【これぞ基本のキ!】いい占い師、悪い占い師の特徴と見分け方
9134173 / Pixabay

いろんな見方があるので、一口に「いい・悪い」と判定を下すのは、本来とても難しいことなのですが、

ここで、電話占いの利用を考えている方々に、

ごく基本的な「いい占い師・悪い占い師の見分け方」

を解説します。

占い師のタブーとされる「とう」「かん」「し」

はじめに、『悪い占い師』を知るために、

占い師のタブー(言ってはいけないこと)

を紹介しましょう。

 

そのタブーとは、ズバリ、「とう・かん・し」です。

これは、漢字で書くと「盗・姦・死」となります。

 

一つひとつ説明していきましょう。

 

盗(とう)
その人の犯罪や罪

その人が過去にしてきた犯罪というのが仮に見えたとしても、絶対に口にしてはいけません。

 

姦(かん)
男女関係
その人の“道”に背いた男女関係、男女問題というものが見えたとしても、それは言ってはいけません。

 

死(し)
死の宣告

その人の死期を読み取ることができたとしても、それを告げてはいけません。

 

この3つを口にしないということは、厳然たる宇宙の摂理として、霊能力者であれ、超能力者であれ、守らなくてはいけないことです。

 

当然、もし、「〜をしないとあなたは死にますよ」などと言う占い師がいたら、その占い師の言うことはすべてウソだと思ってください。

 

まず、大前提として、この3つを言わないということが、その占い師が信用できるかどうかの証明になります。

 

続けて、もう少し詳しく説明しましょう。

悪魔の側へ堕ちている占い師とは?

例えば、「大津波が起きる」だとか、「大地震が起きる」などと、触れ回る占い師がいます。

 

こうした占い師は、自分でそのような予言をした以上、内心、その予言が「当たって欲しい」と願います。

 

自分の“名誉”のために、自分が予言した現象がどうしても起きて欲しいと願うのです。

そして、もし、その予言が外れたとします。

すると、その占い師は、さらに強い力で、そのような大事件が起こることを祈るようになります。

 

“本人は気付いていない”というのがポイントですが、

この占い師は、多くの人を命を救うつもりで言っているつもりで、

それと同時に、多くの人が死んでくれるように祈っているわけです。

(分かりますか?)

 

当然、このようなことを吹聴するような占い師は、良い占い師ではありません。

 

もちろんあなた自身も、こういった予言の増幅装置になってはいけません。

→現代における占いの役割とは?

いい占い師はあなたを元気にしてくれる!

では、『いい占い師』とは、どんな占い師でしょうか?

 

占い師とは、その人が抱いているコンプレックスや気がかりなことを、すべて受け止める仕事です。

 

ですから、

 

その男はダメだ。すぐに別れなさい

 

“否定”をしたり、

 

すぐに、塩と水をまきなさい

 

とか、

 

あと○回来なさい(電話しなさい)

 

などと、“強要”をする占い師も、いい占い師とは言えないでしょう。

 

なぜなら、あまりにも、自分の価値観を絶対だと思い込んでいるフシがあるからです。

 

(「〜〜をしないと、〜〜になりますよ」と脅しをかけてくる占い師などはもう論外です。)

→占いでもし怖いことを言われたら?

占い師の仕事は、あなたの未来を強引に断言したり、自分の価値観通りに操ることではありません。

 

あなた自身やあなたの考え方を尊重し、理解を示し、その上で、あなたを元気にさせてくれるのが、いい占い師です。

このことはしっかりと、頭に入れておいてください。

→自分に合った占い師を選ぶポイントとは?

(余談)「やさしい嘘」もある

……正直、この内容まで記すかどうかは迷ったのですが、

「やさしい嘘」というものがあります。

 

ありのままに何でも正直に、(占い師であれば、“見えた通りに”、)伝えていいというものではありません。

 

時として、やさしさは、真実に勝ります。

 

常に、ストイックに、正しいことしか話さない人は、果たして、魅力的でしょうか?

(いい占い師と言えるでしょうか?)

お釈迦様の言葉で、

 

「嘘のつけない人になってはいけない」

 

というものがあります。

 

自分の信念を貫こうとして、結果的に人を傷つけてしまっては、それまで何のために修行・勉強をしてきたのでしょうか?

 

常に温かい眼差しで他人を見守り、周囲を明るくし、相手の気持ちを楽にさせてあげる人こそ、魅力的ですし、

占い師とて、同じことが言えます。

→自分を好きになるために占いをする!

 

 

 

 

おすすめの記事