なぜかナルシストばかり好きになる女性必見!実は相当ヤバい“ナル男”の正体とは?

「ナルシスト」と聞くと、ちびまる子ちゃんの花輪君をイメージしたり、“ナル男”とかと言って、ちょっと小馬鹿にするようなところがあります。

しかし、女性の中には、なぜかナルシストタイプの男性しか好きにならないという人もいるようです。

ここでは、

実は相当ヤバい、ナルシスト男の正体

について、解説します。

(※正式には「ナルシシスト」なのですが、ここでは、より普及している「ナルシスト」で進めていきます。この呼称も一応、間違いではありません。)

本当は劣等感でいっぱいのナルシスト

当サイトでは、

「自尊心を高め、自分を好きになって、悩みから脱出しよう」

というメッセージを打ち出していますが、

「ナルシストになろう」というのではまったくありません。

 

「ナルシスト」というのは、

「自己陶酔」しているのであって、

その裏側には、痛烈な自己不適感自己蔑視孤独への恐怖などが潜んでいます。

心の中が、いつも、

 

こんな自分でいいの……? 本当にいいの……?

 

といった感じで、オロオロとうろたえているのです。

 

つまり、自尊心が高いのとは、真逆。

自分に自信がないことの裏返しとして、自信満々に振る舞っているのです。

→占いで自尊心を高めるには?

 

ただ、これは本人も気付いていません。

ですから、たとえ、指摘してあげても、本人は必ずといっていいほど、否定します。

 

本人の意識の上では、“優越感”でいっぱいなのですが、

“深刻な劣等感”は、その人の無意識の中に隠れているのです。

→自己蔑視する人は結婚してもスピード離婚する?!

ナルシストの見分け方

ナルシストの見分け方は簡単です。

 

ナルシストは、まず、褒められることへの異常な執着があります。

ただ、「褒められたい!」という気持ちが強いだけでなく、「褒められないではいられない!」といった強迫性があるのです。

 

また、ちょっとの失敗で、大騒ぎしたり、ひどく落ち込んだりします。

しかし、この程度で済んでくれれば、まだ笑い話で済むのですが、

「自己陶酔」と「攻撃性」はセットになっており

それが“外”に向かって暴発すれば、暴力を振るったり、

度が過ぎてしまうと、凄惨な事件すら起こしかねません。

 

ちなみに、そうした攻撃性が、“内”に向かって発露すれば、うつ病になってしまいます……。

→“一目惚れ”で始まる恋は修羅場になって終わる?!

ナルシストはなぜモテる?

では、なぜ、そんな危険なナルシストに、惹かれてしまう女性がいるのでしょうか?

 

これは、ある意味、仕方ない部分もあります。

 

ナルシストは、愛を語る言葉だけは激しいのです。

激しいことを言って、その言葉に自分自身が酔っているのです。これは当然、その場限りで、“誠意”などありません。

 

なぜ、そのように激しい愛の言葉が言えるかというと、ナルシストは、愛の実態をまったく分かっていないのです。

 

ナルシストには、「偽りの愛」と「本物の愛」の区別がつきません。

人は、自分に自信がなく、無力感に悩んでいる人ほど、「偽りの愛」と「本物の愛」を間違えてしまうのです。

→別れたほうがいい人ほど、その恋にしがみつく理由

 

ですから、ここで、はっきり言いましょう。

 

いつもナルシストばかり好きになってしまうあなたは、少なくとも自分はナルシストではないと思っているかも知れません。

でも、

おそらくは、あなたもきっと、ナルシストです。

 

彼の言う愛の言葉なんて、上っ面だけで、まったく誠意が感じられないわ。

本物の愛というのは、そんな軽いモノじゃないでしょ。

 

というふうに見抜けなかったということは、あなたのほうにも、彼の人間性を見る確かな目、つまり、“誠意”がなかったということ。

 

上で紹介したナルシストの見分け方を見て、少しピンときませんでしたか?

 

いつもナルシストばかり好きになってしまうあなたは、おそらく、自己陶酔からくる攻撃性が、“内”に向かうタイプであると推察します。

→トイレ掃除でうつ病が治る?!

