葉です。

これは、この占いを受けた後、母親に直接確認しようったって、なかなかできることじゃありません。

 

なぜ、この占い師はこのようなことを言うかというと、文字通り、「一か八か」の賭けに出ているのです。

 

うまくいけば、相談者との間に、“2人だけの小さな秘密”ができあがり、相談者が自分のことを“特別な人”扱いしてくれる可能性が高まるのです。(すなわち、依存度も高まるわけです。)

 

もし後日、相談者が母親に直接確認して、「違いましたよ」と伝えても、占い師は、もっともらしい顔をして、意味ありげに「……そうでしたか」と言えば、済む話。

ズルイ占い師は、このような手を使う場合があります。

占い師の術はこう見破れ!

さらに、なかなか使える機会は少ないのですが、ここで一応、ズルイ占い師のテクニックを見破る方法もお教えしておきましょう。

 

それは、「同じ占い師に相談した人同士で話をすること」です。

 

そうすると、その占い師のテクニックが色々と明らかになることがあります。

「あ、私もそれ言われた!」、みたいな感じですね。

これによって、シャボン玉が弾けるように、我に返ることができます。

 

たとえ、同じ占い師に相談した知り合いがいなくても、上でも述べたように、とにかく誰かに話すことが大切です。

→占いで落ち込むようなことを言われたら?

「自ら決断する権利」を奪ってくる占い師

最後に、具体的なテクニックではないのですが、もう1つ、このような占い師もいる、ということをお知らせしておきましょう。

 

それは、

「わざと相談者自身に決断させまいとする占い師」です

これもやはり、依存度を高めようとしています。

 

例えば、こんな感じです。

 

「家を建てようとしてますが、建てていいでしょうか?」
⬇︎
「建てなさい。設計する段階になったらまた来なさい」
⬇︎
「設計はここに依頼していいでしょうか?」
⬇︎
「そこにしなさい。間取りに悩んだらまた来なさい」
⬇︎
「間取りはこのようにしようと思ってます。いいでしょうか?」
⬇︎
(以下、延々と続く……)

 

実際、このように1つひとつ断言してくれる占い師は、

“決断に大きな責任を持つ人”ほど、心強く感じるものです。

会社経営者や、政治家で、お抱えの占い師を持つ人がいるのも、そのためです。

 

冒頭で紹介した占い師のように、

 

この人はお金を持ってそうだな。
それに、コントロールしやすそうだな……

 

と判断したら、とことん依存させようとする占い師は、現実に、います。

そうやって依存させてしまえば、ズバリ、“儲かる”からです。

 

ですが、本来、

あなたを幸せに導くのが、占い師の使命であり、占いの役割です。

 

あなたが人生における大きな決断をする際、

その「決断する権利」を乗っ取ろうとする占い師は、

本来の仕事から逸脱していると言っても過言ではないでしょう。

 

あなたの人生の主人公は、誰でもないあなたです。

占いを利用する際は、十分気をつけてください。

→占い師を「自分で選ぶこと」にもあなたの成長がある!

 

 

他にもこんな記事があります