人はなぜW不倫に走るのか?“大人の関係”について回る大きなリスク

不倫の悩みに苦しむ人は多くいても、「W不倫」となると、なぜか罪悪感が薄い人が多いようです。

ここでは、人がW不倫に走る理由と、その大きなリスクについて解説します。

なぜW不倫に走る人がいるのか?

通常の不倫(一方が既婚者で、他方が未婚者の不倫)は、未婚者側が既婚者側に離婚を迫るようになって、トラブルに発展する可能性があります。

しかし、W不倫は、たとえ不倫関係を終わらせることになっても、お互いが不倫の事実をなかったことにして、元の家庭に戻ることもできます。

 

「常に『割り切った関係』で、家庭を守りつつ、恋愛を楽しむことができる」

 

このようなメリットがあると考え、安易にW不倫に走るカップルがいるのだと考えられます。

 

 

時に、この「割り切った関係」を、「大人の関係」と言ったりもしますね。

これは通常の不倫でも使われる言葉ですが、ざっくり言うと、「相手のプライベートに踏み込み過ぎない関係」ということですね。

用があるのは「体」だけ……、大人ってそんな悲しいものでしょうか?

 

片や、「お金」だけに用がある場合は、不思議と「割り切った関係」という言葉は使いません。

やはり、それプラス「肉体関係」が伴った時に初めて、「割り切った関係」と言えるでしょう。

何かと、肉体を駆使したり、弄んだりするのが、果たして、“大人”なんでしょうか?

 

……ちょっと脱線しましたが、続けます。

→不倫をする脳の仕組み

W不倫はリスク倍増の覚悟が必要

一見すると、リスクが少ないように見えるW不倫ですが、バレてしまうと、実は、そのリスクは、“通常の不倫の2倍”あることを忘れてはなりません。

 

なぜか?

「不倫相手の配偶者」と「自身の配偶者」という2人から責められることになるからです。

……当たり前ですね。

 

「不倫相手の配偶者」からは、不法行為に基づく損害賠償を請求される可能性があります。(不倫は刑事罰を受ける犯罪ではないものの、法律に違反する、立派な違法行為です。)

そして、「自身の配偶者」からも、離婚を突きつけられ、おまけに慰謝料や養育費を払わされる羽目になるかも知れません。

また、自身が離婚に至らず、不倫相手のみが離婚に至った場合は、その相手から、「そっちも離婚して、自分と結婚して欲しい」と迫られる可能性もあるでしょう。

 

双方が既婚者であるのが、大人の関係でい続けられるメリットだと思っていたのが、バレてしまうと、一転して、大きな足かせとなってしまうのです。

とは言え、W不倫の場合、

「不倫に至る前にすでに夫婦関係が破綻していた」

というケースも少なくありません。

 

この場合は、配偶者の不倫相手に不法行為の慰謝料を請求できないこともあります。

 

ですから、もし、あなたがW不倫をするなら、

相手の夫婦関係が「破綻状態」であったことを裏付ける証拠を残しておく必要があります。

 

それは例えば、夫婦がすでに別居状態にあったとか、同居していても長年、言葉すら交わしていなかった、などです。

しかし、こうした破綻状態を具体的に証明するのは難しいのが現実です……。

→W不倫をする女性の心理とは?

「恋のときめき」と「子供の幸せ」どっちが大事?

慰謝料請求について、もう少し詳しく解説しておくと、

不法行為による損害賠償請求権は、配偶者の不倫相手を知ってから、3年以内に行使しないと消滅してしまいます。

 

例えば、配偶者と喧嘩をした腹いせに、

「あなた、前に不倫したんだから、慰謝料を請求させてもらいますからね!」

と言ったところで、それが4〜5年前の話だった場合は、請求しようったってできないのです。

(「3年目の浮気」という歌がありますが、「3年以上前の浮気は無罪」なのです。)

ついでに、

「離婚の際の問題となる養育費の相場」

についても触れておきましょう。

 

近年の司法統計によると、子1人の場合の養育費の月額は、2〜4万円が約半数を占めており、平均額は月3万円ほどと考えていいでしょう。

こうした金額を、元配偶者に対して、子が成人になるまで払っていかなくてはなりません。

→不倫のトラブルをゼロにする裏技

ちなみに、

離婚後の、実子との面会交流について、民法では、「子の利益を最も優先して考慮しなくてはならない」とされています。

例えば、月に一回のペースで子に会えることになっていたとしても、同居親のほうが「子自身が会いたがっていない」と理由をつければ、わりあい簡単に、会わせずに済んでしまいます。

そのため、現実には離婚の際に取り決めたはずの面会交流が、約束通りに実行されないケースは多くあるのが現実です。

 

以上のことから見ても、

子供がいる場合の離婚は、おそらく、当人が思っている以上に、負担や苦しみが、数多くあることでしょう。

 

いや何より、両親の離婚は、自分の愛する子供の心に、一生癒えることのない大きな心の傷を負わせてしまうことは、間違いありません。

 

……果たして、あなたのその「恋のときめきとスリルから来る喜び」「子供の幸せ」を天秤にかけた時、あなたの心はどう動くでしょうか?

→そうやすやすと結婚まではいかないのが不倫

おすすめの記事