占いで悪いことや怖いこと、落ち込むようなことを言われたらどうする?
Pocket

電話占いの利用を検討する際に、

「怖いことや落ち込むようなことを言われたらどうしよう?」

と警戒している人が、意外と多いようです。

そこで、ここでは、

占い師から落ち込むようなことを言われたら、どう対処したらよいか?

について、解説します。

占いは「占ってもらうあなた」が主人公!

対処法にいく前に、占いを聞く意味について、ざっとおさらいしておきましょう。

 

確かに、あなたの過去のこと、そして未来のことまで、ズバリと言い当てる占い師はいます。

しかし、それがいい占い師であるかどうかは別であると、再三述べてきました。

 

占い師の仕事は、あなたを元気にすることです。

 

元気とは、あなたが「希望を持って前進している状態」のことです。

「きっとその試験には受かりますよ」と言ったら、

その人は安心して、勉強をやめてしまう人なのか、それともさらに身を入れて勉強に打ち込む人なのか、

 

「きっとその恋は叶いますよ」と言ったら、

その人は安心して、何の行動も取らなくなってしまうのか、それとも積極的にアプローチする人なのか……

 

すべてはその人次第、あなた次第なのです。

 

いいですか?

 

占い師が、

どんないいことを言おうとも、

どんな悪いことを言おうとも、

あなたの未来は、あなたの手の中にあります。

→カリスマ占い師や人気占い師が使う、当てるためのテクニックとは?

よほどあなたの今の環境が、今目指している目標や願いと乖離していない限り、占い師はあなたのことを応援してくれるでしょう。

(例えば、多額の借金を背負っているのに、ギャンブルに投資をすることは応援しないでしょう。当たり前のことです。)

 

占いは、「占い師」のほうではなく、

「占ってもらうあなた」が主人公です。

 

占い師に、自分の夢や願いを応援してもらい、うまくいくイメージを自分の意識にしっかりと刻み込み、

その実現力を高めるために利用するのが、「占い」であり、「占いを聞く意味」と言えます。

 

……そのことを忘れないでください。

あなたが元気にならなければ、その占いは失敗

「あなたはあの人と縁がないようです」

「あなたは〜に関して、運がないようです」

「その結婚はうまくいかないでしょう」

……など、相談者が落ち込むような言葉はたくさんあります。

 

ですが、それを聞いて、ただ落ち込むのではなく、「なぜ占い師がそれを言ったか?」についても、少し考えを巡らせてみましょう。

占い師の言葉は、

 

占いの結果+占い師自身の価値観

から出てくるものです。

 

例えば、いつも旦那の後を三歩下がって歩くような亭主関白の状態を好む女性もいれば、絶対に嫌だという女性もいます。

何が快適で、何がその人にとって幸せな状態かは、人によって違うものです。

(占い師本人の幸せの価値観が、あなたとは違う可能性もあるということです。)

そして、これもいつも忘れないでください、

占い師の仕事は、相談者を元気にすること……

ですから、

 

タロット占いで出てきたカードを占い師が“解釈”するように、

あなた自身も、占い師の言葉を自分で解釈してください。

 

占いの言葉や結果を恐れて、

あなたが「前進する力」を失ってしまっては(元気を失ってしまっては)、本末転倒です。

はっきり言いましょう。

 

恋は、何でも叶えばいいってものではありません。

身を引いたら、もっと素晴らしい恋が待っていることもあります。

 

仕事だって、うまくいけばいいってものではありません。

失敗したり、やめて、次の道へ進めば、これまで知らなかった新しい自分に会えるかも知れません。

 

その占い師が、

あなたの運勢がどこまではっきり見えて、

どんな意図を持って、

あなたをそんなに落ち込ませることを言ったのかは分かりませんが、

あなたが落ち込んでしまっては、その占いは失敗です。

 

(でも、“あなた自身”もその失敗に加担していることはお忘れなく……。)

 

ですから、他を当たるか、そうでなければ、綺麗さっぱり忘れてしまいましょう。

おすすめの記事