どうせ不倫するなら相手の気持ちを理解した上で楽しむ!自分磨きも忘れちゃダメ!

不倫に走ってしまった女性たちも、これまでさんざん、いろんなメディアや人生の先輩たちから、「不倫は辛い」、「不倫だけはやめておけ」といった情報を得ていたはずです。

なのに、なぜ不倫に走ってしまったのか……、いけないことと分かっていながらも、胸がときめいてしまったのです。

ここでは、

不倫の中にある男とのズルさと、

不倫に臨む女性が持つべき姿勢

について、解説します。

「君といると安らぐ」の真意とは?

本来、不倫とは、経済的に余裕のある男性が、不倫相手(愛人)の生活の面倒を見るというものものでした。

しかし、現代の不倫は、必ずしもそれが前提になっているわけではありません。

 

少々うがった見方をすれば、女性の社会進出をが進むにつれて、それを男が都合よく利用し、お気楽に不倫ができる世の中へと変えていってしまった、と言うこともできるでしょう。

生活の面倒を見る必要もなく、
妻のようにガミガミ言ってくることもなく、
さらには、若くてきれいで、濃厚なセックスだって楽しめる……

とあれば、男にとってはこんなに都合のいい話はありません。

 

だからこそ、不倫をする男性は、相手女性に、

 

「君と過ごしていると、安らげるんだ」

 

と言うのです。

 

女性は、この言葉を誤解してはいけません。

これはけっして、「君は妻より優れている」という意味ではないのです。

 

家庭のある男にとって、不倫相手と過ごす時間は、まさに欲していた“もう一つの世界”と呼べるもの。

そこには「生活」という、ある種のプレッシャーを要する、面倒で泥臭いものは一切なく、食事やセックスなどの“快楽”だけが得られます。

つまり、

男性の言う「君といると安らげる」は、「妻よりも、家庭よりも、君が大事」というわけではなくて、

 

「君と接するときは、何もプレシャーがないから楽しめるんだ」

 

ということです。

 

 

言い換えると、

「君が妻でないから楽しめる」

ということ。

 

そして、それは裏返すと、

「君が妻になってしまえば楽しめない」

ということです……。

 

(似た感覚で言うと、「仕事があるからこそ、休みが楽しめる」みたいなものですね。「仕事」がなければ「休み」もないわけですしね……。)

→「偽物の愛」の11の特徴

 

いくら、あなたが、

 

彼は私の前では、すべてを見せてくれる! 愚痴も言うし、だらしない姿も見せてくれるし、情熱的なセックスをしてくれる!

 

と思っていても、それを“愛”だと過信するのは危険過ぎます。

 

相手があなたにとって心地良い言葉を口にしてくれるのは、

それはあなたが、“都合のいい女”だからです。

一方で、

「オレだって苦しいんだよ」

という言葉にも騙されてはいけません。

 

たとえ、あなたとうまくいかなくも、元々きちんとした配偶者のいる彼と、未婚で他に恋人もいないあなたとの不倫関係は、そもそもフェアではありません。

経済的な援助を受けているわけでもなければ、なおさらです……。

→不倫の責任はほとんど男にある

不倫を楽しむにしても「自立心」はなくしちゃダメ!

とは言え、

「不倫は蜜の味」とも言うように、不倫は、男にとっても女にとっても楽しいもの。

楽しい時を過ごせなくては、一緒にいる価値がありません。

楽しいことが楽しいと感じられなくなったら、そこが不倫の潮時です。

 

ここで大事なのは、

不倫をする「女性」が、それをちゃんと分かっていることです。

 

「男性」は、当然分かっています。

だって、

ちゃんと家庭を持っているのに、そこで楽しみを得ようとせず、本来不要な“余計な楽しみ”を得ようとして、不倫をしているのですから……。

→男が不倫に求めるのはセックスだけ?!

そういったことを覚悟した上で、不倫を続けるのなら、注意しておかねばならないことがあります。

 

それは、この先の「仕事」「お金」のことです。

(“職業愛人”の場合はまた話が違ってくるのですが。)

 

前述したように、

現代の不倫男たちのほとんどは、愛人の生活まで面倒をみる経済的余裕がありません。

「自分のことは自分でできること」が、愛人の最低条件となっています。

 

あらゆる覚悟をした上で、もしあなたが、家庭ある男性との恋愛に走ることを決めたとしても、「自分の将来のこと」だけは、第一に考えておかねばなりません。

分かりやすく言うと、それは、

この先、恋人と別れ、会社もリストラされ、歳も取り、美貌や色気が衰えてしまった時のことです。

 

キャリアを磨き、自分を磨き、自立の可能性をより多く手にしておかなくては、彼に期待するものが、「愛」なのか「生活」なのか分からなくなってしまい、対等の恋愛ができなくなってしまいます

 

すなわち、

不倫の恋愛が、楽しめなくなってしまうということです……。

人の恋人を奪う者のことを「泥棒猫」と言ったりしますが、泥棒猫は、基本、「野良猫」なのです。

「不倫をしている女性」は、言わば、「野良猫」のようなものです。

 

公園などで、特定の人から餌付けされている場合などもありますが、その人も、いつ姿を消すか分かりません。(相手男性がこれに当たります。)

「飼い猫」ではなく、「野良猫」である以上は、自分ひとりで生きていく術も持っていなくてはならないのです。

→たいていの不倫が辿る【5段階】

不倫の行く末がどうなろうとも、自分の人生は自分のものです。

 

不倫を言い訳にせず、絶えず自分を磨き続け、自分の道をしっかりと歩いていきましょう。

→モテる「孤高の女」の条件

 

 

 

他にもこんな記事があります