【これが占い師の心得】霊能力より大事なのは相談者に寄り添う心!

占いを利用する際、常に頭をクールに保つことは必須。

そのために、ここでは、

占い師の「あるべき姿」と「持つべき心構え」について、

少し触れましょう。

霊能力より大事なこと

私が務めていた占い事務所は、自分たちでは「占い」とは言わず、常に「霊視鑑定」という言葉を使っていました。

サービスとしては、「霊視による運勢・運命の鑑定、および人生相談」ですね。

(霊視による〜 とついているところがポイントです。)

 

はじめのうちは私が占い、占いと言うたびに、先輩から注意されたものです。

「占い」と言うと、やはり少なからず毛嫌いする人がいますし、少し安っぽく見えるからです。

 

しかし、私はどちらかと言うと、この姿勢には反対です。

“利用者の目には見えないもの”

で、安易に権威づけを図っているようにも見えるからです。

→なぜ占い師は“先生”と呼ぶの?

 

事実、良心的であるがゆえに、自分に霊能力があることを強調しない占い師さんもいらっしゃいます。

 

……少し意表をついたところから述べましたが、

占い師になるのに、

霊能力および霊感は特に必要ありません。

相談者の話を聞く以上、その相談者に寄り添うことが何より求められます。

 

こう言っては何ですが、

霊能力を備えていると、(その能力のせいで)逆に、判断に迷うこともあるのです。

 

たとえば、試験に合格する未来が見えても、ただ、当たり前のように「あ、受かりますよ」とだけ言えば、その相談者は試験に向けて続けてきた努力をやめてしまう可能性もあります。

何かに失敗する未来が見えたとしても、「無理みたいですね」とだけ言えば、すぐに諦めてしまう可能性もあります。

(そこでの努力が人間として成長させるとしても……。)

 

かと言って、体(てい)のいい慰めの言葉だけを言えばいいものでもありません。

占いの勉強すらもせずに、自分の人生経験だけに頼りって、相談に乗ると、安易で底の浅いアドバイスしかできないでしょう。

 

占い師が頼りにするべき、“霊能力”でも“人生経験”でもなく、やはり、「占いの原則」です。

これをしっかりマスターし、それに従ったアドバイスをしなくてはなりません。

 

 

資格こそ不要ですが、占い師には、しっかりした「占いの知識」が不可欠。

それには「心の勉強」も含まれています。

(ちなみに、占いの勉強をするには、通信教育や、占い学校へ通う、師匠へつく、といった手段があります。)

→占いビジネスの仕組みと裏側を解説

相談者に幸せになってもらうのが占い

より具体的に、「占い師が持つべき心構え」について説明しましょう。

占い師の間には、

 

「占い師に吉凶なし」

 

という言葉があります。

 

これは、単純な「いい」、「悪い」の判断を戒めるもので、

「凶」の中から「吉」を発見したり、「吉」の中から「凶」を発見したりする冷静さを持つように、という意味です。

 

占い師たるもの、当てることだけに神経を張り巡らせて、相談者に幸せになってもらうことを忘れてはいけないのです。

 

相談者としては、不幸な未来を当ててもらいたいわけでなく、「どうすれば幸せになれるか?」を聞きたいからこそ、相談をもちかけたのです。

占い師に最も求められることを一言で言うと、

 

相談者が何を望んでいるのかをしっかり見極め、いっしょになって「幸せ」を求めていく姿勢

 

と言えるでしょう。

→なぜ男性よりも女性のほうが占いと相性がいいのか?

私が出会った素敵な占い師

ここでひとつ参考例として、

実際に私が出会った、相談者に寄り添う姿勢を持っていた占い師さんの話をしましょう。

 

かつて私が務めていた占い事務所の、一人の占い師さんが、こんなことをおっしゃっていました。

 

私は、悪い霊がついていても、本人に言わない。

だって、自分に見えないのに、そんなこと言われたって嫌でしょ?

だから私は、そのことを本人には教えずに、話をしている途中で、取ってあげる

 

と。

 

繰り返しますが、

不幸な未来や事実が見えたら、ただそれを教えるのが、占い師の仕事ではありません。

 

「そうした不幸をどう回避できるか、それを乗り越え、どうやったら『幸せ』になれるか?」

 

を、相談者に寄り添って考えること、それも占い師として日々勉強することであり、修行なのです。

(本人の気持ちや未来に対していい影響を及ぼさないのなら、あえてその内容を伝えないこともあるということです。)

あいにく、この占い師さんは、あまりお客さんの多い占い師ではありませんでした……。

 

中には、

「あの人は全くチカラがない、何も見えないんじゃないか?」

と揶揄する人もいたくらいです。

 

しかし、その事務所で、私がもっとも好きな占い師さんでした……。

→人気占い師と不人気占い師のたった一つの違いとは?

 

他にもこんな記事があります