プレゼントすら全然くれない彼を何でも願いを叶える「打ち出の小槌」にする方法

「自分にプレゼントをくれない彼氏が、どうにも理解できない、いや、許せない……」

という女性は、案外多いものです。

それは何も、貢いで欲しいというわけではないでしょう。

“あなたと一緒にいない時にも、あなたのことを想っていた証拠”としてのプレゼントに、お目にかかりたいのです。

実は、男性を、女性にプレゼントを贈るよう仕向けるためには、ちょっとしたコツがあります。

ここでは、

彼を何でも願いを叶える「打ち出の小槌(こづち)」にする方法

について、解説します。

男性にチャンスを与えていましたか?

まず、大前提として、はっきり申しますが、

男性というのは、どんな男性であっても、

基本的に、女性を喜ばせることに幸せを感じる生き物

です。

→男は女に使われるのが最大の喜び

 

それなのに、なぜ、プレゼントをくれない男性が存在するのでしょう?

 

それは、あなたが、自分の欲求を口に出さないからです。

多くの女性は、自分の欲求を口に出すことは、“みっともない”ことだと思っています。

 

しかし、自分の欲求や希望を口に出すことは、とても大切なことです。

「生きていく」ということは、「何かを求める」ということです。

何かを求めるからこそ、人は、気力が湧き、人生を充実させていくことができます。

 

自分をしっかり見つめ、
自分が何を欲しているのかを知り、
そしてそれを表現することは、すなわち、

自分に正直になること

です。

 

と同時に、それだけ、

「自分はそれを手に入れる権利がある!」

と信じているわけですから、すなわち、

自分を愛している(高い自尊心を持っている)

ということでもあります。

→自尊心を高めるための方法とは?

自分に正直で、自尊心の高い人は、

文句なしに、魅力的な人です。

 

自分の希望を口に出すのはみっともないという考えを捨て、

ぜひ、

 

自分の希望は積極的に、口に出していいんだ

 

という意識に切り替えてください。

 

そうすれば、それが、男性に、

“あなたにプレゼントを贈るチャンス”

を与えることになるのです。

 

……自分は魅力的になる上、プレゼントまで貰えるので、もう、いいこと尽くめってわけです。

→彼をダメ男にしてしまわないためには?

彼に自分の希望を伝える際は、ちょっとだけ工夫しよう!

ですが、ただ、伝えればいいってわけでもありません。

次のような伝え方は、ダメな伝え方です。

【ダメな伝え方】

❌ 長々と説明する

例えば、あなたは、新しいバッグが欲しいとします。

そんな時に、

 

新しいバッグが欲しいの! 最後に自分のために何か新しいものを買ったのは3年前よ。それに先月だってクーポン券を使ったりして、家計をだいぶ節約したのよ!

 

というように、長々と説明してはいけません。

 

こんな言い方は、彼には、

 

私には新しいバッグを買う資格なんてないと思ってるんでしょ! でも、あなたは間違ってるってことを教えてあげるわ!

 

というふうに、非常に弁解めいて聞こえます。

そのため、彼は反射的に、守りに入り、悪くすると、関心さえ無くしてしまうでしょう。

→彼と本音で話す時のルール

❌ べき論で語る

例えば、あなたは、夏の旅行で北海道に行きたいと思っているとします。

そんな時に、

 

今年の夏、北海道に行きたいと思わない?

 

という言い方をするのはよくありません。

 

「え?何で? 普通の言い方なのに」と思う人もいるでしょうが、これは、同意を求める言い方です。

 

彼が同意してこなかったら、おそらく、「北海道にはこんなよさがあって、こんないいところがあって、うんたらかんたら……」というような、反論材料を用意していることでしょう。

 

つまり、同意を求めるような言い方は、結局は、

 

私たちは、◯◯ヘ行く“べき”なんだから行きましょうよ!

 

と言っているも同然なのです。

 

男は、女の口からこうした“べき論”を聞くと、「自分をコントロールしようとしてきている」と感じます。

そして途端に、やる気と関心を失ってしまいます……。

→男女関係を損なう間違った思い込み4つ

❌ 疑問形で頼む

また、❷と似ているのですが、

 

寒くない? 窓閉めてくれる?

 

という言い方も、実はNGです。

同意を求めているということもありますが、疑問形ではダメなのです。

 

ちょっと、牛乳を買ってきてくれる?

 

もそうですが、このような疑問形では、“断る余地”を与えてしまいます。

あなたの願いを、叶えようかどうしようか、もっと言えば、あなたのその価値があるかどうかを、いちいち考えてしまうのです。

(変に自己主張しようとし、たとえお安い御用のことでも、あえて断ってくることだってあるでしょう。)

→付き合い出してしばらくすると男が冷たくなる理由

❌ 要求する

さらに言えば、

 

◯◯してくれるわよね?

 

どうして、◯◯してくれないの?

