人に悩みを話すと嫌われる?だからこそ占い師に話そう!

人それぞれにさまざまな悩みがありますが、ほとんどの悩みのベースにあるのは、実は「人間関係」です。

こう言うと、にわかには信じられない人もいるでしょう。

例えば、「やりたいことがあるんだけど、それをやる勇気が出ない」という悩みなどは、その人の自身の心の問題のようにも思えます。

しかし、これだって、人間関係が問題なのです。

ここでは、

ほとんどの悩みの原点が人間関係である理由と、

悩み解決には占いが有効である理由

について解説します。

距離の遠い人に悩みを話すと嫌われる

悩みを抱えている人は、「誰かに話したい」という感情が芽生えます。

 

他人に話すことによって、

・共感を得て、楽になりたい
・状況を整理したい

という気持ちがあるからです。

 

こう聞くと、

 

でも、私には話せる人がいない……。

 

と、いじける人も人もいるかも知れませんが、その必要はまったくありません。

極めてプライベートな内容なら、どんなに親しい人にも話せないということはあって当然です。

それに、『本当はその人には話すべきではなかったのに、話してしまった』ということだってあり得ます。

「どこまでをその人に話せるか?」という、他人との距離の測り方は、とても難しいのが現実です。

 

これを間違ってしまうと、心の距離が遠い人に向かって、延々と愚痴を言うようなことをしてしまい、

 

めんどくさい人だな……。

 

と思われるのが関の山でしょう。

通常、人は、おいそれと、“心の距離が遠い人”の悩みまで共有してあげようとは、思いません。

それはその人に、やさしさが足りないから、ということではありません。

悩みを聞いたのに、親身になることができないができないのも、それはそれで辛いものです……。

 

“あなたとの心の距離が遠い人”が、あなたの悩みを聞いた時、きっと、以下のように思うことでしょう。

 

まいったなぁ、私はどこまで親身になってあげればいいんだろう?

この人と私の距離感では、あんまり突っ込んだことは言えないし……。

 

こういったことは、多くの人にとって盲点になっているのではないでしょうか?

 

つまり、

他人との心の距離を測り間違えば、その相手から嫌われる(敬遠される)可能性もある

ということです。

 

しかしながら、あんまり近い関係だと、逆に話せないこともあります。

まったくもって、一筋縄ではいかないものです。

→こんなにも大きい「話を聞いてもらうこと」の効果

悩みの原点は過去の「人間関係」にある!

冒頭で、

 

やりたいことがあるんだけど、それをやる勇気が出ない。

 

というのも、人間関係の悩みだと言いましたが、これについても解説しましょう。

悩みを解決しようという場合には、

まず何よりも、「原点」に戻らなくてはなりません。

 

この場合、

『そもそも自分に勇気がないのはなぜか?』

というのが、「原点」に当たります。

 

そこを考える時には必ず、自分がこれまでしてきたことを振り返ると同時に、自分を取り巻いていた人のことも振り返らなくては成りません。

 

いつも勇気がない人同士で寄り集まって、慰め合っていたのなら、勇気が育っていかないのは、当たり前です。

 

同じように、

 

あー、何で私って、こんなことができないんだろう!

 

と言う人がいたら、その人はおそらく、それだけ周りから甘やかされて(その人自身は怠けて)、生きてきたのででしょう。

 

同じように、

 

あー、なんで私の周りって、誠実な人がいないのかしら!

 

と言う人がいたら、きっとその人自身が、周りの人に対して、誠実に接してこなかったのでしょう。

ある意味、

悩んでいる人は、「自分の過去」を忘れてしまっている

と言うことができます。

そしてそれは、その人の去の人間関係」とイコールです。

→「恋愛の悩み」にこそ占いが有効な理由

人間関係の距離を気にせず話せるのが占い師

少しも非の打ちどころのない環境で育ち、少しも心の傷を持たない人間など、この世にいません。

誰だって、時には、「自分のこと」を思う存分話したいのです。

自分の思いを共有してもらい、自分のこれまでの生き方を肯定してもらい、安心したいのです。

しかし、

・内容的にも誰にも話せない
・相談相手との人間関係の距離を測りかねる

ような場合には、思い切って、占い師(電話占い)に相談してみるのがオススメです。

→男はギャンブルに、女は占いに走りがちな理由

 

中には、

 

相談をして、お金を取られるなんて……。

 

とか、

 

話せる人がいないから、占いを利用するなんて、ちょっと敗北感……。

 

と考える人もいるでしょうが、あらゆるサービスへの“対価(支払い)”というのは、“お礼”のことです。

それは、販売業でも接客業でも変わりません。

身内や親しい人に何かをしてもらったのであれば、「ありがとう」とお礼を言うように、

サービス業従事者からサービスを受ければ、「ありがとう」といった意味で対価を支払うだけのことです。

 

人間関係の距離にとらわれることなく、「自分のこと」を思う存分話せる『電話占い』は、今の時代ならではの便利なサービスと言えるでしょう。

(おまけに電話なら、“物理的”な距離にもとらわれません。)

→占い師でも答えられないこと

電話だから、占い師だから、話せることがある。

他にもこんな記事があります