辛い記憶を忘れたいなら、存分に思い出せ?!過去の苦痛を癒す3ステップとは?

大きな失敗や、失恋などの記憶に、ずっと縛られている人がいます。

そんな時、平凡なアドバイスなら、「そんなこと忘れちゃいなさい!」で終わりでしょう。

しかし実は、過去の苦痛から癒されるには、存分にその時のことを思い出したほうがいいのです。

ここでは、

過去の苦痛から癒されるための3ステップ

について解説します。

その苦痛のルーツはあなたの過去にある!

あなたに何か辛い記憶があり、何かをするにあたって、いつもその記憶が邪魔をする、または不安を強く掻き立てる、という時、

 

そんなこと忘れちゃいないさい!

 

と、他人から言われたり、

もしくは、

 

あんな記憶、忘れちゃおう!

 

と、自分で自分に言い聞かせることは、つまり、

感情を抑圧する

ということです。

 

怒りや悲しみといった感情を、いつも抑えつけ、そういったことに慣れてしまうと、心はいつしか“不感症”になってしまい、

・愛
・知恵
・他人を受け入れる受容性
・新しいものを生み出す創造性

といった精神的豊かさを失ってしまいます。

感情は、抑圧してはいけません。

 

辛い時には、何がどれだけ辛いのか、
悲しい時には、何がどれだけ悲しいのか、
嬉しい時には、何がどれだけ嬉しいのか、
楽しい時には、何がどれだけ楽しいのか

しっかりその気持ちに向き合うことが大切です。

 

とりわけ、ネガティブな感情に捉われて、その苦しみから解放されたいという場合には、かえってその苦しみから逃げないほうが、早く解放されることができます。

実は、あなたの激しい感情のほとんどは、

あなたの過去に由来しています。

 

つまり、「現在の苦痛」は「過去の癒されていない苦痛」がルーツとなっているわけです。

 

ですから、

「現在の苦痛」から解放されるには、

「いまだに引きずり続けている過去の苦痛」を処理するのが、

一番の近道。

 

心の痛みを無視したり抑えつけたりせずに、そのルーツとなっている過去を炙り出し、処理する作業こそ、これからご紹介する過去の苦痛を癒す3ステップです。

過去の苦痛を癒す3ステップ

3ステップは、おおよそ、次のように進んでいきます。

 

【第1ステップ】
過去の似たような記憶をとにかく思い出す!
⬇︎
【第2ステップ】
その記憶をもっともっとよく思い出す!
⬇︎
【第3ステップ】
その記憶を今の知見で分析する!

 

では、細かく説明していきましょう。

【第1ステップ】

過去を思い出すためには、例えば、心の落ち着くBGMをかけて、自分に質問してみましょう。

 

私、前にもこんな気持ちになったことなかった?

 

と。

 

この時、別に正解はありません。

辛い記憶ではなく、楽しい記憶が思い出された時にも、そのままその記憶を丁寧になぞっていってください。

必ず、楽しさの裏には怖さがあったり、感謝の中にはちょっとした恨みが混ざっていたりするものです。

辛い思い出が何となく見つかったら、それを“利用する”ことにします。

【第2ステップ】

辛い思い出に気づいたら、今度は、それをできるだけありありと思い出し、心の中で“追体験”します。

細かい部分を意地でも思い出そうとしたり、視覚化しようとまでしなくても大丈夫。

 

あの時も、ちょうど今のような、こんな感情を持ってたなぁ……

 

という思いに浸ることができたら、ひとまずよしとします。

【第3ステップ】

最後の第3ステップでは、思い出した辛い思い出を、現在のあなたの立場で分析してみてください。

それはちょうど、「階段の上」から、「下の段」を見下ろすような感じです。

 

するとその時の、

・不要な思い込み、勘違い
・持っていなかった知識
・配慮していなかった事情
・自分の人間性の未熟さ、至らなさ

などに気づくことでしょう。

 

そうしたら、あなたはきっと、

・許し
・理解
・感謝
・信頼

といった4つの癒しの感情に包まれ、「現在の苦痛」から解放されるはずです。

→女らしくなれば開運する?!

子供の頃に失ったものを取り戻そう!

前述したように、辛い感情を無理矢理抑えて、一時的な安らぎを求めてしまうと、その後ずっと、抑圧の症状に苦しみことに続けることになります。

 

よくよく考えてみてください。

 

あなたは子供の頃、いや、赤ちゃんの頃、自分の感情を抑えつけることなどあったでしょうか?

抑えつけるどころか、ちょっとしたことで、何かと感情を爆発させていたはずです。

そんな子供や赤ちゃんだった頃、あなたは、

 

・他人を許すこと
・自分を許すこと
・自分の要求をはっきりと伝えること

・人に助けを求めること
・変えようのないことを受け入れること
・自分の価値を認めて他人を尊重すること

 

などが、ちゃんとできていたはず。

 

これらはすべて、

あなたが大人になるにしたがって、既成概念や世間体に縛られ、失ってしまった技術

と言えます。

 

上に紹介した過去の苦痛を癒す3ステップは、言うなれば、これを意識して取り戻そうとする方法です。

繰り返して訓練を積めば、これらを習得でき、さらには、心がけ次第で、この技術を伸ばすことができるということにも気づくでしょう。

→トイレ掃除で悩みが解決する?

(おまけ)誰かに気持ちを打ち明けたい場合は…

この3ステップを行うにあたって、第三者に気持ちを打ち明けることも助けになります。

 

しかし、気をつけなくてはならないのは、アドバイスをされ過ぎると、自分の本当の感情が掴めなくなってしまうということです。

 

過去の苦しみを感じるには、安心できる環境がなければなりません。

自分の苦痛を大したことがないと思われたり、批判されたり、攻撃材料にされたりすれば、かえって、苦痛は深まりかねません。

 

誰かに話したいけれど、身近にそういう相手がいない
話したいけど、身近な人には話したくない

 

という場合には、今では一般的になりつつある『電話占いサービス』を利用してみるのもいいでしょう。

→いわゆる“駆け込み寺”の現在

 

他にもこんな記事があります