 

あなたに、◯◯して欲しいんだけど……

 

という言い方もNGです。

なぜか? このような言い方は、要求だからです。

彼は、まるでパートナーからではなく、母親など(上の者)から指示を受けたように感じて、反発してしまう可能性が高いでしょう。

→つい完璧な男を求めてしまうのは、父親との関係に原因が

【よい伝え方】

こうして、ダメな伝え方を4通りも見てくると、

自分の希望の伝え方って、何だかものすご〜く難しいような気がしてきませんか?

 

でも、そんなことはありません。

なぜなら、一切小細工をしないことこそが、一番いい伝え方だからです。

 

あなたが彼に自分の希望を伝える際のよい方法は、こうです。

⭕️ 望んでいる結果だけをシンプルに言う!

もし、あなたが、もっと広い部屋に住みたいと思っているなら、

ごくシンプルに、

 

もっと広い部屋に住みたいわ

 

と言えばいいのです。

この部屋はああでこうで、といった理屈や文句を加えず、

広い部屋だとこんなメリットがある、という主張も加えず、

あなたもそのほうがいいでしょ?と同意も求めず、

どうしてあなたもそう思わないの?と要求もせず、

 

もっと言えば、

「そのためには、もっと稼ぎが必要ね」

などと、そこまでの道筋を説明する必要もありません。

 

ただ、彼には、最終結果だけを伝えればいいのです。

そうすると、彼は、最善を尽くしてそれを手に入れてくれます。

◯◯が欲しい
◯◯へ行きたい
◯◯をやって欲しい

 

と、ただ、言うだけ。

 

彼をコントロールしようとするとよくないわけですから、いっそ、独り言のように、中空に向かって言ったほうがいいでしょう。

そうすると、彼は、

 

え?それやると喜ぶの?
よーし、喜ばしちゃおっかな……

 

という具合に、自発的に、あなたを喜ばせようとしてくるでしょう。

→話を聞いてくれない彼を“聞き上手”にする方法

もし、言い切りが難しい場合には……

どうしても、シンプルに言い切ることが難しい、中空に向かっていう感じが馴染まない、という場合には、

 

◯◯があると嬉しいなぁ
◯◯へ行けると楽しいだろうなぁ
◯◯をやってくれると助かる(ありがたい)なぁ

 

というような言い方をするといいでしょう。

 

これは、彼に、より分かりやすいヒントを与えることになります。

さきほどは、

彼女が◯◯が欲しいと言っている

「……ということは、それを入手させてあげると喜ぶんだろうなぁ」

「よーし、喜ばしゃちゃおっかな」

 

という感じでしたが、今度は、

 

彼女が◯◯があると助かると言っている

「オレが◯◯を持ってきてあげたら、彼女を助けることができるのか……」

「よーし、助けて喜ばしちゃおっかな」

 

というように、ちょっとだけ親切になるわけです。

→あなたの恋がいつも3ヶ月で終わる理由

いずれにしても、

欲しい理由とか、手に入れるとどうなるかなどということは、言う必要はありません。

断る余地を与えたりとか、そうならないと怒っちゃうわよと脅しをかけたりする必要も、もちろんありません。

 

彼に“最終結果(最終目的地)”だけをしっかり伝えて、

あとは彼に任せ、

“自発的に”その気にさせるようにしましょう。

(言うなれば、そう、「自動運転の車」に乗るようなイメージです。)

→時期が来れば目覚める男、目覚めない男の見分け方

男性とは大衆居酒屋である

このテクニックさえものにしたら、

あなたはもう、打ち出の小槌を手に入れたようなものです。

 

 

彼が全然プレゼントをくれない……

 

という悩みを抱いている時、女性はそんな彼に対し、

「なんてケチなのかしら?」、
「なんて思いやりのない人なのかしら?」

と思いがちです。

→いったん距離を取ることの大切さ

しかし、それは、

あなたが自分の欲求を口に出して伝えないから

です。

 

この際、彼のことは、高級レストランではなく、大衆居酒屋だと思いましょう。

 

❌ 注文しなくたって、旬の食材のフルコースを出してくれるわよね……

 

ではなく、

忙しそうな店員をしっかりつかまえて、自分の食べたいもの(欲しいもの)をハッキリと注文してください。

(あくまでもシンプルに。彼の自発性を刺激するように。)

→男は好きな女には必ず「意見」を聞く?!

あなたが、

「どうして、私の気持ちを察してくれないのかしら?」

とイライラしていると、それは必ずあなたの態度にあらわれ、

彼は内心、

「何だ、この“圧”は……?」

と感じ、あなたからの批判をかわすことだけに気を取られ、あなたを喜ばしてやろうという気持ちのゆとりが生まれません。

→彼の男らしさが足りないならこの言葉を使おう

ぜひ、自分の欲求を口に出すことを覚え、打ち出の小槌を手に入れてください。

 

あなたの彼は、もしかしたら、

その店構えからは想像もできないような、極上の料理を出してくれる、大衆居酒屋の名店かも知れませんよ。

→男に「私のことどう思ってるの?」は禁句!

 

 

 

他にもこんな記事があります