彼女いないのに付き合えないってどういうこと?そこにある男性心理とは?

彼女いないはずなのに……、

私たちってすごくイイ感じなのに……、

それなのに、なぜか告白してこない・付き合えない男っています。

もしくは、モテそうなのに、ずっと彼女をつくらない・つくろうとしない男っています。

彼らはいったい、どんな心理なのでしょうか?

ここでは、

彼女がいないはずなのに、なぜか付き合え合えない男性の心理

について解説します。

考えられる理由【3つ】

相手女性とイイ感じなのに、それ以上進展しない男性は、よく、

 

今は、誰とも付き合う気がしないんだ……

 

なんて言いますが、はっきり言ってこれは大ウソです。

 

……ただ、あなたを傷つけないように、これを言っている可能性もありますので、けっして、

 

じゃあ、いつになったら付き合ってもいいの?

 

などと、理詰めで迫ってはいけません。

本当のところは、彼自身も、よく分かっていないのです。

 

ですからここで、そんな時の男性が、

付き合おうとしない理由および心理

を客観的に分析し、3つに分けて解説してみましょう。

①あなたの外見を受け入れていない

いきなりビシャッと切り込んでしまいましたが、すでにイイ感じになっているのですから、あなたの外見を、まったく受け入れていないわけはありません。

それに、ここで言う「外見」は、単に美醜だけのことではなりません。

例えば、あなたが、彼の前の彼女とはかけ離れた(違うタイプの)外見だったりすると、何となくすぐには“愛着”が湧きにくい、ということもあるでしょう。

 

基本的に男性には、綺麗な女性あるいは好みのタイプの女性を見ると、男の自分にはない、ある種の“畏敬の念”を感じ、幸福な気分になる性質があります。

その後、彼女に触れることができれば、もっと喜び、興奮することとなるでしょう。

 

もっとも、身体的魅力だけで女性を選ぶようなやり方は、賢くありません。

長く愛し続けるには、(身体的の他に、)

・感情的
・知的
・精神的

な魅力といった、すべての面で惹かれる相手でなくてはなりません。

 

しかしながら、

それまで自分が、「心に描いていた視覚的イメージ」とのギャップを埋めきれずにいるために、いい感じの女性との関係をいま一歩踏み込めないという男性は、少なくありません。

→彼があなたを追ってこない理由

②結論を急ぎ過ぎている

また、一方で、

 

この人が自分に合う人かどうか、いまいちピンとこない。

深入りして時間を無駄にすると、本当に出会うべき人と巡り会う機会を逃してしまうかも……。

 

と考える男性もいます。

 

恋に臆病、と言えなくもないですが、自分に合う女性を見つけようとして、いつも使命感に燃えているがために、少々利己的になり過ぎている、とも言えます。

要するに、結論を急ぎ、あきらめが早過ぎて、成功のチャンスすら逃してしまっているのです。

「失敗したくない!」という意識が強過ぎることもあるでしょう。

 

たとえ、愛する相手が運命の相手ではなかった、ということが分かっても、時間を無駄にしたことにはなりません。

野球で言えば、三振することによって、次の打席でホームランを打つ可能性は一気に高まるのです。

現に、ホームランバッターは、三振の数が多いことで知られています。

思い切りよく、自分のすべてを注ぎ込めば、本当は、得るものも多いはずです……。

③正しい相手かどうか気にし過ぎている

また、男性の中には、自分にとって、正しい相手かどうかを気にし過ぎている人も、わりと多いです。

 

このような男性は、“運命の女性”とは、

 

あらゆる意味で、もっとも優れている人だ!

 

自分にいろんなものを与えてくれる女性だ!

 

と考えています。

 

ですから、必然的に、「パーフェクトな女性がこの世の中にたった1人だけいる」と考えているのです。

 

本来、死ぬまで愛を深め合える女性かどうかは、相手がどんな人だから、というよりも、自分が相手に何を与えられるかによって決まるものです。

そんな可能性のある相手は、1人どころか、何百人いてもおかしくありません。

 

相手を選ぶ方法は、たった一つ。

とにかく1人の女性を選んで、あとは、成り行きを見守るしかありません。

→運命の人とは笑うタイミングが同じ?!

「心」でなく「頭」で選ぼうとしているから、彼は躊躇している!

――いかがだったでしょうか?

 

3つ挙げてみましたが、シンプルに集約するならば、③に出てきた

「パーフェクトな女性がこの世の中にたった1人だけいる」と思い込み過ぎていること

が、すべてにわたって大きく影響しています。

 

ちょっとイメージと違うかな……

 

というのも、

 

失敗できないしな……

 

というのも、

 

この人が本当に正しい相手なのかな……

 

というのも、全部、

頭の中の「理想」と「現実」を比べるからこそ感じる“戸惑い”です。

 

だいたい、

1人の女性が、自分にとっての「運命の女性」だと分かるのは、時間をかけて相手を知った後であることがほとんど

です。

「外見」は、見れば分かりますが、「中身」は、長い時間接さなくてはいかないと分かりません。

そもそも、外見しか魅力がないのなら、現実の人間ではなく、テレビや映画に出てくる人間だけ見ていればいいのです。

 

また、異性である前に、お互いが人間同士です。

“好みの異性”というよりも、“心の友”とも呼べる相手でなくては、満足感は長続きしないでしょう。

 

誰だって、他人に心を開くには、時間がかかります。

 

時間をかけて愛が深まれば、

いつか、「この人が心の友だ!」と分かります。

それも、「頭」で判断を下すのではなく、

「心」が自然に感じ取るものです。

 

“心の友”は、「心」で選ばなくてはいけません。

当たり前のことです。

→なぜ男はなかなか好きと言ってくれないのか?

……以上のことから、

彼女がいないはずなのに、なぜか付き合え合えない男性は、

「心」を開くことができず、女性を「頭」で選ぼうとし過ぎている

ということは、ご理解いただけたと思いますが、

 

このような男性は、果たして、

難攻不落なのか?

それとも意外と落とせるのか?

という問題が残っています。

 

これは、ズバリ言って、後者です。

いつまでも「理想」と「現実」を見比べて戸惑っている、そんな夢見がちな男性は、ある程度、時間をかける必要がありますが、変わってくれる可能性“大”です。

 

詳しくは、当サイト記事の【タイプ別紹介】「絶対に変わってくれないダメ男」と「いつか変わってくれるダメ男」の中の、『永遠の25歳男』の箇所をご確認ください。

 

――「彼との相性の問題から検証しなおしたい!」、「もっと自分の気持ちに、きれいに決着をつけたい!」という場合には、『電話占い』がオススメです。

鑑定結果とアドバイスによって、心がスーッと落ち着き、冷静な自分を取り戻すことができるでしょう。

→女の恋はいつだって待つべき?!

 

誰にも相談できない悶々とした悩みを抱えながら、いつも、何でもないふりをして、クールな自分を演じていませんか?

 

周りにいる日常的存在に相談できないのなら、“非日常的存在”に相談するという手があります。

つまり、それは、占い師です。

しかも彼らは、“ちょっと不可思議な力”を持っています。

 

本来のあなたは、もっと素敵なはず。

 

『電話占い』を利用することで、

 

私には、いつでも相談できる“味方”がいるんだ!

 

ということが実感できるようになると、

もっともっと自分らしさを解放した、余裕のある生き方

ができるようになるかも知れません。

→電話占いって
どんなサービス?
→今すぐ無料相談
最大2,500円分無料!

他にもこんな記事があります