“駆け込み寺”は今でもあった!お寺でできる人生相談
Pocket

当サイトでは、

「日本では『占い師』がサイコセラピストの役割を果たしている」、

「“駆け込み寺”という言葉は残っているが、今や相談ごとをお寺に持ち込む文化はほとんどなくなってしまった……」

と発信していますが、あまり目立たないだけで、相談ごとを聞いてくださるお寺もあります。

 

その一部をここにご紹介しましょう。

 

蓮昭寺(神奈川県平塚市) 相談無料
妙善寺(東京都港区) 相談料1時間2,000円
池上本門寺(東京都大田区) 相談無料
一心寺(京都府与謝郡) 相談無料

 

他にもありますので、お住いの近くで探してみるとよいでしょう。

(※上に挙げた箇所はしっかり確認できていますが、後々、多額の祈願料を請求されたり、檀家へ勧誘されたりする可能性がないかだけは、十分確認してください。)

なぜお寺が相談ごとを聞いてくれるのか?

お寺がこのように、ほとんど金銭的な負担なく、人生相談に応じてくれるのはなぜでしょうか?

お寺における人生相談は、当然、占いや、心理カウンセリングのようなビジネス的側面はありません。

→電話占いビジネスの裏側とその仕組みってどうなってるの?

 

しかし今や、人口減少、核家族化の影響で、檀家さん(葬祭供養一切を任せる代わりに、お布施として経済支援を行う人)も減少し、仏教離れ・お寺離れが進んでいる時代です。

お寺が存在感を発揮し、続いていくためにも、人生相談を含むさまざまな方法で、近隣住民など外部の人々と、密な接触を図ったほうがよいのです。

 

また、もともと、お坊さんの仕事とは、「人の悩み・苦しみ・悲しみを取り除き、 安心や安らぎを与えること」です。

お坊さんたち自身の中にも、「ただ、お経を読むだけでなく、もっと人々の生の声を聞きたい」、「苦しむ人々の力になりたい」という気持ちがあります。

そういうこともあって、あなたの悩みを(好意的に)聞いてくれるのです。

実際、「プライベートな悩みごと」というのは、自分の知っている人や、身近な人には、話しにくいものです。

 

「何でも話せる友人がいればいいのだけど、私にはそんな人いないから、特別な存在が必要なんだ……」

などと、自分を卑下する必要は、まったくありません。

 

占いと同様、こうしたお寺の人生相談も、現代の日本社会のシステムに、しっかりと組み込まれているのです。

 

「ちょっと自分の悩みを聞いてもらいたい」と思うならば、少しも恥ずかしがることはありません。

もし、足を伸ばせる範囲に、そのようなお寺があるのなら、十分に利用する価値はあるでしょう。

→人に話を聞いてもらうだけで得られる効果があるって本当?

 

あなたが行動することによってしか、あなたの環境は変わりません。

少し勇気を出して、時には、こうしたものに頼ってみるのもよいでしょう。

何より、気分が晴れます。

 

少し旅行気分で“気”を充電! そして占いもあり…。

気分が晴れると言えば、旅行です。

ちょっと遠くに足を伸ばして、宿坊(しゅくぼう)に宿泊してみるのはどうでしょうか?

 

東京都の西のはずれ、青梅市御岳山(おうめし みたけやま)の山中にある、静山荘(せいざんそう)では、「滝行」も行うことができます。

……滝に打たれるアレですね。

人は、樹木、水、土、炎、太陽の柔らかい光、月の光などから、“気”を充電することができます。

 

「水」の場合、海水と温泉は、体を浸すだけでいいのですが、淡水であれば、溜まっているものより、流れているもののほうがパワーが強く、その究極は、滝。

滝に打たれるという修行法は、実は、「気の充電」に最も大きな効果があるのです。

……けっして芸人の罰ゲームではありません。(笑)

 

静山荘は、実は、当サイト管理人の私も、二度ほど利用しているのですが、ここは、滝行だけでなく、ヒーリング楽器を聴きながらの瞑想に加え、

ちょっとした占い込みの人生相談(別途1,000円・20〜30分程度)もありますので、当サイトのユーザーの方々にも、胸を張ってオススメできます。(このサービスはHPには記載がありませんが、やっています。)

 

ちなみに、滝行目的でこの宿坊へ来られるお客さんは、圧倒的に女性のほうが多いそうです……。

→どうして若者や女性は占いが好きなの?

→波動って何?引き寄せの法則ってどういうこと?

→みんな密かに使ってる?結婚や恋愛に関する電話相談

おすすめの記事