褒められた時「みんなに言ってるんでしょ」は禁句!彼の前では素直な“犬”になれ?

犬があえて、急所とも言える、お腹を人間に見せる行為は、長い間、服従を示す行為だと考えられてきましたが、最近では、主に、

・リラックスしている合図
・「あなたに敵意はありませんよ」という合図
・「あなたに甘えたい」という合図

と考えられています。

なぜ、冒頭からこうやって、犬の話をしたかというと、「好意を持つ相手に自分の弱点を見せる」という行為は、人間の恋愛においても、大事なことだからです。

というわけで、ここでは、

彼の前ではなぜ素直になることが大事なのか?

について解説します。

嫌われないようしてかえって嫌われてしまう2つの言葉とは?

「恋が実る」ということは、

「心の安らぎを得る」ということです。

 

ですから、当然、

“ありのままの自分”を出さないことには、

恋が実るということは、ありません。

 

彼(気になる異性)の前で、ありのままの自分を出すために、以下の2つの言葉は、なるべく口に出さないようにしましょう。

①「女の人、みんなにそう言ってるんでしょ」

男性から褒めた時に、ついこの言葉を発してしまうという方は、多いのではないでしょうか?

なぜ、このような、嫌味な言い方をしてしまうかというと、「図々しい女と思われたくないから」、あるいは、「自惚れている女だと思われたくないから」でしょうが、

要するに、「嫌われたくないから」でしょう。

褒められたことは、内心では嬉しいのです。しかし、その褒め言葉が信じられないのです。

「嘘でしょう」と返すのも、これと同じです。

→嫌われたくないからって、いつも演技していませんか?

②「本当は私のこと、好きじゃないんでしょ?」

これは、自分を卑下(ひげ)しているわけです。

「自己卑下」をする人は、内心、自己卑下をすることで、自分の価値を高めようとしています。

暗に、「もっと、自分を褒めろ、称えろ、持ち上げろ」と要求しており、そういった言葉が返ってくることを想定しているからこそ、これを言うのです。

ですが、これは、自分の価値を高めるどころか、大抵の場合、相手を嫌な気持ちにさせます。

要するに、相手にとっては、“めんどくさい人”なわけです。

→ナルシスト男の暴走する劣等感

素直になる=相手を信じること

褒め言葉を信じなかったり、相手の前で自分を卑下をするのは、

自己評価の低い人の特徴です。

 

自己評価の低い人は、「嫌われたくない!」という一心で、上のような言葉を言うのですが、逆に、これらを言うことでかえって嫌われてしまっていることに気付くべきでしょう。

 

なぜ、嫌われるか、お分かりですか?

嫌味な言い方だから……
めんどくさい人だから……

それもそうなのですが、

相手にとってみたら、自分の言葉を信じてもらえてないからです。

 

言われた褒め言葉を、信じられれば、素直に喜ぶはずです。

(人間、「相手に信じてもらえない」というのは、辛いことです。)

→求めているくせに相手の愛を信じられない「恋愛依存症」

恋を実らせるためには、

「素直になる」ということが、何よりも大切です。

 

「素直」とは、どういうことかというと、

⚫︎褒められたら、いちいち否定せず、ただ、「ありがとう」と受け入れること

⚫︎相手が嫌な行動をしたら、「それは嫌」とちゃんと意思表示をすること

です。

 

どちらも、「相手を信じること」が、ベースになっています。

 

相手の言葉を素直に受け取らない

相手を疑っているということ

つまり、「あなたを信じていない」という意思表示をしている

結果、相手に嫌われる

 

この流れを十分に理解しておいてください。

→自慢男はなぜ嫌われるか?

つい忘れがちなのは、「嫌なことを嫌と伝える」ことですが、

これも、

 

嫌と伝えたところで、どうせ相手は変わってくれないだろう……

 

と思っているのは、「相手を信じていない」のと同じです。

伝えずにいると、いずれ我慢ができなくなるので、やはり、豊かな関係を築くことは難しいでしょう。

→失恋して「悲しむ人」と「怒る人」は何が違うのか?

彼には自分の弱点を見せよう!

素直になるとは、ありのままの自分を見せるということです。

 

劣等感のある人は、つい恋人の前で、虚勢を張りたくなるものですが、そのうち、素直になれない自分に疲れ果ててきます。

(この疲れを、相手のせいにする人も多いですが、とんでもない話です。)

でも、劣等感のある人ほど、本当は、やさしく慰めてくれる人を求めているはず。

→親に愛されなかった人の消せない劣等感

で、あれば、

自分の弱点を隠さず、彼(気になる異性)に話すべきです。

 

自分の弱点を話し、

 

それでも私はあなたが好き

 

と言えばいいのです。

 

もしかしたら、フラれるかも知れませんが、それで自分のことをどれくらい好いてくれていたのかも分かるし、彼の性質も分かるでしょう。

そこから、得られるものは、計り知れないほど大きいです。

→別れたほうがいい人ほど、その恋にしがみつく

冒頭で例に出した“犬”が、

そこまで計算してやっているとは思えませんが、(笑)

 

好意を持つ相手に、自分の弱点をあえてさらけ出すからこそ、その相手に大事にされ、自分もリラックスできる!

 

という法則は、あらゆる生き物において、共通のものなのかも知れません。

→男を犬のようにしつけて、“聞き上手”にする方法

 

 

 

他にもこんな記事があります