不倫がバレてもトラブルにならない方法&最も無難に不倫を終わらせる方法
Pocket
LINEで送る

もちろん、不倫などしないほうが身のためですが、性的な欲求不満や、寂しさ、虚無感などを覚えれば、不倫でストレスを発散したいという気持ちが起こることもあるでしょう。

ある意味、誰もが不倫に陥る可能性を秘めていると言えます。

ここでは、「配偶者がいても恋愛を楽しみたい!」という思いをどうしても抑えきれない人のために、

不倫が絶対にバレない方法なるべくトラブルを起こさない不倫の終わらせ方

について、解説します。

絶対に不倫がバレない方法とは!?

いきなりですが、「不倫」「薬物依存」は、

若干似ているところがあります。

違法な薬物に手を染めた人は、再犯を繰り返す傾向がありますが、不倫も一度、その快楽を覚えてしまうと、なかなかその誘惑に打ち勝つことが難しくなってくるのです。

「もう不倫はしないぞ!」と決意しても何度も繰り返してしまう方、

また「配偶者がいても、恋愛を楽しみたい!」という方に、

とっておきの朗報があります。

実は、絶対に不倫がバレない方法というのがあるのです。

 

それは、不倫を不倫でなくしてしまう』のです。

 

どういうことかと言うと、

自身の不倫を配偶者に認めてもらう代わりに、相手の不倫も認めるのです。

 

つまり、

『配偶者を納得させ、合意の上で不倫をし合う』ということです。

 

これなら不倫が実質、不倫でなくなりますから、不倫が絶対にバレない(バレて非難されることがない)ということになります。

……一休さんみたいなことを言ってすみません。

(※不倫とは「道徳に外れること、特に配偶者以外と肉体関係を持つこと」を指しますが、その道徳自体を、2人の間だけで根底から変えてしまうということですね。)

 

もちろんこれは、やろうったって、無理であるケースが多いでしょう。

 

確かに、世界には、「一夫多妻制」や「一妻多夫制」を敷く国・民族もありますが、日本の文化の下では、民放において、「一夫一妻制」を採用しており、重婚はれっきとした犯罪となっています。

 

「じゃあ、愛人契約ならどうだ?」

と言う人もいるかも知れませんが、愛人が、愛人契約にもとづいて、不倫相手の既婚者に対して訴訟を起こして未払いの金銭(愛人手当)を請求しても認められることはありません。

いわゆる愛人契約は、当事者間で成り立っていても、公的には何の意味もなさないのです。

※ちなみに、「一夫多妻制」は、ブルキナファソ、マリ、セネガル、ナイジェリア、コートジボワール、ガーナ、モーリタニアなど、アフリカ諸国に多く見られます。
また、「一妻多夫制」は、インドのトダ族、インド・ケララ州の領主身分カースト・ナヤール、チベット人、ポリネシアのマルケサス島人、スリランカのシンハラ人などの一部の民族で見られます。

なぜ法律は不倫に厳しいのか?

ではなぜ、日本の法律では、不倫を抑制する方向にできているのでしょうか?

 

憶測の域を出ませんが、おそらく、

不倫の自由を認めてしまうと、人々は嫉妬と猜疑心に満ち、社会の中で“不調和”が生じてしまうからです。

 

法律として不倫を抑制しているからこそ、円滑な社会が成り立っている側面もあるでしょう。

→略奪するにも礼儀がある?!

「法律は不倫に厳しいなぁ」、「自分はそんなものに縛られたくないなぁ」という人もいるでしょうが、

これも冒頭で述べた薬物依存の話と似ていて、それを認めてしまうと、社会が成り立たなくなってしまうのです。

 

ちなみに、イスラム教やヒンズー教の国は地域では、現在でも、婚姻外の性交渉をした男女に対する「石打ち」による死刑や、「鞭打ち」の刑などを定めているケースがあります。

そうした国々と比べると、現代の日本社会は、ある程度、性に寛容な国である、と言うこともできるでしょう。

不倫は不法行為であるとは言え、刑事上の責任を負わされることがなく、“一定の自由”は認められているわけですから。

 

したがって、

たとえ、現実的に不倫に溺れている人であっても、ある程度の法律的な“抑制”くらいは、甘んじて受け入れなくてはならないでしょう。

(罰しはしないけど、悪いことだというのはちゃんと自覚してね、ということです。)

→じゃあW不倫ならうまくいく??

 

極力トラブルを起こさない不倫の終わらせ方とは?

不倫はもともと、「道ならぬ恋」であるため、最初から「別れ」を想定した恋愛である、と言うことができます。

そして何より、通常の恋愛と最も違う点は、不倫は「不法行為」であるということです。

しかしかえって、その“背徳感”が人間の本能をくすぐり、甘美な快楽から抜け出せなってしまうという特徴があります。

→不倫を「楽しむ」ために知っておきたいこと

そのような「世を忍ぶ恋愛」をしたきた不倫カップルは、いざ別れを迎えようとすると、往々にして、

『別れを告げられた側』が、

 

「え? こんなに耐え忍んできたのに、こんな終わり方なの?」

 

と、不満を爆発させることが多くあります。

 

場合によっては、不倫相手からの慰謝料請求や、配偶者への不倫の暴露、そしてさらに最悪のケースでは、ストーカー化や、相手の自殺といった事態も招きかねません。

 

ですから、不倫を終わらせる時は(特に自分が既婚者で、相手が未婚者である場合は)、何を置いても、

 

「相手(未婚者側)に別れを切り出させること」

 

を、重要視するようにしてください。

既婚者側には配偶者という“戻る場所”がありますが、未婚者側にはそれがないのです。

既婚者に「振られた」となれば、“強い立場”の相手にいいようにされたと思われる可能性が大です。

そうなれば当然、大きなトラブルに発展する可能性も大きくなります。

 

したがって、最も無難な別れ方

 

「忙しくてなかなか会えない」と言って、会う頻度を少しずつ減らしていくといったやり方

 

でしょう。

 

そうやって時間をかけながら、フェイドアウトしていくようにしましよう。

(急に嫌な人間を演じてしまうと、それもまたトラブルの原因になります。)

 

いずれ別れる不倫なら、このように、なるべくリスクの低い終わらせ方をとったほうがよいでしょう。

……とは言っても、もともと不倫自体が、さまざまな人を傷つける可能性を強くはらんでいるものです。

 

何事も、快楽を得た分の“ツケ”は、いつか必ず回ってきます。

 

自分の人生の中で、何を「我慢」し、何を「重視」するのかは、自分自身でしっかり決めましょう。

全ての享楽にしがみつく、それは無理です……。

→不倫の悩みの終わらせ方

おすすめの記事