異性なんて必要ないと思っている人必見!男女がくっつく意味とメリットとは?

日本における“生涯未婚率”(50歳まで1度も結婚をしたことのない人の割合)は、今や、男性では4人に1人、女性では7人に1人の時代。

そんな中、

「自分の人生に“異性”って、本当に必要なんだろうか?」

と考える人が増えているようです。

ここでは、

男女がくっつく意味とメリット

について解説します。

価値観の視点から、いったん離れてみよう

自分のことは自分で何でも出来るし、仕事も遊びも、異性に頼らなきゃいけない場面なんて1つもない……
ほとんどの人は、子供を設けるために結婚しているのだろうけど、自分には子孫を残したいという欲求そのものがない……
だいたい、結婚して、うまくいっているカップルなんて見たことないし……

 

これらが、異性に興味を持たない人の、おおよその心の声。

 

特に、女性に限定すると、

 

私が男だったら、絶対に結婚したくない!

 

という声が多いようです。

これは、仕事で自己実現が叶えられているだけに、“男性的”な目線になっているのでしょう。

(女性らしさを武器にして生きている人なら、「私が男なら……」という仮定自体をほとんど持ち出さないはずです。)

確かに今や、

「男は男らしく、女は女らしく」

なんていう価値観は、過去に葬り去られようとしていますが、人間に性別があることからは、逃れられません。

 

いくら、「心は歳を取らない!」と言っても、肉体がある以上、何年も生きられないのと同じです。

価値観は、価値観。事実は、事実です。

 

それならば、

価値観の定規はいったん手放して、

『男女がどのように違うか?』

という事実から、見ていくことにしましょう。

男女の本質的な違いと、それぞれの問題点

いくら“女子力”の高い男性でも、男性ならではの悩み方をしますし、

サバサバしていて男っぽいと言われるような女性でも、やっぱり、女性ならではの悩み方をするものです。

男性は男性らしさ、女性は女性らしさから、逃れることはできません。

→なぜ「本当の自分」が分からなくなってしまうのか?

例えば、

 

男性は、人間関係において、内に向かう傾向があります。

そのため、ひとたび、女性に受け入れられると、男性は「本来の自分」に戻り始めます。

 

女性は、人間関係において、他者と結びつくことを本能的に求めます。

そのため、女性が恋に落ちると、自分のことを完全に忘れてしまいます。

 

すごくざっくり言えば、

男性は、

 

彼女(妻)も出来たし、あとはオレ自身の目標達成のために頑張ろう!

 

となり、

女性は、

 

これからは常に彼のことを考えてなきゃ!

 

となるのです。

(その傾向が強いということで、まずは受け止めてください。)

そのため、男女それぞれの問題点は、以下のようになります。

 

男性の問題点
人間関係において、自分を見失うことはないが、自分でも気付かないうちに、自己中心的になって、他者への思いやりを欠きやすい。
女性の問題点
人間関係において、いとも簡単に他者の要求に押し潰されてしまうため、“自分という意識”を持ち続けることが難しい。

 

→男らしすぎる男が厄介な理由

(余談)女性がおしゃべり好きな理由

少し話が逸れますが、

男女の違いは、コミュニケーションの取り方(会話の仕方)に最も大きく表れます。

 

例えば、

男性は、自分が喋る時に、まず自分の考えを黙ってじっくり考え、伝えたい主題を頭の中で確かめ、それから初めて口を開きます。

 

しかし、

女性は、話すことで要点が見えてきます。

自分の考えや気持ちを口に出して探ることで、自分の目指すところを目指すのです。

 

男性→ひとつの考えを熟考するために、うちに向かったり、引きこもったりする必要がある!
女性→外に向かって打ち明けることで問題の核心がはっきり見えるようになる!

 

女性は、自分の胸の内を話し始めた時点では、話がどこかへ向かうか必ずしも分かっていません。

しかし、自分の行きたいところへたどり着くはずだという確信は持っています。

 

つまり、男性と違って、女性は、

「話を聞いてもらうこと」

が自己発見の有効なプロセスなのです。

 

女性が男性よりおしゃべり好きなのは、こうした理由があります。

(男性よりも『占い』を好むのも同じ理由です。)

→女性が占いに求めているのは「自分探し」

男女がくっつけば、お互いを補完でき、人として豊かになる!

もう一度話を戻しましょう。

 

では、それだけ違いのある男女がくっつくメリットとは、どんなものでしょう?

 

これは、ズバリ言ってしまえば、

それぞれの問題点を中和することができる

ということです。

 

ストレスにさらされている男性が、

時に思いやりがないように見えるのは、「女らしい資質」とのつながりが欠けているからです。

 

また、

ストレスにされされている女性が、

自分自身に目がいかなくなり、自分を主張したり希望を口にできなくなってしまうのは、「男らしい資質」とのつながりに欠けているからです。

 

つまり、

男女がくっつけば、男女のエネルギーが相互補完的に混ざり合うこととなり、自分自身を豊かにすることができる

というわけです。

→親との関係があなたの恋の邪魔をする?

すべての男性、すべての女性には、元来、男女両性のエネルギーがあるのですが、極端な状態に陥ると、問題が大きくなってしまいます。

ですから、自分の中の男女両面を探り出して、バランスを取る必要があります。

 

これがまさに、「男が女に惹かれ、女が男に惹かれる仕組み」です。

→女が男ほど浮気しない理由

こんな人には恋愛がオススメ?

ここまで聞いても、

 

でも異性と付き合うのは、やっぱりどうしても面倒くささがあるなぁ……

 

という人もいますよね?

気持ちはよ〜く分かります。

→健康すると寿命が伸びる!

ですが、あなたがもし、

 

・人から冷たいと言われがちな男性 or
・おしゃべりが好きでよく自分を見失いそうになる女性

 

であったなら、

もっと異性と接する機会を増やして、異性の“特質”を自分に取り込もうとしてみても、バチは当たらないかも知れません……。

→知っておきたい恋の3つのリスク

 

 

 

おすすめの記事