【男の謎を解明】男はいつ結婚する気になるの?どうして女のスタイルにこだわるの?

「いつか私にも白馬の王子様が……」なんていう、いわゆる“白馬の王子様願望”は、夢見る乙女を揶揄して言われる言葉。

でも、男だって、「いつかオレの前にもとびっきりの美女が……」なんていう妄想にとりつかれている人は多いんです。

では、そんな男たちは、いつ頃から地に足をつけ、「結婚してもいいかな」と思うようになるのでしょうか?

ここでは、

女性が理解しにくい、男性の性欲にまつわる謎

を解き明かしていきます。

男の3つの謎を「本能」の観点から解説!

男は、本来、種の保存のために、

「自分の種をできるだけ多く撒き散らしたい」

という“本能”を持っています。

 

はじめに念を押しておきたいのですが、

これは“本能”であって、“意思”ではありません。

 

当然、人間は「社会的動物」ですから、

本能の通りには生きられません。

 

このことを踏まえた上で、

男の性欲にまつわる3つの疑問

について、解説していきましょう。

【1】男はいつ結婚する気になるの?

性欲が落ち着く年齢は◯歳頃

生物学的に言えば、現代の男が、生涯の伴侶を選んで落ち着くのは、

性欲を司る男性ホルモン「テストステロン」の分泌が落ち着く

27歳頃からということになります。

 

その年齢を境に、男性ホルモンと女性ホルモンの配分が変化してくると、男はひとりの女との関係を長く続けることに関心を持つようになります。

つまり、それ以後は、性欲まっしぐらではなくなってきて、上のオツムでものを考え始めるのです。

そして、取り立てて用事がないのに、女性に電話をするようになったり、悪友たちとのスポーツ観戦をキャンセルして、女性と出かけたりするようになります。

 

もちろん、これは、生物学的観点からのことなので、それぞれの“意思”により、コントロールすることは可能です。

本能的な性欲をコントロールするために必要なのは、「理性」の強さというより、その女性への「愛着」です。

 

ちょっとした“目安”をお教えすると、

相手の女性に「愛着」を感じている男は、セックスが終わっても、ベッドからすぐに出たりしません。

そのまま相手と話したり、優しく触れあったりします。

→年上女と年下男は必ず失敗する?!

性欲まっしぐらな男は、セックス5回でトーンダウンする

ついでに、性欲まっしぐら状態の男がどんなものか、少し説明しておきましょう。

 

この状態の男は、まさに、「自分に性器がついている」のではなく、「性器に自分がついている」状態。

男性ホルモンが最高潮なので、やり過ぎなくらい女性に言い寄って、甘い言葉を連発します。

でも、セックスしてしまえばそれで終わり。

しかも、同じ女と5回セックスしたら、途端に興味を失います。

 

(生物学的には)女性を妊娠させるには、だいたい5回のセックスで充分であり、それ以上は、無駄打ちなのです。

実は、この“5回で飽きてしまう現象”は、人間だけでなく、羊、牛、豚といった動物にも見られます。

いずれも、相手を変えると、たちまち元気を取り戻すのです。

(余談)現実的には、老化が始まる35歳頃に決意しやすいかも?!

現代社会においては、現実的に、27歳頃で大成する男は、まず少ないでしょう。

ここでもう一つ、生物学的な知識を補足すると、

ヒトの老化は、34歳から急激に進み始めます。

(その後は、60歳、78歳が境目になります。)

 

転職をするにしても35歳がメドとされており、男が仕事の面で、「自分の道はここだ!」は決めるのは、だいたい35歳近辺でしょう。

そういった意味において、現実的には、

老化も始まり、進路も定まってくる35歳近辺というのは、男が結婚を決意しやすい年齢なのかも知れません。

 

若さが武器になりやすい女性は、「結婚するなら30までに……」と考える人が多いでしょうが、男の側は、あまり30歳という境目を意識しません。

(女性が30歳を境目と考えがちなのは、今も残る“女子アナ30歳定年説”が影響していると考えられます。)

→周りに遊び人の友達がいると男は必ず浮気に走る

【2】なぜ男は女のスタイルにこだわるの?

太っててもいい。“くびれ”されあれば!

女性誌に登場するモデルは、マッチ棒のようにまっすぐで細い体つきをしていますが、男は、そのような体つきにはあまり魅力を感じません……

というのは、よく聞く話です。

 

じゃあ、太ってたっていいの? 太ったら太ったで文句言うくせに!

 

と、反論したい女性は、たくさんいるのではないでしょうか?

 

男たちにとって大事なのは、腰のくびれです。

これは何も、男たちがみな揃いも揃って、そのような“美的観点”を持ち合わせているわけではなくて、

生物学的に、

ウエストとヒップの比率が7対10だと、子供を産める可能性が高くなるからです。

不思議と男たちは、これを“本能”で知っているのです。

 

さらに、心理学者デヴェンドラ・シンは、この比率さえクリアしていれば、男たちにとっては、たとえ女性の体重が標準を大きく上回っていても、魅力度が変わらないことを突き止めています。

 

事実、過去30年の『プレイボーイ』誌を対象に、ヌードグラビアに登場する女性のサイズを分析したところ、

体型は年々ほっそりしてくるにもかかわらず、ウエストとヒップの比率は、ほとんど変わっていなかったそうです。

→男はいつだって「視覚情報」で興奮する!

【3】なぜ男は愛のないセックスができるの?

男には目の前のことしか見えていない

いつでも性欲が行動の原動力になる男ですが、そんな男に対して、女性が抱いている最大の疑問は、

なぜ男は、愛とセックスがイコールではないのか?

ということではないでしょうか?

 

ペンシルバニア大学のラクエル・ガーとルーベン・ガーが行った研究では、

男は、女と違って、右脳と左脳の間で情報をやりとりする機能が、最大で30%も少ないことが分かっています。

つまり、男の脳は、1度に1つのモードで機能するのが得意ということ。

だから、男は、好きでもない女と寝るという、女からすれば信じられないことが、平気で出来るのです。

 

一方、女にとって、セックスだけの関係はありえません。

「愛」と「セックス」は、脳の中でがっちり結びついていて、両方が原因であり、結果でもあります。

たとえ、女が、自分の性欲を満足させるためだけにセックスするとしても、無意識のうちに必ず、“自分のパートナーに適した条件の男”を選んでいるはずです。

→男の価値は「資源」!

男の最大の関心事は、終生、セックス

――いかがだったでしょうか?

 

男はいつでもセックスをしたがっています。

40歳の男性は4分に1回、18歳の若者となると11秒に1回、セックスのことを考えているという調査結果もあるほどです。

 

また、結婚に関して言うと、

「安定」と「安心」を求める女性にとっては、考えにくいことですが、元来、“狩猟脳”を持つ男にとって、

結婚は、「原則、同じ相手としかセックスできなくなる」という意味においては、墓場のようなものです。

結婚をする前でも、
結婚をした後でも、
結婚をするかしないかの決断においても、

いつでも男にとっての最大の関心事は、セックスです。

“白馬の王子様”だって、一皮めくれば、性欲まみれなのです。

→別れを必要以上に恐れないで!

 

あなたは、こんな男の特質を知って、驚き、ショックを受け、怒り出すかも知れませんが、これはまぎれもない事実。

事実は事実として受け入れつつ、こんな男たちを、できるだけ、上手にコントロールできるよう努めましょう。

→男がおっぱいを大好きな理由

 

 

 

他にもこんな記事があります