霊能力は不要?利用する側も知っておきたい「占い師の心得」

占い師は、確かに、あなたが持っていない技術を持っていますし、あなたの知らなかったことや、思いもつかなかったことを教えてくれるでしょう。

しかし、ひたすら平伏していると、占いを利用する最大の目的である「あなた自身が幸せになること」を、つい忘れてしまいがちになります。

占いを利用する際は、常に、頭をクールに保たなくてはなりません。

そのためには、一度、“占い師側の立場”に想いを巡らせてみるのも効果的です。

というわけで、ここでは、

占い師の「あるべき姿」と「持つべき心構え」

について解説します。




霊能力より大事なこと

私が、かつて務めていた占い事務所は、自分たちでは「占い」とは呼ばず、常に「霊視鑑定」という言葉を使っていました。

 

サービス内容としては、

「霊視による運勢・運命の鑑定、および人生相談」

とされていました。

(霊視による〜、とついているところがポイントです。)

 

はじめのうちは、私が、「占い」と口走ってしまうたびに、先輩から注意されたものです。

「占い」と言うと、やはり、少なからず毛嫌いする人がいますし、若干安っぽく見えるということもあったのでしょう。

 

しかし、私はどちらかと言うと、今でも、この姿勢には反対です。

霊という“利用者の目には見えないもの”で、安易に権威づけを図っているようにも見えるからです。

→なぜ占い師は“先生”と呼ぶの?

私は、霊能力とか、第六感というものは、どんな人にでも少なからずあるものだと思っていますし、

 

占いではなく、霊視なんです!

 

と、わざわざ強調するような姿勢は、むしろ、誠実さに欠けるような気すらします。

霊視であれ、相談者の未来を占うために用いるのであれば、それは、「占い」です。

 

なお、当サイトでは、「霊感・霊視」を謳っているサイトと、そうでないサイトを、両方紹介させてもらっていますが、これは単に、サイトそれぞれの演出方針に過ぎません。

いずれも、『電話“占い”サイト』と呼んで差し支えないものばかりです。

事実、占い師さんの中には、強い霊能力を持っていても、それをあまりアピールしない占い師さんもいらっしゃいます。

 

持ってるけど、使うことは、ほとんどない。

 

と、おっしゃる方もいました。

 

そもそも、占い師になるのに、霊能力および霊感の強さは、重要ではありません。

相談者の心にいかに寄り添えるか?のほうが大切です。

 

そして、こう言っては何ですが、

強い霊能力を備えていると、

そのせいで逆に、判断に迷うことだってある

のです。

たとえば、

試験に合格する未来が見えても、ただ、

 

あなた受かりますよ。

 

とだけ言えば、その相談者は、試験に向けて続けてきた努力を、やめてしまう可能性もあります。

 

何かに失敗する未来が見えたとしても、

 

ちょっとそれは、無理みたいですね。

 

とだけ言えば、その努力が、相談者の人としての成長に大きな意味を持つとしても、そこで努力をやめてしまう可能性もあります。

 

しかし、かと言って、

体(てい)のいい慰めの言葉だけを言えれば、それで占い師が務まるかと言えば、そうではありません。

自分の人生経験だけに頼りって、相談に乗ると、安易で底の浅いアドバイスしかできないでしょう。

 

占い師が頼りにするべきは、“霊能力”でも“人生経験”でもなく、やはり、「占いの原則」です。

それには、「心の勉強」も含まれています。

ちなみに、占いの勉強をするには、

・通信教育
・占い学校へ通う
・師匠へつく

といった手段があります。

 

“占い師になるために霊能力を鍛える学校”というのは、存在しません。

→占いビジネスの仕組みと裏側を解説

相談者に幸せになってもらうのが占い

占い師の間には、

 

「占い師に吉凶なし」

 

という言葉があります。

 

これは、単純な「いい」、「悪い」の判断を戒めるもので、

「凶」の中から「吉」を発見したり、「吉」の中から「凶」を発見したりする冷静さを持つように、という意味です。

 

占い師たるもの、

当てることだけに神経を張り巡らせて、

相談者に幸せになってもらうことを忘れてはいけない

のです。

 

……でも、それは、そうですよね。

 

相談者としては、何も、不幸な未来を当ててもらいたいわけでなく、「どうすれば幸せになれるか?」を聞きたいからこそ、相談を持ちかけたのです。

 

したがって、

占い師に最も求められるのは

 

相談者が何を望んでいるのかをしっかり見極め、いっしょになって「幸せ」を求めていく姿勢

 

と言えるでしょう。

→なぜ男性よりも女性のほうが占いと相性がいいのか?

私が出会った素敵な占い師

最後にひとつ、参考例として、私が実際に出会った、「相談者に寄り添う姿勢を持っていた占い師さん」の話をしましょう。

 

かつて、私が務めていた占い事務所の、ある一人の占い師さんが、こんなことをおっしゃっていました。

 

私は、悪い霊がついていても、本人に言わないんです。

だって、自分に見えないのに、そんなこと言われたって嫌でしょ?

だから私は、そのことを本人には教えずに、話をしている途中で、取ってあげるんです。

 

これこそ、占い師として、真にあるべき姿なのではないでしょうか?

 

不幸な未来や事実が見えたら、ただそれを教えるのが、占い師の仕事ではないのです。

「そうした不幸をどう回避できるか、それを乗り越え、どうやったら『幸せ』になれるか?」

を、相談者に寄り添って考えること、それも占い師として日々勉強することであり、日々の修行なのです。

 

それはつまり、本人にいい影響を及ぼさないのなら、あえてその内容を伝えないこともあるということです……。

余談を申せば、

あいにく、上で紹介した占い師さんは、あまりお客さんの多い(人気のある)占い師ではありませんでした。

 

そのせいか、周囲からは、

 

あの人は全くチカラがない、何も見えないんじゃないか?

 

と揶揄されていたくらいです。

 

しかし、その事務所で、私がもっとも好きな占い師さんでした……。

→人気占い師と不人気占い師のたった一つの違いとは?

恋愛・復縁・仕事・相性
当たると評判の電話占いヴェルニ
 電話占いって
\ どんなサービス?/

期間限定5,000円分の
無料鑑定 /

他にもこんな記事があります