浮気性の男ばかり好きになる女性必見!【3タイプ別】“悪い男”の傾向と対策

「浮気性の彼とどうしても別れられない……」、

もしくは、

「どう見たって浮気性の男性を好きになってしまった……」

など、穏やかで心満たされる恋をしたいと願っていながらも、なぜかそうした“悪い男”との危険な恋に走ってしまう女性は少なくありません。

ここでは、

悪い男の3タイプ別傾向と対策

を紹介します。

これが悪い男3タイプ!

悪い男には、なぜか磁力があり、確かに気になる存在です。

それでいて、あなたをハラハラさせるところもまた魅力なのかも知れません。

ただ、だからといって、

これからもあなたは、そんな悪い男に「挑戦」し続けますか?

あなたの目を覚まさせるためにも、まずは、

悪い男3タイプの特徴的傾向

を紹介しましょう。

 

(※以下の3つのタイプ名は、あえて“どぎつく”ネーミングしています。↓)

 

①色魔(しきま)タイプ

このタイプは、何人もの女性と付き合うことも珍しくありません。

結婚と離婚を繰り返したり、あやふやな関係を何年も続けたりします。

 

それほどたくさんの女性を惹きつける魔力のひとつは、見かけがとびきり優れているということです。

とにかく、印象が抜群によいのです。力、美しさ、やさしさ、すべてが揃っています。

色魔タイプは、そこにつけ込み、女性がこうあって欲しいと願う通りの男性に化けるのです。

 

その上、女性に、自分はこの人から評価され、大事にされていると信じ込ませる特殊な才能を持っています。

なぜなら、色魔タイプは、女性と付き合う時にはいつも、2人の関係がそのへんのありふれた恋とはひと味違った運命的なものだという“演出”をするからです。

→男運がない、出会いがないのは、単に見る目がないだけ?

女性がこうしたタイプに惹きつけられるのは、実は女性のほうに、「この人を信じたい!」という盲目的な願望がある場合が多いです。

心のどこかでは、間違った方向に向かいつつあると薄々勘づきながらも、いつまでもその関係にしがみつくのです。

→“いい人”はなぜ女にとってつまらないのか?

②すけこましタイプ

このタイプは、色魔タイプほど派手さはなく、むしろ地味なのですが、有害さにかけては、むしろ上かも知れません。

彼らは、思わせぶりに接近してみたり、するりとすり抜けたりを繰り返し、巧みにバランスを取りながら、女性の気を惹き続けます。

 

例えて言うならば、パッと燃え上がる炎のようなもので、火がつくのも早いけれど、消えるのも早いといった感じ。

しかも厄介なことに、女性の一定レベルの気を持たせ、それを長期間保たせるという特殊な才能を持っています。もちろん、それに応える気はさらさらありません。

 

自分は不実なくせに、女性が誰か他の男性を探そうかなどと口に出そうものなら、前後の見境もなく怒り散らします。

ただ、一種独特の魅力を持っているが故に、女性は、「十分な時間と理解と愛さえあれば、この人はきっと変わるに違いない」という幻想を抱いてしまうのです。

→結婚詐欺に遭う人は、親友にもよく裏切られている?

女性は、ドキドキするようなドラマチックな恋に憧れる気持ちが強いために、ともすれば、このような簡単には手に入りそうもない男性ばかりを追い求めがちです。

すけこましタイプは、そんな女性の格好のお相手になっています。

→あなたの「白馬の王子様症候群」の原因

③身勝手ゲス野郎タイプ

色魔とも、すけこましとも違い、このタイプは、既婚者、つまり、“人の持ち物”であることが、かえって女性を惹きつける魅力になっています。

妻から理解してもらえない不幸な夫の役を演じ、「私だったら、彼を今より幸せにしてあげられるのに……」と思わせるのです。

 

浮気相手の女性には、「妻とは別れるから」と、さももっともらしく約束します。時には、本気でそういうことすらあります。

なぜなら、彼らの心のどこかには、もう一度独身に戻って新しい冒険をしてみたいという願望が、いつも渦巻いているからです。

 

しかし、この身勝手ゲス野郎の唯一絶対の特徴は、めったに家庭を捨てることはないということです。

悲しいことに女性は、このタイプの男性との不毛な関係を、なかなか精算することができません。

その理由としては、彼女たちにある程度の自信があり、自分こそ理想の女だと信じ込んでいることがひとつ。

もうひとつは、相手が本当は自分と真面目に付き合う気などないということを知りたくない気持ちが、現実から目をそむけてしまうからです。

→小さい頃、親に愛されなかったから、ヤリチンに?!

悪い男3タイプの対策方法

女性の中には、

 

それでも、悪い男が好き!