「過激な愛の言葉」は脅しと同じ

恋とは、ロマンチックなモノ。

でも、恋をきちんと実らせるためには、ロマンチックな夢にばかり浸っていてはいけません。

いくらあなたが生粋のロマンチストであっても、“現実は厳しい”ということを、ちゃんと知っているはず。

 

ですから、

男性や恋人の、あなたに対する「過激な愛の言葉」を真に受けないようにすべきです。

例えば、

 

君と一緒なら僕は、どんな悲惨な運命だって耐えられる!

 

とか、

 

地球の歴史が始まってから終わるまで、君ほど素敵な人は存在しない!

 

とか、

 

100年先も愛を誓うよ!君は僕のすべてさ!

 

などと言われたら、

逆に、その男性のことを疑ってかかったほうがいいでしょう。

→ヤリチン、ヤリマンは本当は劣等感が強い

 

「過激な愛の言葉」は、その裏に、

 

ここまで言ってオチなかったら、その時は、分かってんだろうなぁ?あん?

 

という攻撃性・暴力性も潜んでいるのです。

言わば、脅しと同じなのです。

→なぜナルシストは失恋相手にキレるのか?

 

こんな言葉は、シェークスピアの演劇の中だけで十分です。

人を見るときは、言葉ではなく、行動を見てください。

(言葉だけでオチるのなら、歌詞のフレーズみたいなことさえ言えば、どんな男だってモテモテです。)

→彼を男らしくする生まれ変わらせるとっておきの言葉は?

ナルシストは地球を滅ぼす?

ナルシストは、「自己陶酔」しており、それは「攻撃性」とセットになっている、

そしてその「攻撃性」は、“外”に向かうパターンと、“内”に向かうパターンがある……という話をしましたが、

 

現代に起こっているあらゆる凶悪事件の根源には、実は、この「自己陶酔」があります。

 

ナルシストは、けっして花輪くんのように無害で終わる人ばかりではありません。

ナルシストは、常に、自己の存在の希薄さに悩んでいます。

ですから、ちょっとのことで、急にカーッと逆上し、暴発してしまうこともあります。

→自分を好きになるには馬鹿なことをしてみる?!

 

これまで、事件になるような「攻撃性」の原因は、その人の「欲求不満」にあると考えられてきましたが、

最近では、真の原因は、「自己陶酔」にあることが分かってきています。

(前述のように、現代に多い、うつ病の原因もこれです。)

 

・自分を必要以上に大きく見せなくては気が済まない
・自分の存在が大きいと思い込まないとやってられない

……という危険な性分(攻撃性)は、

集団になると、それこそ民族差別や戦争のような大きな悲劇すら引き起こしかねません。

→女の一生を台無しにする「マザコン男」からの身の守り方

ナルシストにならないためには?

ナルシストに近づかないことも大事ですが、当然、あなた自身がナルシストにならないことも大切です。

 

ナルシストにはならないように……、
でも自分のことは、好きになったほうがいい……

 

と聞くと、何だか難しいことのように聞こえますが、さほど難しいことではありません。

ほんのちょっとしたことから、ナルシストになるのを防ぐことができます。

 

それは、自分に対する悪口を受け流すということです。

→あなたの親が形成した、あなたの恋愛観

例えば、「馬鹿」とか「のろま」とかと言われても、反論しようとしないということです。

「馬鹿だから教えて!」
「のろまだから、ゆっくり教えて!」

と返せばいいのです。

(おどけて、「馬鹿でゴメ〜ンね」なら、なおいいでしょう。)

 

自分に向けられた悪口や非難の言葉に対して、突っ張るから、それに耐えられなくなった時に、ポキリと折れてしまうのです。

ですから、柳の木のように、しなやかに受け流すのが一番。

たとえ一瞬、腹が立ったとしても、その怒りをスッと手放すことです。

→いつも怒りで対人関係を成立させている人とは?

許せない!

 

なんていう言葉が、一番意味がありません。

 

許せないから、じゃあ、どうするというんでしょう。

「許せない!」と思いながら、事実は何も動かないのに、自分だけがその怒りの感情に苦しみ続けるだけです。

 

受け流すことが難しいなら、せめて、“聞き流す”ことから初めて見るといいでしょう。

 

そのように意識が変わってくると、

“ナル男”にはもうけっして騙されないようになっているはずです。

→ストーカーになる人は皆ナルシストだった!

 

 

 

他にもこんな記事があります