覚悟があれば略奪愛も許される!恨まれずに彼女持ちの男を落とす方法とは?

略奪愛は、人から祝福されることはほとんどありませんが、だからといって不幸になるとも限りません。

現に、“人から祝福されたのに”不幸になってしまった、という恋だってあるでしょう。

ちょっとした神のいたずらで、運命の人と出会うのが遅れてしまった、なんてこともないとは限りません。

また、相手の現在のパートナーが、その人にとって“最良の人”であるかどうかは、誰にも分からないわけです。

略奪愛がいいだの悪いだの、他人はどうこう言うかも知れませんが、それは結局のところ、“あなた自身”が決めること。

そこで、ここではあえて、

略奪愛の手順と方法略奪愛が成功してからの注意点

を解説します。

あなたに略奪の「覚悟」と「資格」はありますか?

すでにパートナーがいる人を相手にアプローチをかけるわけですから、当然、略奪愛に臨むには、“覚悟”が必要です。

それはどんな覚悟か?

 

たとえ修羅場になろうとも、そこから逃げない覚悟

 

です。

妻子持ちの男を略奪する、妻に慰謝料請求される可能性もありますし、

まさに修羅場とも言える「三者面談」に持ち込まれる可能性だってあるでしょう。

 

そうした覚悟がなくては、まず、略奪愛に乗り出すべきではありません。

 

略奪するということは、第三者の恋を失わせてしまうということです。

しかも彼を失った女は、当然、あなたに対し、恨みの感情を抱きます。

(女はなぜか、裏切った男よりも、奪った女のほうを恨むものです。)

それを覚悟してでも、

「彼は私が何としてでも手に入れるべき男!」
「あの人がいないと生きていけない!」

と思えるなら、あなたには略奪するための「資格」があると言えるでしょう。

話を続けます。

(もし、そう言い切れないなら、泥沼にハマる前に手を引いたほうがいいでしょう。)

略奪を成功させるための三ヶ条

ここからは、いよいよ、「略奪愛を成功させるためのポイント」を、3つに絞って解説していきます。

自分が“一番の女”になりたがっていることはちゃんと気付かせておく!

パートナーのいるその男を自分のものにするために、まずは、とにかく、「遊ばれないように」しなくてはなりません。

もし、パートナーがいることを後から知らされた場合でも、すぐには責めず、まるでそのことを忘れてしまったかのように、無邪気に恋を謳歌しましょう。

 

ただ、大事なのは、時には悲しい顔して見せて、

「あなたにとって一番の女になりたい(本当は平気じゃない)」

といった自分の“本音”をちゃんと気付かせてあげること。

 

でないと、男は、

「あれ? 妻がいても意に介さないんだ? じゃあこのまま体だけの関係で満足ってこと? そりゃこっちも都合いいな、ラッキー!」

なんて、思ってしまいます。男とはそんなものです。

 

できれば、定期的に彼の口から、「ごめんね」と言わせるような接し方がいいでしょう。

それが、あなたの“本音”をちゃんと忘れていないという証拠でもあります。

もう1人の女のことは気にしない!

彼の本来のパートナーの存在を知っていると、心中穏やかでいられないかも知れませんが、そんな「どちらも選ばない」彼を選んだのは、あなたです。

「今はこんな風に2人で楽しく過ごしてるけど、家に帰ると……」

なんてことを想像すると、途端に切なくなってしまいます。

 

そして、その気持ちは、きっと相手にも伝わり、2人の時間を楽しめなくなってしまいます。

そうすると、彼にとってのあなたの魅力まで減っていってしまうでしょう。

 

しかし、安心してください。

付き合いの古い女よりも、新鮮味のあるあなたのほうが、必ず優位に立っています。

もう1人の女の存在など、いないつもりで普通に接しましょう。

 

また、

「どうせ私は二番手だから」

などと思う必要もありません。

 

世の中にたくさんいる女性の中で、確実に“ベスト2”に入っているわけですから、あと、たった1人を追い抜くだけでいいのです。

必要以上におびえず、楽しく過ごして、魅力的なあなたを見せつけてください。

→不倫だって楽しむ時代?!

彼の気持ちを無理に探ろうとしない!

もともとパートナーがいる相手に、あなた自身が狙いを定めたのです。

今さら彼の本心を調べて、それで、自分に対する気持ちはほんの浮気程度だった、ということが分かったとして、それに何の意味があるでしょう?