 

という人がいます。

こういう人は、別に頭がおかしいわけではありません。

私たち人間は皆、心のどこかに、あえて危険を犯したいという欲求を持っているものです。

たとえ、苦しみ、失望したとしても、悪い男と付き合うのはそれなりの価値があることだ、と信じている人もいるでしょう。

 

それを踏まえた上で、

悪い男3タイプにどう接したらいいのかといった対策方法

を紹介しましょう。

❶色魔対策

色魔タイプを本気でモノにしたいなら、相手がこちらを知っている以上に、相手のことをよく理解しておく必要があるでしょう。

彼らのロマンチックな演出に、何度もやすやすと引っかかっていてはいけません。

つまり、“好き好き光線”出しまくり状態はやめ、相手にはつけいる隙を与えないようにするということです。

それさえできれば、彼はいつまでもあなたを追ってくるでしょう。

 

しかし、

このことだけはしっかり覚えておいてもらいたいのですが、こういう生き方は、けっして気持ちのいいものではありません。

なぜなら、どんなに彼を愛し、必要としていても、それをはっきりと口に出して言うことができなくなってしまうからです。

なお、色魔タイプは、悪い男3タイプの中でも、もっとも捕まえておきにくいタイプです。

悪い男と付き合いたくてうずうずしている女性たちは、彼らの演出テクニックによって、たちまちのうちに満足させられてしまい、それを見届けた彼らは、また次の獲物を求めに行ってしまうのです。

 

色魔に限らず、悪い男をとりこにしておくためには、

いつも“追いかけっこ”が不可欠

だということを頭に刻み込んでおきましょう。

→結婚のことは置いておこう。男は追えば逃げるものだから

❷すけこまし対策

すけこましタイプをモノにしたい場合も、やはり、後追いは禁物です。

このタイプの男性をつかまえておきたければ、自分が相手に夢中なのと同じくらい(あるいはそれ以上に)相手も自分に夢中にさせておくことです。

そのためには、相手を慕い、求める気持ちを少しも見せず、どこかよそよそしく冷淡で、そう簡単にはモノにできない女というポーズをず〜っと取り続けていなくてはなりません。

 

しかし、この作戦には難点があります。

効果は抜群なのですが、長く続けていると、ものすごく疲れるのです。

世の中に、嘘を突き通すほど疲れることはありません。しかし、彼らをつかまえておくには、その方法しかありません。

自分がどれほど熱い思いを抱いているかも、相手から傷つけられ、裏切られ、失望させられたことに対して、どれほど怒りを感じているかも、ず〜っと胸の奥にしまっておかなくてはならないのです。

そんな状態に果たして耐え続けることができるか……、そこが大きなポイントとなってくるでしょう。

→浮気されたほうにも原因がある?

❸身勝手ゲス野郎対策

身勝手ゲス野郎は、はじめ、向こうからあなたに積極的に関わってきたでしょうから、対策法は、上の2つのタイプとは大きく異なります。

もし、あなたがこのタイプをつかまえておきたいなら(あえて、モノにするとは申しません)、けっして最後の決断を迫ったりしてはなりません。

 

つまり、

 

奥さんと私、どっちを取るの?

 

と詰め寄ってはならないということです。

前述のように、この身勝手ゲス野郎は、妻と別れるつもりなど、ほぼありません。

ですから、そんな彼に好かれ続けていたいなら、やましい気持ちでいる彼を、それ以上傷つけないようにすべきです。

 

私は今のままでも十分幸せよ

 

という顔を続けなくてはなりません。

No.2でい続けることが、関係を長く続けるコツなのです。

 

……このタイプについては、もう少し詳しく見ていきましょう。

(余談)身勝手ゲス野郎と女性との構図

身勝手ゲス野郎と独身女性との関係は、こんな構図です。

彼が女性に妻への不満を語る

女性がそんな彼に愛と理解を示す

彼が「妻とは大違いだ」と女性に惚れ直す

 

身勝手ゲス野郎は、たいてい家庭に不満を持っています。

そのことをこぼすと、彼女は、「私がこの人の心の傷を癒してあげよう!」と、使命感に燃えてしまうのです。

ですから、日頃から、奥さんなら怒るところでも、ぐっと堪えなければならない場面の連続です。

(それによる“対価”として、彼からの愛を得ているわけですから、ある意味当然と言えます。)

→理想の男性を見つけるための16カ条

しかしながら、

もし、彼が妻と離婚して、彼女のもとにやってきたとしても、喜ぶのはまだ早いでしょう。

 

なぜなら、

彼は妻にしたのとまったく同じように、彼女にもしてくる可能性が高い

からです。

 

確かに、妻に対しては、「好きな女ができたから別れてくれ」と言ったかも知れません。

でもそれは、自分が自由になりたいがための、単なる“口実”に過ぎないでしょう。

 

こういう男は、やがてまた、彼女のもとからも同じように去っていくかも知れないのです。

→急に連絡が来なくなる彼氏の心理

まだその悪い男にこだわりますか?

――このように、浮気性のいわゆる“悪い男”たちは、

本当に、女性たちの貴重な人生を捧げてまで、愛するに値する存在なのでしょうか?

 

高い山ほど登りたくなる

 

という気持ちも分からないではありませんが、

真実を見落として、本当のこと(下すべき判断)がはっきり見えなくなっている可能性は、大いにあるでしょう。

無情にも、

山は遠くから見るからこそ美しい

 

……これが現実なのかも知れません。

→変わってくれるダメ男と絶対に変わらないダメ男

 

 

 

他にもこんな記事があります