占い師は占い師になるために何を学び、どんな勉強をしているの?
Free-Photos / Pixabay
Pocket

占いを利用する際、常に頭をクールに保つことは必須。

そのために、ここでは、

占い師がどんな勉強をしているかについて、

少し触れましょう。

霊能力は特に不要。占いの原則をしっかり習得することが第一!

私が務めていた占い事務所は、自分たちでは「占い」とは言わず、常に「霊視鑑定」という言葉を使っていました。

サービスとしては、「霊視による運勢・運命の鑑定、および人生相談」ですね。

(霊視による〜 とついているところがポイントです。)

 

はじめのうちは私が占い、占いと言うたびに、先輩から注意されたものです。

「占い」と言うと、やはり少なからず毛嫌いする人がいますし、少し安っぽく見えるからです。

 

しかし私はどちらかと言うと、この姿勢には反対です。

“利用者の目には見えないもの”で、安易に権威づけを図っているようにも見えるからです。

→占い師名ってどうやって決めてるの?なぜ占い師は“先生”と呼ぶの?

 

事実、良心的であるがゆえに、自分に霊能力があることを強調しない占い師さんもいらっしゃいます。

(詳しくは、後ほどお話しします。)

 

……少し意表をついたところから述べましたが、

占い師になるのに、

霊能力および霊感は特に必要ありません。

相談者の話を聞く以上、その相談者に寄り添うことが何より大事です。

霊能力を備えていると、逆に、判断に迷うことがあります。

 

かと言って、体(てい)のいい慰めの言葉だけを言えばいいものでもありません。

占いの勉強をせずに、自分の人生経験に頼り過ぎると、安易で底の浅いアドバイスになってしまいます。

 

頼りにするべきは“霊能力”でも人生経験でもなく、やはり、「占いの原則」です。

これをしっかりマスターし、それに従ったアドバイスをしなくてはなりません。

資格こそ不要ですが、占い師には、しっかりした占いの知識が不可欠。

占いを勉強をするには、通信教育や、占い学校へ通う師匠へつく、といった手段があります。

 

(そこからどのように、占いをビジネスとしてスタートさせていくかは、また別の記事にて紹介します。)

 

相談者にどれだけ寄り添えるか日々勉強

占い師の間には、

 

「占い師に吉凶なし」

 

という言葉があるそうです。

 

これは、単純な「いい」、「悪い」の判断を戒めるもので、「凶」の中から「吉」を発見したり、「吉」の中から「凶」を発見したりする冷静さを持つように、という意味です。

 

占い師たるもの、当てることだけに神経を張り巡らせて、相談者に幸せになってもらうことを忘れてはいけません。

 

相談者としては、不幸な未来を当ててもらいたいわけでなく、どうすれば、幸せになれるかを聞きたいからこそ、相談をもちかけたのです。

占い師には、お客さんが何を望んでいるのかを、しっかり見極め、いっしょになって幸せを求めていく姿勢が求められるのです。

当然、占いの研究とともに、こうしたことも勉強していかなくてはなりません。

→人に話を聞いてもらうだけで得られる効果があるって本当?

ここで、私の実体験も少し、添えておきましょう。

 

私が務めていた事務所の、一人の占い師さんが、こんなことをおっしゃっていました。

 

「私は、悪い霊がついていても、本人に言わない。だって、自分に見えないのに、そんなこと言われたって嫌でしょ? だから、その人には教えずに、話をしている途中で、取ってあげる」

 

と。

不幸な未来や事実が見えたら、ただそれを教えるのが、占い師の仕事ではありません。

それをどう回避できるか、それを乗り越えてどうやったら幸せになれるかを、相談者に寄り添って考えること、それも占い師として日々勉強することであり、修行なのです。

 

……この方は、あまりお客さんの多い占い師ではなかったですが、その事務所で、私がもっとも好きな占い師さんでした。

→「いい占い師」と「悪い占い師」の特徴は?どう見分けたらいいの?

おすすめの記事