 

「どうしても彼の本心が知りたい!」となったら、それは逆に、自分の気持ちが分からなくなった、という証拠。

 

略奪を成功させるために問われるのは、

(彼の気持ちというよりも、)

「あなた自身の本気度」です。

変な探偵心で、彼の本心を探ったりしても、何一つメリットはありません。

 

(もちろん、あなた自身が「この恋はやっぱりいいや」と思えたのなら、ドロップアウトするのもいいですが、)

肝心なのは、

あなたが本気で愛されるためにはどうしたらいいか?

ということです。

常に、凛とした態度を心がけましょう。

 

――ここで、3つのポイントをもう一度まとめてみましょう。

 

略奪を成功させるための三ヶ条

時には悲しい顔を見せたりして、「自分が一番の女になりたい」という意思もちゃんと伝えよう!

もう1人の女の存在は(表面的に)忘れて、自分の魅力をちゃんと印象付けよう!

必要以上に彼を責めたり、探ったりせず、常に凛とした態度でいよう!

 

この3つができていれば、いつか“二股がバレた時”、もう1人の女は取り乱す中、あなたは事態を冷静に受け止めることができているはずです。

こうなると、もうあなたの略奪愛は、ゴール直前!というわけです。

→“復縁”を成功させるポイントはこちら

修羅場からは逃げずに有効活用を!

冒頭で修羅場として挙げた「三者面談」ですが、これには、さすがにあなたも、たじろいでしまうに違いありません。

ですが、ある意味これは、略奪愛の“総仕上げ”の段階に来ているとも言えるのです。

 

「三者面談」という修羅場で気を付けるべきポイントは、ただ一つ。

 

もう1人の女性を敵に回さない

 

ということです。

どういうことかと言うと、

そもそも三角関係の発端は、1人の男が、2人の女と関係を持ってしまったことです。

誰が悪いかというと、あなたと彼女のどちらかを選べず、フラフラしている彼です。

→「男心」の仕組み

 

ですから、「三者面談」の場では、

もしあなたが、彼と付き合う前から、彼女の存在を知っていたとしても、平然とシラを切りましょう。

 

「何となく聞いたことはありますけど、てっきり、もう別れたのかと思っていました……」

 

みたいな感じに。

 

そうすると、彼女は、

 

「そう、あなたも知らなかったの……」

 

となり、少なくとも、あなたを責める気持ちは消え失せます。

 

加えて、あなたはこう言うといいでしょう。

 

「もし、別れていないと知っていたら、友達以上の関係になることはありませんでした」

 

と。

そうすると、もうこっちの思うツボ。

彼女の中では、悪いのは彼1人。そして当然、彼を責めます。

あなたはそれを冷静に見守っているだけで、長きにわたる「略奪愛作戦」を完遂することができるのです。

 

つまり、もう1人の女性を敵に回さないよう心がけると、

・その女性から恨まれることもありませんし、
・自動的に彼が自分の手元へ転がり込んでくる

のです。

 

ですから、「三者面談」という修羅場からは、けっして逃げずに、きっちりと“有効活用”するようにしてください。

因果応報に立ち向かえ!

さて、晴れて、彼女の座を手に入れたわけですが、これで「めでたし、めでたし……」といかないのが、略奪愛です。

なぜなら、あなたが狙い続けていた彼は、

二股をするようなタイプ

だからです。

いつ何時、あなた以上の魔性の女が現れて、また彼を奪おうとするか分かりません。

→浮気する男はこんなタイプ

因果応報とも言いますが、この仕組みを知ってか知らずか、

略奪愛に成功した女は、往々にして、

略奪に成功した後は、彼に他の女が近づかないように、束縛したり、彼の女友達に嫉妬したりすることが多いようです。

 

しかし、これでは、せっかく苦労して手に入れた彼との恋愛を、心から楽しむことはできません。

 

「他の女に取られたらどうしよう?」

という不安を抱くのはほどほどにして、

「私こそ彼にとってのNo. 1の女よ!」

と、ぜひ自信を持ってください。

まぁ、それとは違って、

「あれ? 実際手に入れてみると、そこまでいい男じゃないなぁ。私はただ、人のものが欲しくなってただけなのかも……」

と、気づくパターンもあるかも知れませんが、その時はその時ですね……。

(それに振り回された男も、気の毒と言えば気の毒ですが、二股なんてしていたわけですから、どっちもどっちです。)

→知らなきゃ損?!LINEで恋愛を上手に進める方法

 

他にもこんな記事があります