霊的世界や超常現象など“目に見えない世界”とどう接したらいいの?
himanshugunarathna / Pixabay
Pocket

占いはよく、超常現象や、霊的世界・霊的能力と一緒くたにされて語られますが、

「占いを利用すること」イコール、「超常現象を信じる、肯定すること」ではありません。

では、“目に見えない世界”とは、どのようなスタンスで接するのがいいのでしょうか?

“見えない世界”があろうとなかろうと、“主導権”は自分にある!

これについては、個人的な感性や考え方が色濃く反映しますので、まず、私の個人的な見解を先に述べます。

 

「目に見えない世界」は間違いなくあると思っています。

「霊能力」も、ある人には、あるのだと思っています。

 

しかし、それが単なる思い込みなのか、本当の力なのかは、誰にも線引きすることはできないと思っています。

 

そして、いつも心に置いている結論は、

 

自分の目に見えないことや、自分がどうすることもできないことに対しては、気にし過ぎる必要はない

ということです。

占いの話に立ち戻ると、例えば、霊視によって、未来の自分の姿を見てもらったとします。

そしてそれが、理想の姿だったとします。

 

そんな時、誰だって喜ぶのは当然でしょうけど、そこで努力することをやめてしまっては、その理想の姿になれるはずもありません。

 

それが霊能力だったにせよ、占いの技術であったにせよ、

未来の姿を見通してもらうことは、

それによって、楽ができるということではありません。

 

努力はするのです。

未来の姿を見通してもらったとしても、その未来には、自分の力でたどり着かなくてはいけません。

→占いに助けを求めても意味ない?!占いの本当の役割とは?

 

要するに、

「未来は変えらる」ということになりますし、

霊視や占いが全てなのではなく、

「あくまでも主導権は自分にある」ということになります。

ですから、

“目に見えない世界”があったとしても、なかったとしても、

先を見通す霊能力を持っている人がいたとしても、いないとしても、

結局、自分次第、受け取り方次第なのです。

 

それをどう利用するか、活用するか、ということですね。

占いは、不安を軽くし、前進する力を得るためにあります。

(反対になってしまったら、元も子もありません……。)

 

どんなことに対しても、違う見方や考え方があることを認識する!

世の中には、科学では解明されていない不思議なことがたくさんあります。

目に見えない世界が、果たして本当にあるのか、ないのか、そこに結論を出すことが大事なのではありません。

 

たとえば、

自分の身に起きた不幸な出来事を、悪霊のせいにするのは簡単です。悪霊のせいにすれば、自分の責任はなくなります。

しかし、だからと言って、そんな自分に都合のいいことを言ってくれる占い師に、喜んで多額のお金を払ってはいけません。

確かに、世の中には不思議なこともありますが、

その一方で、「事が起きるのには必ず理由がある」という合理的な考え方も捨ててはいけません。

 

たびたび、悪霊のせいだとされる“金縛り”だって、その人たちの生活習慣をよくよく調べると、

・寝つきが悪く、夜中によく目覚める人
・睡眠のリズムが不安定で、よく居眠りをする人
・睡眠時間が足りないと感じている人

だったりします。

規則正しい生活で睡眠不足を解消したり、仰向けより横向きになって、筋肉を少し緊張させて眠るようにすれば、金縛りは、ある程度避けられます。

 

どの考え方が正しい、というのではなくて、常に、

 

違う見方や考え方も存在する

 

ということを、認識しておくことによって、あらゆることに対して、冷静に対処できるようになります。

 

→波動って何?引き寄せの法則ってどういうこと?

 

おすすめの記事